サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェストマーケティングって何?SEO対策に関係している?

投稿日:

サジェストマーケティング活動とは、文字通りネット検索サイトのサジェスト表示を活用した宣伝活動の事です。

一般的なキーワードをユーザーが入力したところ、自社に関係するフレーズや語句が出るようになれば、それだけでSEO対策と同じようなアクセス数のアップ効果が得られます。

関係するキーワードが自然と出るように操作するのがポイントです。サジェストマーケティング活動の利点は宣伝に見えないところであり、ユーザーの方が無意識的にアクセスしてくれます。

サジェストマーケティングとは?

ノートに書かれたグラフ

サジェストマーケティングとは、昨今のインターネット利用の広がりを背景にして、いかにインターネット上で自社のブランド力を高めるかという方法の一つです。

似たようなものとしてSEO対策があります。何かの商品やサービスを手に入れたいと思った場合、ネットで検索するというのはもはや常套手段です。

そして、検索結果の上位に表示されたサイトはそれだけ高い集客力が見込まれますから、誰しもできるだけ上位に表示されることを目指します。

ある決まったキーワードで検索された場合に、いかに検索結果の上位に表示されるようにするかというのがSEO対策です。一方でサジェストマーケティングとはこれとは少し異なります。

そもそもどんなキーワードで検索されるかというのはサジェストの結果次第で大きく変わってくるということに目をつけるやり方で、検索されるキーワードは決して固定されているものではありません。

どんなキーワードで検索されていることが多いのかをまず検討します。

そして、現実に検索されることが多いキーワードを確実に含むようなウェブサイトを構築することにより、自然と検索結果の上位に表示されるようになることを目指すのがサジェストマーケティングです。

SEO対策とは?

世の中にインターネットが登場し、それから瞬く間に一般家庭に当たり前のように普及していって、2019年現在ではもはや無くてはならない存在となっています。

先進国では通信のインフラは急速に加速し、外出先であっても携帯やタブレット、ノートパソコンで快適な速度でインターネットを楽しむことができます。

それらに追いつこうと、発展途上国なども経済を潤わせるために、ネット環境を急務で取り組むほど世界中でインターネットの輪が広がっています。

そのような時代ですから、誰しもが1度はYahooやGoogle等といった検索エンジンサイトで、探しているもののキーワードを入力し、何かしらを検索した経験があるかと思います。

ですので、検索した時に上位表示されるように施すというSEO対策は、ネットから集客をする上で大事になってきます。また、情報社会と呼ばれる今日ですので、ビジネスにおいて企業等は適切なSEO対策を行う必要があると言えるのです。

そんなSEO対策に関連したマーケティング手法で、「サジェストマーケティング」というものがあります。

これは検索エンジンの入力フォームで探したいもののキーワードを入力して検索する際に、その下の方で予想される関連語句が表示されますが、これを利用(対策)して集客を行ったり、知名度を上げようという手法です。

多大な効果が見込め、時間もさほどかからないために注目を集めている対策なのです。

サジェストマーケティングとSEO対策は関係している?

サジェストマーケティングとSEO対策は大いに関係しています。例えば、検索結果によって表示されるサジェストの内容に自分のサイトが上位に表示されるキーワードがあれば、それだけでPVは上昇していきます。

一方で、SEO対策が徹底されていれば、自分のサイトが検索結果の上位に表示されるキーワードがサジェストに表示されやすくなるでしょう。

こうして相互に作用していくものがSEO対策とサジェストマーケティングなので、PVと収益を手に入れたいと思うのであれば、まずはサジェスト対策とSEO対策を徹底していくことから始めていくことが重要です。

SEO対策とサジェストマーケティングに相互に作用するためには、何よりも自分のサイトのコンテンツの充実にほかなりません。

なぜなら、コンテンツが充実すればキーワード検索によってヒットする確率が向上し、結果的にサジェストの上位に表示される可能性が高まるからです。

だから、ブログサイトの場合は、記事数が1000記事以上を超えているなどの場合を除いて、Googleキーワードプランナーを使用してのサジェストマーケティングを行うのを避けて、コンテンツの充実を徹底していくことから始めていきましょう。

サジェストマーケティング依頼するなら何処がいい?

サジェストマーケティングを依頼するのであれば、具体的な実績がある企業に依頼したほうが良いでしょう。コンテンツ量が少ない場合ではない限り、一ヶ月から三ヶ月程度で効果が得られます。

料金相場は10万円から100万円と業者によって異なりますが、高ければ効果が高いとは限らない点に注意しましょう。ただし、業者や企業に依頼した場合はSEO対策の面でマイナスになってしまう可能性は高いです。

なぜなら、不適切にPVの向上を狙っていったとしても滞在率が低ければ検索順位のマイナスになってしまうからです。それだけでなく、サジェストマーケティングで重要なことはコンテンツの充実にあります。

マーケティング結果を知ったとしても行動しなければほとんど効果が期待できないのです。

例えば、あるキーワードで検索した結果で自分のサイトを上位に表示させたいのであれば、そのキーワードを含んだ記事を量産していくだけでなく、そのキーワードを的確に解説していくことが重要です。

これらを徹底しなければPVの確保は難しいでしょう。また、サジェストマーケティングには特別な知識は不要です。ツールを使用すれば個人でも簡単にサジェスト対策が可能になるからです。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サジェスト機能の効果的な使い道や気を付けないといけない使い方は?

サジェスト機能はサイト運営をしている人にとって、重要な役割をしています。効果的な使い道は、自分のサイトへの流入を狙うキーワードのサジェストワードを知り、サイトに組み込むことです。そうすることで、キーワードが検索された時に上位に表示させることが出来て、たくさんの人に自分のサイトを見てもらうことができます。気を付けることは、ニーズが高い言葉の組み合わせを調べることです。ただ、ニーズが高いということは競合する人が多いということなので、狙えるキーワードを調べるのは大事なことです。正しい使い方を知り、サイトへの流入を増加させるために賢く活用しましょう。

サジェスト対策や削除依頼を業者に頼んだら費用はどれくらい掛かる?

サジェストは検索候補を表示してくれる便利な機能です。しかし、この検索候補にネガティブなキーワードが表示されたら、検索されなくなるだけでなく、悪影響が及ぶ可能性も高くなります。このようなキーワードを削除するには、検索エンジンを提供している会社に削除申請を出す方法があります。ただ即効性は低い方法と言えますので、サジェスト対策や削除依頼を受け付けている業者に依頼する方法をおすすめします。数多くの業者がサービスを行っていますが、メディアエクシードなら1,500円くらいから依頼を受けてくれます。

サジェストで自分の名前があった場合の対策法は?簡単に削除できる?

サジェストに自分の名前があった場合は、個人で削除するのは困難な場合もあります。サジェスト削除申請から申請し明らかにポリシーに違反している場合は対応してもらうことも可能ですが、ポリシーに抵触していなかった場合には申請理由について詳しく説明できなければ大半のケースで却下されるだけではなく、1度却下されると再申請しても既に回答している旨の返答しかされなくなってしまいます。そんな中で最も簡単で確実な対策法は、専門知識を持った弁護士に相談することです。法的根拠に基づいて削除申請を行ったり代行をしてもらうことも可能で、弁護士が介在することで真摯な対応をしてもらえるのも大きなメリットです。

サジェスト削除は申請しないと出来ない?何処に申請を出せばいいの?

検索エンジンやネットモールの検索欄に、検索キーワードを入力したときにサジェストとして表示される関連キーワードがネガティブな言葉であったとき、検索エンジンやネットモールの運営会社に申請をすることで削除してもらうことができます。自分でも申請はできますが、サジェスト削除をするにあたって、正当な理由でなければ対応してもらえない可能性があります。法的な根拠も交えて申請手続きするときには、弁護士に依頼して代わりに手続きをしてもらう方法もあります。専門の業者に任せるという方法もありますが、どれだけの効果があるかははっきりしません。なかには料金だけ取って逃げてしまう業者もいるので気をつけましょう。

後ろを向いた男性

サジェストがもたらす風評被害とは?ネットを甘く見るとヤバい?

特定の個人名や企業名を入れると関連するサジェストのキーワードが自然と並びます。大手ネット検索サイトのサジェストは非常に精度が高く、商品やサービスを検索するユーザーはそれを大いに信頼します。自社や自分の名前をネット検索したところ、サジェスト結果に心当たりがないネガティブな噂や根も葉もないデマの用語が表示されたら大変です。風評被害を放置すると、その結果がいつの間にかネットの世界で「真実」になりかねません。大手サイトは信用力があり、対策を放置すると一般ユーザーの間で、デマや噂が真実の情報として解釈され、自社を避ける動きやSNSでバッシングする運動が起き始めます。