サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェスト対策をする事によって考えられるメリットは何がある?

投稿日:

サジェスト対策によって得られるメリットですが、自社や自分の店舗が頻繁に一般ユーザーの目に触れるようになります。

大手ネット検索のサジェスト結果に、頻繁に表示されれば比例して自分のECサイトやオフィシャルサイトが見られる回数が増加します。

他の方法に比べて自然体で集客が出来るのも利点であり、他のマーケティング術よりも費用対効果が高いのもメリットです。

一般的な検索用語からサジェスト対策で表示させれば、今までは違った層を集客させられます。

サジェスト対策のメリットはアクセスアップ?

仕事をする女性

SEO対策に比べてサジェスト対策は効果が出るまでのレスポンスが良好です。ケースによって様々ですが、サジェスト対策を講じてから約7日前後でアクセスアップのメリットが出ます。

分野や用語などによって、多少前後しますがSEO対策に比べて僅かな費用で確かなアクセスアップ効果が出て、なおかつレスポンスが良いため一石二鳥のPR手法です。

サジェストに表示されるキーワードやフレーズは自然とユーザーの関心をひきます。自分が普段から検索している言葉に、あまり関係がない用語が出た時こそネットユーザーは興味がわき、思わず無意識的にその結果をクリックします。

サジェスト対策をする事で、言わば自然体で自社のホームページへのアクセスが確立させられるのです。リスティング広告だと、元々自社についてある程度、関心がないとなかなか広告からアクセスをしてくれません。

サジェスト対策なら、不特定多数の人々に対してマーケティング活動が出来ますし、アクセス数が伸びれば自然と自社ECサイトの認知度が上がり、売り上げの増加も期待できます。

SEO対策は検索サイトからペナルティを受けやすいのがデメリットです。翻ってサジェスト対策はペナルティのリスクも低く、順位を安定的に良く出来るのでアクセス数の継続的な確保が実現します。

サジェスト対策のメリットはブランディングの確立?

サジェスト対策のメリットの一つは確かにブランディングの確立にあるでしょう。どんな人でも、何かについてインターネットで調べたいと思った場合、キーワードを入力して検索します。

ですが、検索するのに適切なキーワードが常に明確でしかも予め把握しているとは限りません。多くの場合、適当と思われるキーワードを入力しながら試行錯誤で検索することになります。

ここでサジェストがあると、普通は非常にありがたいと思うはずです。

何しろ、どんなキーワードで探すべきなのかということが自動的に表示されるからで、特別な理由でもない限りは上位に表示されたサジェストをそのまま利用して検索することでしょう。

ですから、サジェストを含めたキーワードで検索されてくるウェブサイトの中で上位に表示されるということは即ち多くの人が訪れるに違いないサイトということができ、まさにブランド力のあるサイトということができます。

ですから、サジェスト対策をしっかりと行い、サジェストによって表示されるキーワードを含むようなウェブサイト構成にすることでブランド力の構築につなげることが可能です。

要は、よく使われるキーワードで検索された場合に上位に表示されるようなウェブサイトを作るということです。

サジェストで表示されると信憑性があってメリットになる?

インターネットを利用して、一般消費者は家電製品や飲食店や医療サービスの情報を探しています。今では既存のメディアよりもネット検索の方を優先して、参考にする人々が増え来ました。

テレビCMでもお馴染みの大手検索サイトは特に絶大な信頼感を集めています。

そのため、検索サイトのサジェスト結果もまた自然と信憑性があるものと、世間の一般消費者に認識されており、サジェスト対策を講じる事で、効果的に自社サイトの信頼性と知名度をアップさせられます。

既に多くの企業と個人がそのメリットに気づき、サジェスト対策を行っているのが今日の実情です。サジェスト対策はSEO対策よりも費用対効果が良く、また結果が出るのが素早いです。

大手検索サイトの結果は、非常に精度が高く一般消費者が常日頃から情報検索に役立てているため、信頼されているのもメリットとなります。

基本的にサジェストには元となるキーワードやフレーズに関連した情報が表示されるため、自然な形でユーザーがその結果を開いてくれます。

サジェストは検索する度に表示されるため、不特定多数の人々にPRする効果があり、他のマーケティング手法とは違い、不自然な形にならないのが最大の利点です。

サジェスト対策は自然にアピールすることでメリットに繋がる?

サジェスト対策は、自然にアピールすることによって、自分のサイトのPVの向上などのメリットを得ることができます。

しかし、不適切な方法によってサジェスト対策を行った場合は検索エンジン側からスパム行為であると判断され、結果的に検索の順位が低下してしまう恐れがあるので注意が必要です。

不適切な検索順位の向上やサジェスト対策は、業者に依頼して検索順位を向上させる方法です。

この方法であれば、誰でもサジェスト対策が可能である反面、ユーザーの滞在率が低下してしまうので、長期間PVを維持することができなくなってしまいます。

その滞在率の低さが検索エンジン側に見抜かれて、スパム行為を行ったものであると判断されてしまうのです。このようなことを避けるためにもGoogleキーワードプランナーを活用して適切な対策を行っておきましょう。

コンテンツの充実と特定のキーワードに対する解説の充実が徹底されれば、自然とサジェスト対策が可能になります。単なるPVの向上だけでなく、ユーザーの滞在率の拡大も期待できるのです。

結果的に自然なサジェスト対策を行えば、スパム行為であると判断されにくく、収益の確保にも寄与することができるでしょう。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サジェストで自分の名前があった場合の対策法は?簡単に削除できる?

サジェストに自分の名前があった場合は、個人で削除するのは困難な場合もあります。サジェスト削除申請から申請し明らかにポリシーに違反している場合は対応してもらうことも可能ですが、ポリシーに抵触していなかった場合には申請理由について詳しく説明できなければ大半のケースで却下されるだけではなく、1度却下されると再申請しても既に回答している旨の返答しかされなくなってしまいます。そんな中で最も簡単で確実な対策法は、専門知識を持った弁護士に相談することです。法的根拠に基づいて削除申請を行ったり代行をしてもらうことも可能で、弁護士が介在することで真摯な対応をしてもらえるのも大きなメリットです。

サジェスト対策を行って名誉毀損で訴えられることはあるの?

サジェスト対策が原因で、名誉毀損で訴えられるリスクはあるのでしょうか。結論としては名誉毀損で個人から裁判を起こされるリスクは充分考えられます。いわゆる一般的なキーワードをサジェスト対策で表示させるだけでは、リスクはありませんが特定の個人名に関連させて、誹謗中傷に繋がる語句を表示させたら危険性は大です。実際に自分の名前を打ったところ、検索サイトのサジェストに名誉毀損に繋がる語彙が表示された、と訴える行動を起こした方がいており、裁判の結果としては風評被害が認められました。

パソコンを触る人

サジェストが表示されない時の対処法は何かある?高度な知識が必要?

バージョン7.11.1になってから、サジェストが正常に表示されない不具合が相次いでいます。この表示されない時の対処法には、高度な知識は一切必要がないのでどなたでも対処することが可能です。その方法とは、LINEのクッキーを削除することで簡単に表示させられます。クッキーの削除はスマートフォンの設定項目にあるアプリを選択します。その中からLINEを選ぶと、「クッキーの削除」というメニューがあるのでタップをするだけで完了です。

サジェスト対策で誹謗中傷は防げる?依頼するなら業者?弁護士?

大手検索サイトのサジェストに、自社に関するデマや事実無根の誹謗中傷が掲載されていたら一大事です。ネガティブな情報が表示されたら、サジェスト対策を検討しましょう。メディアエクシードは費用が安いサジェスト対策サービスです。業者に頼む方が費用的に良いですし、確実にネガティブな情報を一般消費者の目から消せるので効果的です。最近の一般消費者はネット検索で商品やサービスの情報を検索します。そこに変な情報やデマが掲載されていたら、大きな風評被害となります。

サジェスト汚染とは?汚染するとどんな被害にあう可能性がある?

サジェストとは、特定の単語を検索エンジンで検索したときにその単語と関連性の高い言葉が表示される仕組みのことをいいます。例えば、サプリメントと言う単語を検索したときに関連するキーワードとしてネットワークビジネスと言う言葉が出てくるようなものです。このような関連する単語がたくさんでてきますが中にはその単語を汚染するような人もいます。これをサジェスト汚染といいます。サジェスト汚染は、被害に遭う可能性もありますので弁護士などに相談して十分な対策を立てておく必要があるでしょう。