サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

Googleのサジェストの仕組みは?サジェスト対策は簡単に行える?

投稿日:

Googleのサジェストの仕組みは、一般ユーザーが検索時に入力した用語が登録されていくものです。

特定の用語が検索された回数と頻度によってサジェストは決まります。対策は比較的簡単であり、一定期間の間に関連付けたいキーワードやフレーズを高頻度、検索すればOKです。

ただしGoogleは露骨なサジェスト対策は弾く仕様になっているようで、素人が大量に一定期間、ネット検索をしても迷惑行為とみなされる恐れがあります。専門家でなければGoogleの対策は難しいのが実態です。

Googleのサジェストの仕組みとは?

Googleと虫眼鏡

Googleのサジェストの仕組みは、ユーザーが検索したワードと一緒に検索した、つまり関連したワードをサジェストとして認識しています。

例えば、特定の商品に対するキーワードにスペースを空けて、価格を検索した場合、Googleのサジェストには価格と表示されることがあるのです。

こうすることによって、次から特定の商品の価格を知りたい検索エンジンのユーザーはそのサジェストをクリックするだけで簡単に検索することが出来ます。

サジェストの機能はこのように関連するキーワードを特定してまとめて検索することができる点です。特定の企業についてであれば、企業の業績や離職率に加え、開発している製品などがあります。

これらを効率よく検索するためにGoogleのサジェストが提供されています。ただし、サジェストには良い面だけでなく悪い面も存在します。特定の個人名で検索した場合は前科歴について表示されたり、年齢や住所などの個人情報まで表示されることがあるのです。

このような個人情報についてはGoogle側も対応しきれず野放しの状態になっており、風評被害などの悪影響も存在しています。良い面がある一方で、誰でもこのように検索エンジンで風評被害を被ってしまう可能性もあります。

Googleのサジェスト対策は簡単に出来る?

Googleのサジェスト機能とは、検索ボックスにある検索ワードを入力したとき、あるいは入力しかけたときに、そのワードに続く候補となる単語が自動的に表示される仕組みのことです。

よく検索されているワードが自動的に表示されるので便利である反面、煩わしいと感じる人も中にはいるかもしれません。

このサジェスト対策を効果的に行うためには、Googleでどのようにサジェストが行われる仕組みになっているのかを理解することが重要でしょう。

これは、基本的には多くの回数検索されているワードが表示されるのですが、より詳細な仕組みを知っておいたほうが良いでしょう。

例えば、同じく100回検索されたワードであっても、同じ人が100回検索したケースと、それぞれ別の100人が1回ずつ検索したワードとであれば、後者のほうが優先して表示される傾向にあります。

このため、いわゆる自作自演的なサジェストが起こりにくくなっています。あるいは、地域性ということもあります。

検索されたその地域、場所に近いワードが優先的に表示されるということで、よく検索されてはいても実際にあまり関係のないワードは表示されにくくなっているわけです。このようなことを知っていれば対策も比較的容易でしょう。

Googleのサジェストの削除は自分で出来る?

Googleのサジェストの削除を自分で行うことは残念ながら出来ません。Googleのサジェストを削除するためにはGoogleに削除申請を行う必要があります。

ヘルプ欄をまず開きます。ヘルプ欄の下部にあるその他の法的な問題を報告と書かれている所があるのでそこをクリックします。クリックをしたら他の法律上の問題を報告すると書かれたところへアクセスします。

そこから削除申請を送るために申立人の情報屋違法と考えのコンテンツ、署名を詳しく書いて送ります。後はサジェストが削除されるのを待つだけですが。申請をしたからと言って必ず削除されるわけではないので注意をしてください。

Google側の規定によりあくまでも名誉棄損とプライバシーの侵害がある場合です。もっと簡単に言うと私生活のことを晒されたり自分に対する悪評を書かれた場合となります。

消したいから削除するというのは出来ませんので、申請する前に申請するサジェストが規定に当てはまっているか確認して下さい。当てはまっている場合は削除申請を送ることできちんと消してもらえます。

万が一申請を拒否された場合でもネット風評被害対策業者や弁護士に相談することで消してもらえる場合もあります。

Googleのサジェストの削除は何処に申請する?

Googleのサジェストとして表示されるキーワードがGoogleが定めるオートポリシーや法律に違反する場合、申請を行うことでそのサジェストを削除してもらえる場合があります。

なお、その際にはまずGoogleの公式サイトの「Legalヘルプ」内の「Googleの法的削除申請の窓口」に用意されている「法律に基づく削除に関するほかの問題を報告する」というページにアクセスする必要があります。

このページにアクセスしたら、氏名や会社名あるいは代理人の名前、メールアドレスを入力します。

次に、不適切と考えている検索候補や削除したいワードなどを入力し、最後にチェックボックスをオンにし署名をして送信すれば申請は完了です。

つまり、サジェストの削除申請についてはGoogleに対して個人でも行える仕様になっています。その後、約1か月ほど経つと削除するかしないの回答メールが送られてくることになります。

要するに、この申請をしたからと言って必ずしも削除してもらえるわけではありません。この点には注意が必要ですが、この方法であれば誰でも簡単に個人で削除申請を行えます。

問題のあるサジェストを見かけたときにはまずはトライしてみると良いかもしれません。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Googleのサジェストは地域と言語で表示内容が異なる仕組み?

Googleのサジェストは、ユーザーが利用している端末の場所や設定されている言語ロケールにより地域と言語が設定され表示が異なる仕組みです。例えばアメリカに居る時に「カフェ」で検索しようとすると、サジェストに「カフェカイラ」や「カフェモーリーズ」などアメリカで人気のお店が表示され、日本で同じく検索すれば「カフェホワイト」や「カフェブルー」などよく使われているお店の名称が表示されます。スマートフォンやタブレットなどGPSを内蔵している場合は位置情報が取得され、光ファイバーなどの固定回線を利用している場合はIPアドレスから地域を取得するほか、言語は利用しているOSの言語ロケールが自動検出されます。

サジェスト対策を行って名誉毀損で訴えられることはあるの?

サジェスト対策が原因で、名誉毀損で訴えられるリスクはあるのでしょうか。結論としては名誉毀損で個人から裁判を起こされるリスクは充分考えられます。いわゆる一般的なキーワードをサジェスト対策で表示させるだけでは、リスクはありませんが特定の個人名に関連させて、誹謗中傷に繋がる語句を表示させたら危険性は大です。実際に自分の名前を打ったところ、検索サイトのサジェストに名誉毀損に繋がる語彙が表示された、と訴える行動を起こした方がいており、裁判の結果としては風評被害が認められました。

サジェストの順位はどんな基準で上位になる?上位に居続ける方法は?

検索されたキーワードの数が多くなれば、それだけサジェストで上位になります。また地域によっても異なり、その地域で多くのキーワードが検索されることで順位も変わってきます。基準は検索履歴で変わると考えてください。上位に居続ける方法は、どれだけユーザーから関心を持たれ、検索されているのかで変化していきます。この基準はその時の流行やユーザーの支持によって変わってきますので、なかなか恣意的に調整するのは難しいです。

カラフルな円

サジェストの検索ボリュームの順位を上げる方法や下げる方法は?

サジェストは検索ワードに関連するキーワードを表示してくれる、ユーザーにとっては非常に便利な機能です。表示されるキーワードの順位を上げることができれば、意図した検索をしてもらえる可能性が高くなります。サジェストの検索ボリュームの順位を上げる方法としては、サジェスト対策サービスを利用する方法があります。反対に下げる方法としても同様のサービスを利用すれば良いのです。検索ボリュームの順位を下げるメリットは、ネガティブなキーワードを目立たなくさせる効果があります。

キーワードの積み木

サジェスト対策で意図したキーワードを表示させる事は可能?

サジェストとは、検索したワードに関連が高いキーワードを自動で予測し、表示する機能のことです。この機能で表示されることにより、多くのユーザーが検索する可能性が高まります。サジェストで抽出されるにはいくつかの条件があります。しかし、意図したキーワードを表示させることは簡単ではありません。そこで、サジェスト対策のサービスを利用し、意図したキーワードを表示させることができます。このような表示が操作できるとは驚きのサービスだと思いませんか?