サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェスト対策で知名度拡大やアクセスアップに繋がるって本当?

投稿日:

何か情報を探す時に検索エンジンを利用されるという方が殆どでしょうが、その際に文字を途中まで打つと、候補を表示してくれる機能が働きます。

これをサジェストと言います。皆が検索をしていると感じたら、とりあえずクリックを押してしまう人が多いのです。

このサジェスト対策を行う事で、知名度拡大やアクセスアップに繋がるのです。集客力をアップさせたいと考えておられる方にはメリットばかりの対策なのではないでしょうか。

サジェスト対策とは?

机の上で握手する人達

サジェスト対策とは、YahooやGoogleなどの検索エンジンの予測結果に表示されるように工夫を行うことを意味します。これにより知名度拡大が期待できるようになり、自社製品の売上向上につながる他、集客力を高めることができます。

サジェスト対策の具体的な方法としては、Googleキーワードプランナーを活用する方法が有名です。

Googleキーワードプランナーを利用して、自社サイトにアクセスしたユーザーが検索したワードを拾い集めることによって、サイトの開発を効率的に進めることができるでしょう。

関連したキーワードを集めることによって、更にPVを向上させることもできるようになりますし、顧客のニーズを知ることもできます。

例えば、自社製品のメリットとデメリットによって検索した履歴があれば、自社製品の情報を知ろうとした顧客が存在していることを意味します。

知名度拡大を更に推進していくためにも、自社製品の良い部分と悪い部分をわかりやすく解説するページを作ることが有効です。

こうしてサジェスト対策を徹底したサイトを開発していくことができれば、集客力を高めて自社製品を販売しやすくなるだけでなく、固定客の確保も容易になるのです。

サジェスト対策で知名度拡大は可能?

サジェスト対策による知名度拡大は可能です。理由は自分のサイトにアクセスしやすくなるからです。具体的な例を挙げると、自分のサイトに関連するキーワードをサジェストによって同時に記載されることにより、アクセスしやすくなります。

それだけでなく、他のキーワードで検索した方であってもサジェスト対策を行っておけば、関係する自分のサイトにアクセスしてもらいやすくなるのです。

知名度拡大を推進していくのであれば、自分のサイトのページを複数のキーワードからアクセスしやすくすることは何よりも重要なことです。ただし、やりすぎたサジェスト対策はペナルティを与えられることがあります。

例えば、検索結果の順位を落としたり、サジェスト検索で表示されにくくなってしまうことがあります。知名度拡大を目指したいのであれば、まずは長期的にサイトを運営していく方針で進めていくことが良いでしょう。

特に無理をして短期間でPVを稼ごうとしても安定して収益を手に入れにくいですし、一過性のサジェスト対策を行ったとしても、すぐに検索順位の下位に転落してしまう恐れもあります。

知名度拡大はコンテンツの充実と複数のメディアを使用して確実に行っていくことが重要です。

サジェスト対策でアクセスアップは可能?

サジェスト対策のメリットは、知名度拡大を違和感なく進められる点です。既存のネットマーケティングの手法もまたアクセスアップには効果的です。

ただ、大々的に広告を打つと宣伝費が掛かります。頻繁に動画サイトやSNSに広告を出せば確かに知名度拡大は容易です。

一方で反動として、頻繁に特定企業や特定サービスの広告が表示されると、今日の成熟した日本の一般消費者は逆にその企業や製品についてネガティブな印象を抱きます。

せっかくネットマーケティングに費用を投じても、それがネガティブな結果に至れば本末転倒です。

サジェスト対策の特徴は、良い意味で広報活動に見えないところであり、ユーザーからのすれば普段通りに検索サイトを利用したところ、偶然目に入る形になります。

サジェスト対策を講じる事で、短期間で製品や店舗の知名度拡大が出来るので、ベンチャー企業やこれからネットビジネスへ本格的に進出したい個人店舗に最適な手法です。

世間で流行っている言葉や出来事のキーワードから、サジェストで自社の名前や製品名が自然と出る様になればひと際高い知名度拡大の効果が得られます。

サジェスト対策は費用対効果が、数多くのネットマーケティング手法の中でもひと際良好で、効果が出るスピードも優秀です。

虫眼鏡ワードとサジェストの違いは?

虫眼鏡ワードとは、Yahooで提供されているGoogleのサジェストのことです。検索したキーワードに関連する内容が検索結果の上位に表示されます。

サジェスト対策を徹底したいのであれば、GoogleのサジェストだけでなくYahooの虫眼鏡ワードの対策も徹底していくことが重要です。

とはいえ、Yahooの虫眼鏡ワードはGoogleと同じアルゴリズムで表示されるようになっているので、まずはGoogleから対策を行っていけば、自然にYahooでも対応することができます。

YahooとGoogleの双方でサジェスト対策が進んでいけば、知名度拡大は急速に進んでいくと考えても問題は無いでしょう。

具体的な方法としては、サイト内のコンテンツの充実に加え、特定のキーワードを使用して自分のサイトにアクセスしたユーザーの数を調べて、そのキーワードに関連したコンテンツを増やすことです。

例えば、サイトの本筋から逸れた内容であったとしても、その記事のPVが大きく突出しているのであれば、その記事に関連した内容をアップロードしていくことで滞在率と回遊率の向上を狙っていきます。

こうすることによって虫眼鏡ワードでもサジェストでも対策が可能です。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サジェスト対策の仕組みとは?サジェスト対策ってそもそも何?

サジェストとはグーグル等検索機能で、あるキーワードを入力した時表示される候補一覧ですが、これが特定の人物にとって不利益を被るものである場合があります。過去の事件等で不起訴になったにもかかわらず、いつまでもインターネット上での検索に表示される等で心身共に苦しい状況におかれる等です。良からぬ風評が独り歩きをすることで社会生活に影響が生じる等看過できない問題もあり、サジェスト対策はこのような被害をなくすため、本人の希望等によりそのようなキーワードを削除する等の方法をとることをいい、その仕組みは、本人の希望の他、社会に大きな影響があると認められた場合には管理者の権限で削除することもあります。

後ろを向いた男性

サジェストがもたらす風評被害とは?ネットを甘く見るとヤバい?

特定の個人名や企業名を入れると関連するサジェストのキーワードが自然と並びます。大手ネット検索サイトのサジェストは非常に精度が高く、商品やサービスを検索するユーザーはそれを大いに信頼します。自社や自分の名前をネット検索したところ、サジェスト結果に心当たりがないネガティブな噂や根も葉もないデマの用語が表示されたら大変です。風評被害を放置すると、その結果がいつの間にかネットの世界で「真実」になりかねません。大手サイトは信用力があり、対策を放置すると一般ユーザーの間で、デマや噂が真実の情報として解釈され、自社を避ける動きやSNSでバッシングする運動が起き始めます。

サジェストとはどういった機能?選ばれる基準は誰が判断している?

サジェストとは、検索サイトで導入される機能です。キーワードを一つ入れると、その語句に関連した用語が自動的に表示されます。選ばれる基準ですが、いわゆるロボットが自動的に判断して決定しているのです。大手検索サイトのスタッフが人為的にキーワードを抽出しているわけではなく、一般ユーザーが頻繁に検索した語句が選ばれる基準となっています。一種の流行語のようなものであり、機械的に統計的に集計されたものなのでサジェストの結果は、なかなか信頼性が高いのです。

パソコンと世界

サジェストを出す方法はアルゴリズムとキーワードが大事な鍵?

検索したいワードに関連した検索候補であるサジェストは、ユーザーにとってとても便利なものです。サジェストとして表示されるキーワードを出す方法はアルゴリズムにより決まります。アルゴリズムでは、実際に検索されたキーワードや検索履歴などが利用されます。また、話題や人気があるものも選ばれるようになっています。サジェストに表示されるキーワードが意図したものになるかどうかは、いかにアルゴリズムが上位と判断する条件を満たすことが鍵になります。

パソコンを触る人

サジェストが表示されない時の対処法は何かある?高度な知識が必要?

バージョン7.11.1になってから、サジェストが正常に表示されない不具合が相次いでいます。この表示されない時の対処法には、高度な知識は一切必要がないのでどなたでも対処することが可能です。その方法とは、LINEのクッキーを削除することで簡単に表示させられます。クッキーの削除はスマートフォンの設定項目にあるアプリを選択します。その中からLINEを選ぶと、「クッキーの削除」というメニューがあるのでタップをするだけで完了です。