サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェストの検索ボリュームの順位を上げる方法や下げる方法は?

投稿日:

サジェストは検索ワードに関連するキーワードを表示してくれる、ユーザーにとっては非常に便利な機能です。

表示されるキーワードの順位を上げることができれば、意図した検索をしてもらえる可能性が高くなります。

サジェストの検索ボリュームの順位を上げる方法としては、サジェスト対策サービスを利用する方法があります。反対に下げる方法としても同様のサービスを利用すれば良いのです。

検索ボリュームの順位を下げるメリットは、ネガティブなキーワードを目立たなくさせる効果があります。

サジェストの検索ボリュームとは?

虫眼鏡と地球

サジェストの検索ボリュームとは、サジェスト検索を使用して何回自分のサイトが表示されたかを意味しています。

例えば、よく調べられる定番のキーワードでまとめられたサジェスト検索は、幅広いユーザーが大量に検索していくので、確実にPVを確保することができるでしょう。

しかし、そのサジェスト検索の結果での上位を狙うサイトは大量に存在するので、かなり良質なコンテンツを作成するか、SNSなどを活用して外部から確実にPVを集めて滞在率を向上させていかなければなりません。

一方で、ユーザーが検索しにくいサジェストは検索ボリュームが小さくなっていることが多いです。

結果的にコンテンツが少ないサイトであっても検索の上位に表示されることが多くなりますが、その分得られるPVも微々たるものになってしまうことが多いのです。

そのため、サイトの収益を確実に手に入れたいと考えているのであれば、まずは検索ボリュームを意識したサイトの開発を行っていくことが重要になります。

特に検索するユーザーが多ければ多いほど、上位に表示されればPV数を稼ぐことは可能ですが、上位に表示されるまでに時間がかかってしまったり競争が激しくなってしまう恐れもあります。

サジェストの検索ボリュームの順位は何が基準?

サジェストの検索ボリュームの順位は、ドメインに対するコンテンツの量によって判定されることが多いです。

例えば、コンテンツ量が圧倒的に少ない場合は、サジェストの検索ボリュームの上位に表示される可能性は低いと見て間違いはありません。

特に、記事数が100記事を下回っているサイトのほとんどは、記事の質が特別に良好でない限り、サジェストの上位に表示される可能性は低いでしょう。

そして、Googleの検索エンジンに対応させることが重要です。例えば、提供するコンテンツは独自性を維持しているものであり、なおかつその内容が検索したユーザーの問題の解決に至らなければなりません。

検索した内容の問題を解決することができるようになれば、ユーザーごとの滞在率を大きく向上させることができます。結果的にサジェストの検索ボリュームの上位に表示されるようになり、PVの向上と収益確保が期待できるようになるのです。

ただし、コンテンツを充実したとしても、提供する側が信頼性のある機関でなければなりません。

例えば、病院などの医療機関ではないにも関わらず、それらの分野の情報を提供していると信頼性の無い情報であると判断され順位を落とされてしまうことがあります。

サジェストの検索ボリュームを上位にあげる方法は?

サジェストの検索ボリュームを上位にあげる方法ですが、簡単に言えばそのキーワードで多くの回数検索されていれば検索ボリュームは上位にあがっていきます。

検索ボリュームとはつまり検索量、検索回数のことです。ですが、より詳しく見ていくと、単純な回数だけで判断されているわけではありません。試しに、あるキーワードで何回も何回も検索をかけてみてください。

とはいっても、一人の人間が検索できる回数などたかが知れており、100回でさえ相当に疲れることでしょう。

1000回ともなればちょっと普通の人ではできないでしょうが、仮に何日もかけて非常に多数回検索したところで、検索ボリュームとしてはそこまで増えません。

少なくとも、その人が検索した回数分だけきっちりと増えるということはありません。どういうことかというと、同じ人が何回も検索しても頭打ちになるようになっているからです。

つまり、自分のサイトの検索ボリュームを増やそうとして自作自演的に何度も関連するキーワードで検索してもほとんど意味がないということです。

一人当たりの回数は少なくてもよいから、多くの人が検索していることが検索ボリュームをあげるためには重要です。

サジェストの検索ボリュームを下げる方法は?

自社のサイトに対してネガティブな事が多く書かれているようなサイトを見つけた場合どうすればよいかというと、それらの検索ボリュームを下げて人々の目になるべく触れさえないようにするという方法があります。

では具体的にどうすればサジェストの検索ボリュームを下げる事が出来るのかというと、自社のサイトを最適化してネガティブサイトよりも順位が上になるように対策をとるという方法です。

そうする事で、誹謗中傷サイトのサジェストの順位を対蹠的に下げる事が出来、ユーザーにネガティブな情報が入るのを抑止出来ます。

ネガティブなコメントが沢山載っているようなサイトがいつまでも上位にあると、多くの人が悪質なコメントを見て、不信感を抱いてしまう恐れがあります。そうなると企業にとっては大きなマイナスになるので、見つけたら早急に対処する必要があります。

しかし自社のサイトを最適化する事で上位化出来ても、これを維持しなければ意味ありません。なぜならしばらくしたら再びネガティブサイトが再上位化する恐れがあるからです。

その為上位にネガティブサイトが来ないように常にチェックしておく必要があります。対策としては順位推移が分かるような検索順位チェックツールを導入して、自社のサイトが下落したらすぐに改善出来るようにしておくという事が重要です。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サジェストとはどういった機能?選ばれる基準は誰が判断している?

サジェストとは、検索サイトで導入される機能です。キーワードを一つ入れると、その語句に関連した用語が自動的に表示されます。選ばれる基準ですが、いわゆるロボットが自動的に判断して決定しているのです。大手検索サイトのスタッフが人為的にキーワードを抽出しているわけではなく、一般ユーザーが頻繁に検索した語句が選ばれる基準となっています。一種の流行語のようなものであり、機械的に統計的に集計されたものなのでサジェストの結果は、なかなか信頼性が高いのです。

サジェスト汚染とは?汚染するとどんな被害にあう可能性がある?

サジェストとは、特定の単語を検索エンジンで検索したときにその単語と関連性の高い言葉が表示される仕組みのことをいいます。例えば、サプリメントと言う単語を検索したときに関連するキーワードとしてネットワークビジネスと言う言葉が出てくるようなものです。このような関連する単語がたくさんでてきますが中にはその単語を汚染するような人もいます。これをサジェスト汚染といいます。サジェスト汚染は、被害に遭う可能性もありますので弁護士などに相談して十分な対策を立てておく必要があるでしょう。

サジェストで自分の名前があった場合の対策法は?簡単に削除できる?

サジェストに自分の名前があった場合は、個人で削除するのは困難な場合もあります。サジェスト削除申請から申請し明らかにポリシーに違反している場合は対応してもらうことも可能ですが、ポリシーに抵触していなかった場合には申請理由について詳しく説明できなければ大半のケースで却下されるだけではなく、1度却下されると再申請しても既に回答している旨の返答しかされなくなってしまいます。そんな中で最も簡単で確実な対策法は、専門知識を持った弁護士に相談することです。法的根拠に基づいて削除申請を行ったり代行をしてもらうことも可能で、弁護士が介在することで真摯な対応をしてもらえるのも大きなメリットです。

サジェスト削除は弁護士に依頼した方が確実に削除できるし安心?

サジェストの削除は個人で申請することもできますが、アルゴリズムに基づいたもので問題がないと回答して拒否される場合もあります。しかし、事実と異なり名誉棄損になるなど、法的な根拠があればそれを理由にして削除させることができます。ただし、法的な根拠を明確にしていないと該当していても応じない場合があり、法律の素人が的確に申請するのは難しいです。また、一度拒否されると再申請しても通らないことが多く、最初の対応が重要です。そのため、専門家である弁護士に相談して依頼するのが安心と言えます。

サジェスト対策を行って名誉毀損で訴えられることはあるの?

サジェスト対策が原因で、名誉毀損で訴えられるリスクはあるのでしょうか。結論としては名誉毀損で個人から裁判を起こされるリスクは充分考えられます。いわゆる一般的なキーワードをサジェスト対策で表示させるだけでは、リスクはありませんが特定の個人名に関連させて、誹謗中傷に繋がる語句を表示させたら危険性は大です。実際に自分の名前を打ったところ、検索サイトのサジェストに名誉毀損に繋がる語彙が表示された、と訴える行動を起こした方がいており、裁判の結果としては風評被害が認められました。