サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェストは削除出来るって本当?自分で削除する方法は何がある?

投稿日:

人を誹謗中傷する記事を投稿してしまったことが原因で後々訴訟を起こされたり、損害賠償の責めを負う羽目になったりすることがあります。

このような事態にならないためには早急にサジェスト削除をしなければなりません。自分でこれを行うには検索機能の仕組みと共に、法的な知識も必要で難しいですが方法はあります。

例えばグーグルのサジェスト削除申請用のフォームを使用します。削除の明確な理由や関連ワードのどの部分が法律に抵触するかなど、事前に良く調べた上で、一発で承認されるようにするべきです。

複数回申請すると一度回答していると返信があり対応してもらえないので、最初の申請を完璧にしなければなりません。

サジェストは削除できる?

ゴミ箱のイラスト

インターネット環境の普及によってサジェストを起因とする名誉棄損等の風評被害を受けてまうことがあります。こうした被害を避けるには問題となる検索ワードを削除するのが良いです。

また、サジェスト機能によっておこる事象は負の評価のみでなく、扱い方によっては自分の側にとってメリットとなる場合もあります。

ある特定のワードを入力して検索すると一定の内容を知ることが出来る言葉が表示されますが、その表示の順位を自分に有利な状況に持ってくるためにはどんな検索ワードを使用するかを見つけてそれを生かします。

自分にデメリットのある検索サードは削除します。サジェスト機能はインターネット管理者の権限によるもので、自分が投稿した記事であったとしても自分で削除することは出来ません。

削除が必要な場合は、管理者あてに削除を希望する明確な理由を示して申請しなければなりません。グーグル等サジェスト削除申請専用のフォームがあるのでそれによって申請をし、削除してもらいます。

自分で行うことも出来ますが、どんな言葉を選ぶのが効果的かやどんな理由が通り易いか等難しい面もありますから、こうした問題に詳しい専門家に依頼するのが手っとり早い方法です。

サジェストを削除する方法は?

インターネット検索サイトのサジェスト候補を削除する方法は、3通りあります。最初の方法ですが、個人的に検索サイトの問い合わせ窓口を利用して、そこから削除の旨を伝える事です。

自分の氏名が知らない間にサジェストに出るようなった時、氏名を打ち込んだら続いて、身に覚えのない「逮捕歴」や「借金」や「不倫」などの誹謗中傷の語句が出た場合などは、迅速にそのサイトの運営元に問い合わせをしましょう。

そして誹謗中傷の危険があると伝えた上で削除申請をしましょう。2つめの方法ですが、ネット上の誹謗中傷や名誉毀損の案件に強い弁護士事務所に相談する方法です。

サイト側に相談したところ、削除を拒否されたり、問い合わせの返答が届かない事があります。そんな時は弁護士に相談し、法的なアプローチで今度はサイトの運営元に削除申請を強く働きかけます。

すると大抵の場合、迅速にサジェストが削除されるので費用を投じる意義は大きいです。そして3つめの方法はサジェスト対策サービスに相談する事です。

誹謗中傷や名誉毀損だと迅速な対応が期待できますが、世間的には普通の単語、言葉だが自分個人、自社においてはネガティブになる用語の場合、法律家に相談しても対応が難しくなります。

サジェスト対策サービスに依頼すれば、別の言葉が出る様に工夫してくれるので実質的に削除と同じ効果が得られます。

サジェストを自分で削除するには?

ネットで何か調べる時、多くの人は検索をすることでしょう。ヤフーやグーグル等のトップページにアクセスをして、そこにある検索フォームに調べたいキーワードを入力します。

すぐに検索結果が表示され、新しい情報を手に入れられることでしょう。そしてここからが重要なのですが、今検索したキーワードを再度検索フォームに入力しようとすると、フォームの下に全く同じキーワードが表示されますが、実はそれがサジェスト機能です。

サジェスト機能をオンにしておくことで、検索にかかる時間を大幅に短縮することが可能です。ただ、この便利な機能ですが、共有でスマートフォンやパソコンを使用している場合、ちょっとした問題があります。

その問題とは、家族や友人に自分の検索履歴が知られてしまうことです。自分が使用する時と同じように扱えば、フォームの下に全く同じように表示されてしまいます。

なので、もし共有で端末を使用するのであれば、まずは表示されてしまうサジェストを削除しましょう。その設定はとても簡単で、お使いのブラウザの設定画面より履歴削除のボタンをタップすることで、1分もしないうちに真っ白な状態になります。

とても簡単な方法なのでぜひ一度試してみては如何でしょうか?

サジェストを削除するにはサイト毎でやり方が異なる?

サジェストはネットユーザーの検索作業を、支援するお助け機能です。ただ最近はサジェスト汚染の問題が目立ってきました。

本来であれば、正しく関連する用語が出るサジェストですが、最近は風評被害や個人の名誉毀損、店舗の誹謗中傷を誘発する無関係な用語が度々出る様になりました。

サジェストで出る単語や情報は、大手検索サイト自体の信頼性も手伝って、一般のユーザー目線では「ニュースで報じられたリアルな出来事」だと受け止められます。

ネットリテラシーを一般消費者全員が持っているわけではなく、風評被害などに繋がるものは削除依頼を出さなければ、お店や会社に深刻な打撃を生み出します。

サジェストの削除依頼は検索サイトの問い合わせ窓口から可能です。ただ有名なサイトの中には削除申請を行っても対応が行われなかったり、非常に対応が遅い事があります。

迅速に削除対応してくれた場合はそこで安心してOKですが、もし反応が悪ければサイトごとに対応を変えなければいけません。

専門の弁護士やネットマーケティングの会社に相談して、特別なアプローチでサジェストの削除を試みた方が、迅速で効果的な風評被害のリスクマネジメントが出来ます。

風評被害のリスク対策の基本はそもそも、それを起こさせない事、危険性は芽の段階で摘み取るのがセオリーです。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サジェスト削除は申請しないと出来ない?何処に申請を出せばいいの?

検索エンジンやネットモールの検索欄に、検索キーワードを入力したときにサジェストとして表示される関連キーワードがネガティブな言葉であったとき、検索エンジンやネットモールの運営会社に申請をすることで削除してもらうことができます。自分でも申請はできますが、サジェスト削除をするにあたって、正当な理由でなければ対応してもらえない可能性があります。法的な根拠も交えて申請手続きするときには、弁護士に依頼して代わりに手続きをしてもらう方法もあります。専門の業者に任せるという方法もありますが、どれだけの効果があるかははっきりしません。なかには料金だけ取って逃げてしまう業者もいるので気をつけましょう。

サジェスト対策はブランディングの確立に最適って本当?

サジェスト対策はブランディングの確率が最適というのは本当です。サジェスト機能を使うと、クライアントが表示したい候補キーワードを検索エンジンの検索窓に現れるのでブランディングや認知拡大に期待が持てます。サジェスト対策をする場合、キーワードは最大で16文字で構成されることになります。ネガティブキーワードを削除することも可能なので、企業イメージを悪くしている言葉であっても約1週間で削除することも可能です。ブランディングの確立には打って付けの方法です。

パソコンを触る人

サジェストが表示されない時の対処法は何かある?高度な知識が必要?

バージョン7.11.1になってから、サジェストが正常に表示されない不具合が相次いでいます。この表示されない時の対処法には、高度な知識は一切必要がないのでどなたでも対処することが可能です。その方法とは、LINEのクッキーを削除することで簡単に表示させられます。クッキーの削除はスマートフォンの設定項目にあるアプリを選択します。その中からLINEを選ぶと、「クッキーの削除」というメニューがあるのでタップをするだけで完了です。

サジェストの順位はどんな基準で上位になる?上位に居続ける方法は?

検索されたキーワードの数が多くなれば、それだけサジェストで上位になります。また地域によっても異なり、その地域で多くのキーワードが検索されることで順位も変わってきます。基準は検索履歴で変わると考えてください。上位に居続ける方法は、どれだけユーザーから関心を持たれ、検索されているのかで変化していきます。この基準はその時の流行やユーザーの支持によって変わってきますので、なかなか恣意的に調整するのは難しいです。

サジェスト対策を行って名誉毀損で訴えられることはあるの?

サジェスト対策が原因で、名誉毀損で訴えられるリスクはあるのでしょうか。結論としては名誉毀損で個人から裁判を起こされるリスクは充分考えられます。いわゆる一般的なキーワードをサジェスト対策で表示させるだけでは、リスクはありませんが特定の個人名に関連させて、誹謗中傷に繋がる語句を表示させたら危険性は大です。実際に自分の名前を打ったところ、検索サイトのサジェストに名誉毀損に繋がる語彙が表示された、と訴える行動を起こした方がいており、裁判の結果としては風評被害が認められました。