サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェスト機能の効果的な使い道や気を付けないといけない使い方は?

投稿日:

サジェスト機能はサイト運営をしている人にとって、重要な役割をしています。効果的な使い道は、自分のサイトへの流入を狙うキーワードのサジェストワードを知り、サイトに組み込むことです。

そうすることで、キーワードが検索された時に上位に表示させることが出来て、たくさんの人に自分のサイトを見てもらうことができます。気を付けることは、ニーズが高い言葉の組み合わせを調べることです。

ただ、ニーズが高いということは競合する人が多いということなので、狙えるキーワードを調べるのは大事なことです。正しい使い方を知り、サイトへの流入を増加させるために賢く活用しましょう。

サジェスト機能の効果的な使い道は?

棒線グラフをもつ男性

サジェスト機能の効果的な使い道ですが、一人のユーザーとしてであれば比較的単純ですし、既に知らず知らずのうちにこの機能を活用している人も多いでしょう。

あるワードで検索しようとしたときに、候補となるワードが追加で自動的に表示されてくる機能です。基本的に、サジェストで表示されるものは、世の中で広く一般的に多く検索されている用語ということができます。

そのため、そのような良く検索されている用語では検索結果も多いことが期待されますし、検索内容も充実していることが多いでしょう。サジェストを活用することで知りたい情報に素早く効率的に到達することが期待できます。

逆に、あまりサジェストされない用語でそのまま検索しても、知りたい情報がなかなか得られないことも多いでしょう。一方、SEO対策としてサジェストを考えることも重要な視点です。

サジェストは膨大な検索結果から自動的に決められるものですのでここを人為的に操作するようなことはできません。

ですので、これを効果的に活用するというのは、検索の上位に表示されるようにするということとはちょっと異なって、検索の上位に表示されるようなワードをしっかりと含んでいるようなサイトを構築するということがポイントになります。

サジェスト機能を使う時の注意点は?

サジェスト機能を活用する際には注意点がいくつかありますが、中でも注意しなければならないことは検索エンジンのサジェストは常に変動することです。

例えば、この前まで検索エンジンで検索した際に表示された内容が表示されなくなってしまいます。特に最近では流行のキーワードは常に変化しており、流行のピークが来ればPVの増加とともに収益を確保しやすくなるでしょう。

ただし、流行が過ぎてしまうと、PVが一気に落ち込んでしまうだけでなく、収益も確保しにくくなってしまうのです。この問題を回避するためには、サジェスト機能に依存しないサイト開発を行うことが重要になります。

特に最近ではSNSとの連携を中心として、ブログやサイトを運営することが定番になりつつあります。

Googleであればキーワードプランナーなどを活用して、検索エンジンに最適化したサイトを開発することによってPVを向上させる方法もあります。

ですが、SNSを活用した方法のほうが安定して収益を手に入れることができるだけでなく、固定客を増やすことができるようになるのです。

このようにサジェスト機能を活用したブログ運営の方法にはいくらかのリスクが潜在しているので、十分注意して利用していく方法が良いでしょう。

サジェスト機能とオートコンプリートの違いは何?

サジェスト機能とオートコンプリートの違いですが、とくに違いはないようにうたわれていることもあるものの、本来の意味としては両者は別のものです。

どちらも、自分が入力しようとしたワードに対して候補となるワードを自動的に表示してくれる機能です。

サジェストは、世の中で広く一般的に使われているワードが上位に表示されてくるのに対して、オートコンプリートとは自分がそのデバイスに予め登録しておいたものの中から候補を表示させます。

また、あるいは自分自身が過去によく入力した候補が表示されるという違いがあります。

簡単に言えば、他の人がよく使っている候補を表示させるか、あるいは自分自身がよく使っている候補を表示させるかの違いということになります。

よく使われるシーンとしては、インターネットで何か検索をするようなときには、他の人もよく検索しているワードを表示してくれるほうがありがたいでしょうから、サジェスト機能を必要とすることが多いでしょう。

一方、自分自身で何かの文章を作成しているようなシーンにおいては、他の人がどんなワードを使っているかということよりも、自分自身が過去にどんな表現をしたかのほうが気になることが多いでしょう。

こういう場合はオートコンプリートのほうがより重要です。

サジェスト機能は有効活用出来る?

サジェスト機能を有効に活用すれば、自社製品を積極的に販売することができるようになります。

例えば、特定の化粧品に対して、マイナスのサジェストが表示された場合は、その問題を解決した製品を販売することによって他社製品よりも強みを手に入れることができるようになるのです。

それだけでなく、自社製品に対する強みもサジェストから知ることができるようになります。

Googleキーワードプランナーを活用することによって、自社製品の強みを知ることができるようになるだけでなく、自社製品を何で検索してヒットさせたのかを客観的に知ることができれば、自社の強みを更に意識してサイトを運用することができるようになるでしょう。

サジェスト機能は就職活動の場でも有効に活用することが出来ます。例えば、特定の応募者の個人名で検索すれば、前科歴などがサジェストに表示されることができるのです。

他にもFacebookなどのアカウントが表示されるので、ここから人柄を判断していくことができるでしょう。

以上のようにサジェスト機能を活用すれば、企業のマーケティングの他にも応募者の採用時のリスク回避などにも利用できるので有効に活用していくことが重要です。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サジェスト洗浄とはどういった意味?誰が何の目的で対策をする?

サジェスト洗浄とは、検索エンジンを運営している会社がサジェスト機能を正常な状態に戻すことを目的として、迷惑な検索候補を削除するという意味です。検索エンジンでキーワードを入力すると、関連する検索候補がいくつか表示されます。その検索候補のことをサジェストというのですが、キーワードに対して誹謗中傷や宣伝目的の言葉ばかりが並んでしまうと、本当に調べたいことが見つかりにくくなります。そのような状態を汚染されているというのですが、そのまま放置していると検索エンジンの品質にも影響してきます。ですから対策として洗浄をしなければいけないのです。

サジェストで自分の名前があった場合の対策法は?簡単に削除できる?

サジェストに自分の名前があった場合は、個人で削除するのは困難な場合もあります。サジェスト削除申請から申請し明らかにポリシーに違反している場合は対応してもらうことも可能ですが、ポリシーに抵触していなかった場合には申請理由について詳しく説明できなければ大半のケースで却下されるだけではなく、1度却下されると再申請しても既に回答している旨の返答しかされなくなってしまいます。そんな中で最も簡単で確実な対策法は、専門知識を持った弁護士に相談することです。法的根拠に基づいて削除申請を行ったり代行をしてもらうことも可能で、弁護士が介在することで真摯な対応をしてもらえるのも大きなメリットです。

Googleのサジェストは地域と言語で表示内容が異なる仕組み?

Googleのサジェストは、ユーザーが利用している端末の場所や設定されている言語ロケールにより地域と言語が設定され表示が異なる仕組みです。例えばアメリカに居る時に「カフェ」で検索しようとすると、サジェストに「カフェカイラ」や「カフェモーリーズ」などアメリカで人気のお店が表示され、日本で同じく検索すれば「カフェホワイト」や「カフェブルー」などよく使われているお店の名称が表示されます。スマートフォンやタブレットなどGPSを内蔵している場合は位置情報が取得され、光ファイバーなどの固定回線を利用している場合はIPアドレスから地域を取得するほか、言語は利用しているOSの言語ロケールが自動検出されます。

サジェストを消す方法は高度な対策が必要?資格が無くても出来る?

サジェストを消す方法として、資格は必要ありませんが高度な対策をしなければなりません。拒否されたときに再申請に応じる可能性は低いので、1回目で成功させるのが重要です。まず、事実に反している内容で名誉棄損などになる場合、法的な根拠を明確にして申請すれば削除されることがあります。これは法律の知識があった方が良いので、弁護士などに相談しましょう。サジェストの仕組みを理解して、他のワードの検索結果が上位になるように対策して非表示にすることも可能です。また、検索結果が表示されても問題のない記事が表示されるようにする対策もあります。

サジェスト汚染とは?汚染するとどんな被害にあう可能性がある?

サジェストとは、特定の単語を検索エンジンで検索したときにその単語と関連性の高い言葉が表示される仕組みのことをいいます。例えば、サプリメントと言う単語を検索したときに関連するキーワードとしてネットワークビジネスと言う言葉が出てくるようなものです。このような関連する単語がたくさんでてきますが中にはその単語を汚染するような人もいます。これをサジェスト汚染といいます。サジェスト汚染は、被害に遭う可能性もありますので弁護士などに相談して十分な対策を立てておく必要があるでしょう。