サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェスト汚染とは?汚染するとどんな被害にあう可能性がある?

投稿日:

サジェストとは、特定の単語を検索エンジンで検索したときにその単語と関連性の高い言葉が表示される仕組みのことをいいます。

例えば、サプリメントと言う単語を検索したときに関連するキーワードとしてネットワークビジネスと言う言葉が出てくるようなものです。

このような関連する単語がたくさんでてきますが中にはその単語を汚染するような人もいます。これをサジェスト汚染といいます。

サジェスト汚染は、被害に遭う可能性もありますので弁護士などに相談して十分な対策を立てておく必要があるでしょう。

サジェスト汚染とはどんな意味?

たくさんの文字

サジェストとは、検索サイトで検索作業を行った時、打ち込んだ用語に関連するフレーズが自動的に表示される機能です。

例えば「坂本龍馬」と入れれば、自然と後に「幕末」や「明治維新」等の関連するフレーズが画面に表示されます。サジェスト機能は元々ネットユーザーに向けての便利機能でした。

ところが最近ではサジェスト汚染と呼ばれる新しい現象が起きています。文字通りサジェスト結果が汚染される現象であり、本来であれば無関係の言葉が自動的に表示される事を意味します。

まだ自社や自分にとって、無意味なフレーズが出るだけなら対策は不要ですが、最近のサジェスト汚染は特定個人や特定企業や団体を誹謗中傷するフレーズが自動的に出やすくなっているのです。

自分の名前や経営する会社名の後に「倒産」や「逮捕」や「容疑者」や「産地偽装」など全く事実無根のフレーズが次々と表示されたら、風評被害が起きる可能性大です。

対策は個人では難しいのが実態、ITに強い弁護士に相談したり、ネットマーケティングに精通した専門会社にコンタクトを取りましょう。

サジェスト汚染によって風評被害や嫌がらせが頻発してからでは返って、対策にコストが掛かります。リスクは小さな間に対策をした方が鎮静化が円滑に進み、費用も安く抑えられます。

サジェスト汚染するとどんな被害にあう?

インターネット検索サイトの多くが、サジェストと呼ばれる機能を実装しています。

例えば「犬」という言葉をフォームに入れると、続いて「可愛い」や「写真」や「買い方」や「ペットフード」といった関連するキーワードが自動的に画面に出ます。

連想ゲームのような感じで、元の言葉に関連したキーワードが次々と出るのがサジェストの特徴です。この機能自体はネットユーザーの検索作業をアシストする便利なものです。

しかし、最近はサジェスト汚染といトラブルが頻発し始めました。文字通りサジェスト結果が汚染され、特定企業や一個人の名前の後に、誹謗中傷の語句や名誉毀損にあたるフレーズが自動的に、大手検索サイトの画面に出る現象の事です。

サジェスト汚染が起きると、どんな被害に見舞われるのでしょうか?一部の心無いネットユーザーが、その誤ったサジェスト結果をもとに企業の窓口にクレームを入れてきたり、SNS上で根も葉もないデマを拡散します。

ネット上で風評被害が発生したり、企業や自宅の電話に嫌がらせやクレームが押し寄せるといった被害が発生します。サジェスト汚染の対策は前もって講じる事が原理的に困難です。そのため、サジェスト汚染を確認した後が明暗の分かれ目です。

発見次第、検索サイト側に相談しましょう。特定の個人や企業を標的にした悪質な嫌がらせ、誹謗中傷や名誉毀損の案件は比較的速やかに対策が講じられるので、早急な問い合わせが大切です。

サジェスト汚染を回避する方法はある?

サジェスト汚染を事前に回避する対策というのは現実的にはあまりないと言うしかないかもしれません。そもそもサジェスト汚染とは何を意味ているのでしょうか?

インターネットの検索エンジンで、あるキーワードで検索しようとした際、あたかもそのキーワードを汚染するかのようなマイナスイメージを持った用語がサジェストとして自動的に表示されるような現象のことを指します。

ある会社の名前を入力した際、ブラックとかリストラ、職場いじめなどといった用語がサジェストとして表示されるようなことを思い浮かべてもらえば大丈夫です。

もちろんこれは会社だけには限りません。個人名であっても、犯罪とか前科、精神異常などといったネガティブイメージを持つサジェストが表示されるケースもこれに含まれます。

言うまでもないことですが、このようなサジェストについて、それが事実なのであれば汚染とは呼びません。社会的に大きな問題を起こした会社とか、現実に罪を犯した個人でこのようなサジェストが表示されるのは当たり前です。

ただ、根も葉もない噂が立つのがインターネットの世界でもありますから、現実にサジェスト汚染は起こっています。噂がそもそも立たないようにする対策は困難というのは分かるでしょう。

一方で、本当に根拠がない汚染なのであれば、検索エンジンを運営する会社に申し立てることは対策になります。

サジェスト汚染にあったらどうしたらいい?

サジェスト汚染に遭遇すると、企業の評判が不当に下がったり、飲食店の評価が悪くなったり、通販サイトの利用者が減るなど深刻な風評被害に見舞われます。

本来だと役立つはずのサジェスト機能が、何かしらの原因でネガティブな情報ばかりを出すようになれば、可及的速やかな対策が必須です。

明らかにサジェスト結果に出る用語や語句が、誹謗中傷の内容だった場合は検索サイトの相談窓口に一度問い合わせてみましょう。

極めて侮辱的なフレーズ、事実とは異なる誹謗中傷、特定の店舗や個人に対しての攻撃的なキーワードなどは、窓口に問い合わせる事でスムーズに削除の対応を施してもらえるでしょう。

ただ大手検索サイトは基本的にユーザー個人のサジェスト汚染について対策を講じない事が多いです。サジェスト汚染に遭遇した時はITに精通した専門会社に問い合わせて、サジェスト汚染の「洗浄」を依頼するのが正解です。

ネガティブな情報が表示されるのが、要するに問題点であり、検索しても誹謗中傷のキーワードやフレーズが出なくなれば風評被害を未然に食い止められます。

費用は必要ですが、実際にサジェスト汚染による根も葉もない誹謗中傷や嫌がらせ行為に遭遇した時のリスクとコストを考慮すれば、早めに専門会社に相談して対策を代行してもらった方が結果的にお得です。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サジェスト削除は弁護士に依頼した方が確実に削除できるし安心?

サジェストの削除は個人で申請することもできますが、アルゴリズムに基づいたもので問題がないと回答して拒否される場合もあります。しかし、事実と異なり名誉棄損になるなど、法的な根拠があればそれを理由にして削除させることができます。ただし、法的な根拠を明確にしていないと該当していても応じない場合があり、法律の素人が的確に申請するのは難しいです。また、一度拒否されると再申請しても通らないことが多く、最初の対応が重要です。そのため、専門家である弁護士に相談して依頼するのが安心と言えます。

サジェストスパムとは?サジェスト操作はペナルティがあるって本当?

検索窓に一つの言葉を入力すると、その候補となる言葉が表示されます。それをサジェストと言うのですが、それを意図的に操作するのがサジェストスパムになります。この方法を利用すると開いてほしいページへ誘導することが簡単になります。しかし、サジェストスパムによって操作を行うと、運営会社によるペナルティが課されると言われています。インデックスが削除されてしまうので、検索しても全く表示されなくなってしまいます。

後ろを向いた男性

サジェストがもたらす風評被害とは?ネットを甘く見るとヤバい?

特定の個人名や企業名を入れると関連するサジェストのキーワードが自然と並びます。大手ネット検索サイトのサジェストは非常に精度が高く、商品やサービスを検索するユーザーはそれを大いに信頼します。自社や自分の名前をネット検索したところ、サジェスト結果に心当たりがないネガティブな噂や根も葉もないデマの用語が表示されたら大変です。風評被害を放置すると、その結果がいつの間にかネットの世界で「真実」になりかねません。大手サイトは信用力があり、対策を放置すると一般ユーザーの間で、デマや噂が真実の情報として解釈され、自社を避ける動きやSNSでバッシングする運動が起き始めます。

サジェスト削除の申請は(株)メディアエクシードに依頼すると良い?

(株)メディアエクシードはWeb制作やSEO対策、誹謗中傷対策などを行う企業で、大手検索サイト上のサジェスト削除や押し下げに関する豊富な実績がある上に費用も安いことが魅力です。サジェスト対策をするとアクセスアップやブランディングの確立が得られることに加え、安心感やユーザーからの信頼感も得ることができますので、サジェスト汚染被害に悩んでいる場合は、(株)メディアエクシードに依頼した方が良いと言えるでしょう。

SEOの積み木

サジェストマーケティングって何?SEO対策に関係している?

サジェストマーケティング活動とは、文字通りネット検索サイトのサジェスト表示を活用した宣伝活動の事です。一般的なキーワードをユーザーが入力したところ、自社に関係するフレーズや語句が出るようになれば、それだけでSEO対策と同じようなアクセス数のアップ効果が得られます。関係するキーワードが自然と出るように操作するのがポイントです。サジェストマーケティング活動の利点は宣伝に見えないところであり、ユーザーの方が無意識的にアクセスしてくれます。