サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェストとはどういった機能?選ばれる基準は誰が判断している?

投稿日:

サジェストとは、検索サイトで導入される機能です。キーワードを一つ入れると、その語句に関連した用語が自動的に表示されます。

選ばれる基準ですが、いわゆるロボットが自動的に判断して決定しているのです。大手検索サイトのスタッフが人為的にキーワードを抽出しているわけではなく、一般ユーザーが頻繁に検索した語句が選ばれる基準となっています。

一種の流行語のようなものであり、機械的に統計的に集計されたものなのでサジェストの結果は、なかなか信頼性が高いのです。

サジェストとはどんな機能?

検索ボタンを押す男性

検索エンジンを利用し検索フォームに任意のキーワードを入力すると、キーワードを入力している途中段階において入力中のキーワードの他に、異なるキーワードも続けて表示されます。

そのように意識的に入力している任意のキーワードの後に続いて自動的に表示されるキーワードの事をサジェストと呼びます。

サジェストとは英語で提案するという意味を有している様子からもわかるように、まさに意識的に入力しているキーワードに関連するキーワードを自動的に提案するという機能です。

入力している途中段階で候補が表示されると、以後はキーボードで文字入力を続ける必要が無く、マウスに持ち替えて表示されている選択肢の中から目的のキーワードの組み合わせを選び選択すれば良いので、検索に際する負担が軽減されるという利点があります。

そのため、多くの方々にとって検索エンジンを利用した検索が身近に感じられ行いやすくなるサポート機能として重宝されていますが、サジェストとは検索をサポートする機能の他に企業や製品、サービスなどを周知させたりイメージを与えるという側面も有しています。

そこでサジェストの機能を活用し企業や製品、サービスなどの名称を入力した後に理想的な候補が表示されるように工夫してアプローチをする術もあります。

サジェストが選ばれる基準とは?

サジェストが選ばれる基準ですが、そもそもサジェストとは、検索しようとして検索窓にある程度の単語を入力しかけたときに、その単語と併せてよく検索されている単語の候補がいくつも自動的に表示される機能のことを言います。

では、どんな単語がどのような基準で自動的に表示されるのかが気になることでしょう。この基準は、基本的には実際に多くの回数検索されている単語ということになります。

多くの人が繰り返し何度も検索しているような単語は真っ先に表示されますし、そうでない単語は表示されません。極端な話、全く検索されていないような単語では、一つもサジェストが表示されないこともあります。

このように基本的には検索された回数なのですが、一人の人が何回も検索しているよりは多くの人が検索しているほうが選ばれやすくなります。

また、1年前に検索されているよりもここ数日間で検索されているほうが選ばれやすくなるというように、時間的な基準も関係しています。

また、時間的基準だけでなく地理的な基準もあり、今まさに検索しているその場所の近くで検索されている単語のほうが、地球の裏側で検索されている単語よりも上位に表示される傾向もあったりします。

サジェストは誰が判断している?

サジェストとは、検索サイトで検索を行うさいに、調べたいキーワードの文字を入力すると自動で関連するワードを予測し表示してくれる機能です。

日本語では、予測表示機能や検索予測機能、検索候補機能などと呼ばれているものです。

単に検索を行うだけであれば、余計な文字を入力しなくても候補を選ぶことで求める検索結果を得られる便利な機能ですが、その一方で予測によって不利益を被るようなケースもあります。

このサジェストそのものは、検索サイトが提供しており、その予測は過去に検索された内容から表示されるものです。

あくまでも多く検索され、関連するものとして表示されているので、どれを表示させるかは不特定多数の検索サイトの利用者といえます。

その一方で、利用者の情報も影響することがあるもので、例えば検索サイトの会員登録をしていれば検索履歴が記録されており、そこから関連するものが優先的に表示されるものです。

それにユーザーが検索している地理的な位置情報からその周辺で検索されたものが優先的に表示されます。

ただいずれにしても検索サイトで一定数の検索結果があるとサジェストに入るものであり、それらを行うのは他のユーザーによって行われるものです。

サジェストは毎日更新される?

検索サイトと一口にいっても、今では国内外を含めて非常に多くのサービスが存在します。主要なものだけでも、数種類のものがあり、同じ検索サイトでも用いられているシステムが異なります。

全く同じ検索用語を使っても、利用するサイトごとに表示される結果は微妙に変わってくるのは、運用される仕組みが違っているためです。

サジェスト候補もまた検索サイトによって変わります。サジェストとはユーザーが情報収集をする際、手掛かりになるものです。例えば「りんご」と単語を一つ入れて検索すれば膨大な量のりんご情報が表示されます。

サジェスト候補に出た「青森」や「通販」や「ブランド」などの語句を足す事で、ユーザーが今本当に知りたい結果へと上手くアクセスができるのです。

サジェストの更新は非常に頻繁に行われています。サイトごとに微妙に入れ替わるタイミングは異なりますが、文字通り毎日新しい用語になる事が多いです。

サジェストの機能は、検索サイトごとに独自のアルゴリズムが導入されており、基本的には統計的に、世間の人々が頻繁に調べたフレーズやその組み合わせが登録されています。

そのため季節のイベントがある日だと、その行事に関連した用語がサジェストに出やすくなり、世間で大きなニュースや嬉しい出来事があれば同じくサジェストに表示されやすくなります。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サジェストは怖い機能?自分が風評被害の当事者になる可能性もある?

検索エンジンを使って検索をかけると、何気なく下の方にサジェストとして関連キーワードが出現します。ユーザーが多く検索した言葉が表示される仕組みになっています。例えば、個人名で検索した場合、犯罪者と同じ名前だったりする方は風評被害が怖いものです。検索した人の勘違いにより、事件の当事者だと思われる可能性もあるのです。企業名の場合でもそのような被害があるようです。私たちは、情報を適切に読み取る力を身につけなくてはいけません。

サジェスト削除は弁護士に依頼した方が確実に削除できるし安心?

サジェストの削除は個人で申請することもできますが、アルゴリズムに基づいたもので問題がないと回答して拒否される場合もあります。しかし、事実と異なり名誉棄損になるなど、法的な根拠があればそれを理由にして削除させることができます。ただし、法的な根拠を明確にしていないと該当していても応じない場合があり、法律の素人が的確に申請するのは難しいです。また、一度拒否されると再申請しても通らないことが多く、最初の対応が重要です。そのため、専門家である弁護士に相談して依頼するのが安心と言えます。

Googleのサジェストは地域と言語で表示内容が異なる仕組み?

Googleのサジェストは、ユーザーが利用している端末の場所や設定されている言語ロケールにより地域と言語が設定され表示が異なる仕組みです。例えばアメリカに居る時に「カフェ」で検索しようとすると、サジェストに「カフェカイラ」や「カフェモーリーズ」などアメリカで人気のお店が表示され、日本で同じく検索すれば「カフェホワイト」や「カフェブルー」などよく使われているお店の名称が表示されます。スマートフォンやタブレットなどGPSを内蔵している場合は位置情報が取得され、光ファイバーなどの固定回線を利用している場合はIPアドレスから地域を取得するほか、言語は利用しているOSの言語ロケールが自動検出されます。

サジェストで自分の名前があった場合の対策法は?簡単に削除できる?

サジェストに自分の名前があった場合は、個人で削除するのは困難な場合もあります。サジェスト削除申請から申請し明らかにポリシーに違反している場合は対応してもらうことも可能ですが、ポリシーに抵触していなかった場合には申請理由について詳しく説明できなければ大半のケースで却下されるだけではなく、1度却下されると再申請しても既に回答している旨の返答しかされなくなってしまいます。そんな中で最も簡単で確実な対策法は、専門知識を持った弁護士に相談することです。法的根拠に基づいて削除申請を行ったり代行をしてもらうことも可能で、弁護士が介在することで真摯な対応をしてもらえるのも大きなメリットです。

Yahooのサジェストの仕組みは?サジェスト対策は簡単に行える?

Yahooのサジェストの仕組みは、使用されているブラウザのクッキー履歴を読み取るだけなのでとても単純な仕組みであるといえます。このサジェストは設定を変更しない限り、勝手にクッキー情報をYahooに送信しているのでこれまで閲覧してきたWebキーワードに見合った広告を表示させます。対策をおこなう方法は簡単で、Yahooトップページの下部にある「プライバシー」をクリックして、サジェストの無効にすると選択すると以降は情報取得の信号が送られてきません。