サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェスト対策で知名度拡大やアクセスアップに繋がるって本当?

投稿日:

何か情報を探す時に検索エンジンを利用されるという方が殆どでしょうが、その際に文字を途中まで打つと、候補を表示してくれる機能が働きます。

これをサジェストと言います。皆が検索をしていると感じたら、とりあえずクリックを押してしまう人が多いのです。

このサジェスト対策を行う事で、知名度拡大やアクセスアップに繋がるのです。集客力をアップさせたいと考えておられる方にはメリットばかりの対策なのではないでしょうか。

サジェスト対策とは?

机の上で握手する人達

サジェスト対策とは、YahooやGoogleなどの検索エンジンの予測結果に表示されるように工夫を行うことを意味します。これにより知名度拡大が期待できるようになり、自社製品の売上向上につながる他、集客力を高めることができます。

サジェスト対策の具体的な方法としては、Googleキーワードプランナーを活用する方法が有名です。

Googleキーワードプランナーを利用して、自社サイトにアクセスしたユーザーが検索したワードを拾い集めることによって、サイトの開発を効率的に進めることができるでしょう。

関連したキーワードを集めることによって、更にPVを向上させることもできるようになりますし、顧客のニーズを知ることもできます。

例えば、自社製品のメリットとデメリットによって検索した履歴があれば、自社製品の情報を知ろうとした顧客が存在していることを意味します。

知名度拡大を更に推進していくためにも、自社製品の良い部分と悪い部分をわかりやすく解説するページを作ることが有効です。

こうしてサジェスト対策を徹底したサイトを開発していくことができれば、集客力を高めて自社製品を販売しやすくなるだけでなく、固定客の確保も容易になるのです。

サジェスト対策で知名度拡大は可能?

サジェスト対策による知名度拡大は可能です。理由は自分のサイトにアクセスしやすくなるからです。具体的な例を挙げると、自分のサイトに関連するキーワードをサジェストによって同時に記載されることにより、アクセスしやすくなります。

それだけでなく、他のキーワードで検索した方であってもサジェスト対策を行っておけば、関係する自分のサイトにアクセスしてもらいやすくなるのです。

知名度拡大を推進していくのであれば、自分のサイトのページを複数のキーワードからアクセスしやすくすることは何よりも重要なことです。ただし、やりすぎたサジェスト対策はペナルティを与えられることがあります。

例えば、検索結果の順位を落としたり、サジェスト検索で表示されにくくなってしまうことがあります。知名度拡大を目指したいのであれば、まずは長期的にサイトを運営していく方針で進めていくことが良いでしょう。

特に無理をして短期間でPVを稼ごうとしても安定して収益を手に入れにくいですし、一過性のサジェスト対策を行ったとしても、すぐに検索順位の下位に転落してしまう恐れもあります。

知名度拡大はコンテンツの充実と複数のメディアを使用して確実に行っていくことが重要です。

サジェスト対策でアクセスアップは可能?

サジェスト対策のメリットは、知名度拡大を違和感なく進められる点です。既存のネットマーケティングの手法もまたアクセスアップには効果的です。

ただ、大々的に広告を打つと宣伝費が掛かります。頻繁に動画サイトやSNSに広告を出せば確かに知名度拡大は容易です。

一方で反動として、頻繁に特定企業や特定サービスの広告が表示されると、今日の成熟した日本の一般消費者は逆にその企業や製品についてネガティブな印象を抱きます。

せっかくネットマーケティングに費用を投じても、それがネガティブな結果に至れば本末転倒です。

サジェスト対策の特徴は、良い意味で広報活動に見えないところであり、ユーザーからのすれば普段通りに検索サイトを利用したところ、偶然目に入る形になります。

サジェスト対策を講じる事で、短期間で製品や店舗の知名度拡大が出来るので、ベンチャー企業やこれからネットビジネスへ本格的に進出したい個人店舗に最適な手法です。

世間で流行っている言葉や出来事のキーワードから、サジェストで自社の名前や製品名が自然と出る様になればひと際高い知名度拡大の効果が得られます。

サジェスト対策は費用対効果が、数多くのネットマーケティング手法の中でもひと際良好で、効果が出るスピードも優秀です。

虫眼鏡ワードとサジェストの違いは?

虫眼鏡ワードとは、Yahooで提供されているGoogleのサジェストのことです。検索したキーワードに関連する内容が検索結果の上位に表示されます。

サジェスト対策を徹底したいのであれば、GoogleのサジェストだけでなくYahooの虫眼鏡ワードの対策も徹底していくことが重要です。

とはいえ、Yahooの虫眼鏡ワードはGoogleと同じアルゴリズムで表示されるようになっているので、まずはGoogleから対策を行っていけば、自然にYahooでも対応することができます。

YahooとGoogleの双方でサジェスト対策が進んでいけば、知名度拡大は急速に進んでいくと考えても問題は無いでしょう。

具体的な方法としては、サイト内のコンテンツの充実に加え、特定のキーワードを使用して自分のサイトにアクセスしたユーザーの数を調べて、そのキーワードに関連したコンテンツを増やすことです。

例えば、サイトの本筋から逸れた内容であったとしても、その記事のPVが大きく突出しているのであれば、その記事に関連した内容をアップロードしていくことで滞在率と回遊率の向上を狙っていきます。

こうすることによって虫眼鏡ワードでもサジェストでも対策が可能です。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SEOの積み木

サジェストマーケティングって何?SEO対策に関係している?

サジェストマーケティング活動とは、文字通りネット検索サイトのサジェスト表示を活用した宣伝活動の事です。一般的なキーワードをユーザーが入力したところ、自社に関係するフレーズや語句が出るようになれば、それだけでSEO対策と同じようなアクセス数のアップ効果が得られます。関係するキーワードが自然と出るように操作するのがポイントです。サジェストマーケティング活動の利点は宣伝に見えないところであり、ユーザーの方が無意識的にアクセスしてくれます。

Yahooのサジェストの仕組みは?サジェスト対策は簡単に行える?

Yahooのサジェストの仕組みは、使用されているブラウザのクッキー履歴を読み取るだけなのでとても単純な仕組みであるといえます。このサジェストは設定を変更しない限り、勝手にクッキー情報をYahooに送信しているのでこれまで閲覧してきたWebキーワードに見合った広告を表示させます。対策をおこなう方法は簡単で、Yahooトップページの下部にある「プライバシー」をクリックして、サジェストの無効にすると選択すると以降は情報取得の信号が送られてきません。

サジェスト対策や削除依頼を業者に頼んだら費用はどれくらい掛かる?

サジェストは検索候補を表示してくれる便利な機能です。しかし、この検索候補にネガティブなキーワードが表示されたら、検索されなくなるだけでなく、悪影響が及ぶ可能性も高くなります。このようなキーワードを削除するには、検索エンジンを提供している会社に削除申請を出す方法があります。ただ即効性は低い方法と言えますので、サジェスト対策や削除依頼を受け付けている業者に依頼する方法をおすすめします。数多くの業者がサービスを行っていますが、メディアエクシードなら1,500円くらいから依頼を受けてくれます。

サジェストで自分の名前があった場合の対策法は?簡単に削除できる?

サジェストに自分の名前があった場合は、個人で削除するのは困難な場合もあります。サジェスト削除申請から申請し明らかにポリシーに違反している場合は対応してもらうことも可能ですが、ポリシーに抵触していなかった場合には申請理由について詳しく説明できなければ大半のケースで却下されるだけではなく、1度却下されると再申請しても既に回答している旨の返答しかされなくなってしまいます。そんな中で最も簡単で確実な対策法は、専門知識を持った弁護士に相談することです。法的根拠に基づいて削除申請を行ったり代行をしてもらうことも可能で、弁護士が介在することで真摯な対応をしてもらえるのも大きなメリットです。

サジェスト洗浄とはどういった意味?誰が何の目的で対策をする?

サジェスト洗浄とは、検索エンジンを運営している会社がサジェスト機能を正常な状態に戻すことを目的として、迷惑な検索候補を削除するという意味です。検索エンジンでキーワードを入力すると、関連する検索候補がいくつか表示されます。その検索候補のことをサジェストというのですが、キーワードに対して誹謗中傷や宣伝目的の言葉ばかりが並んでしまうと、本当に調べたいことが見つかりにくくなります。そのような状態を汚染されているというのですが、そのまま放置していると検索エンジンの品質にも影響してきます。ですから対策として洗浄をしなければいけないのです。