サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

Yahooのサジェストの仕組みは?サジェスト対策は簡単に行える?

投稿日:

Yahooのサジェストの仕組みは、使用されているブラウザのクッキー履歴を読み取るだけなのでとても単純な仕組みであるといえます。

このサジェストは設定を変更しない限り、勝手にクッキー情報をYahooに送信しているのでこれまで閲覧してきたWebキーワードに見合った広告を表示させます。

対策をおこなう方法は簡単で、Yahooトップページの下部にある「プライバシー」をクリックして、サジェストの無効にすると選択すると以降は情報取得の信号が送られてきません。

Yahooのサジェストの仕組みとは?

Yahoo!のアイコン

Yahooのサジェストの基本的な仕組みは、検索エンジンに入力した文字列に関連のあるキーワードが「検索回数」に応じて表示されていると考えられています。

考えられていると表現したのは、Yahooが正式にその仕組みを発表しているわけではないことに由来します。しかし、統計データの分析に基づくとそのアルゴリズムはまず間違いなく検索回数により決定されているようです。

また、そのキーワードの更新頻度は1日に1、2回とも言われています。ただし、すべての文字列に対して必ずサジェストが表示されるわけではない点には注意が必要です。

そのため、あるキーワードに対するサジェストの状態を知りたいという人は毎日チェックすることが必要です。なお、このサジェスト機能にはスパムフィルタなるものが仕込まれていると言われています。

これは、意図的にサジェストが操作されることを防ぐために設けられた仕組みです。検索回数が不自然な増加挙動を示したワードを察知すると、そのキーワードは削除されることがあるようです。

あくまでサジェストは自然な候補を表示することでユーザーが欲しい情報を得やすくすることをサポートすることを目的としているため、意図的にその内容をいじろうとする行為はやめましょう。

Yahooのサジェスト対策は簡単に出来る?

近年インターネットを利用する方が大幅に増えたことにより、何か調べ物をする際に検索エンジンを活用する方が多くなっています。

日本国内で特に人気の高い検索エンジンはYahooやgoogleだとされており、検索ボックスに気になる語句を入れると、サジェスト機能と呼ばれる関連深い語句を予測して表示する機能が働きます。

近年このサジェスト機能を活用して、多くの人に会社名やブランド名を表示させるサジェストマーケティングが注目が集まっています。

このサジェストマーケティング機能を利用すると、検索ワードの関連ワードや予測候補を設定と操作することで、ユーザーからの注目度を上げて検索の第一選択肢になることができる効果があります。

サジェストマーケティングを行っている専門業者に依頼することによって、関連キーワードを検索した人からのアクセスアップや、ブランディングの確立、アピール性をアップさせる効果を期待することが可能です。

同じような対策として利用されているのがリスティング対策やSEO対策がありますが、サジェスト対策はこれらと比較しても競合が少なく、手間や時間がかからないといった高い成功率が特徴となるメリットを持っています。

Yahooのサジェストの削除は自分で出来る?

Yahooのサジェスト削除はツールを使用することによって行うことが可能です。例えば、サジェストの下位に表示されているキーワードを複数のボットを使用してクリックしていくことで、間接的に削除することができるようになります。

一方で、個人で行うことができるサジェスト対策には限界があります。例えば、既に事件がテレビなどのマスメディアで報道されている状況下であれば個人でサジェスト対策を行ったとしてもほとんど効果が得られないことが多いです。

Yahooの場合は、Yahooニュースに表示されている内容であれば、更にサジェスト対策が難しくなってしまうことがあるでしょう。

このように個人で行うことができる対策には限りがあるので、可能であれば、弁護士や企業を経由してサジェスト対策を行っておく方法が無難です。

この方法はお金がかかってしまいますが、弁護士の場合は法的手続きを経由して検索エンジンのサービスを提供している企業に問い合わせできるようになっているので確実ですし、企業の場合は特殊なツールを使用してサジェスト対策を行っているので安心できます。

どちらもお金がかかってしまうデメリットはありますが、確実に削除したい場合にはおすすめです。

Yahooのサジェストの削除は何処に申請する?

サジェストとは自分が調べたいキーワードを入力した際に、他のユーザーが多く検索しているキーワードも一緒に候補として表示する機能です。

SEO対策としてもサジェスト機能はとても重要なものとなっています。しかし、企業名や個人名と一緒に不利益を被りかねないネガティブなキーワードが、Yahooによってサジェストされてしまうケースもあります。

個人の場合は犯罪歴や住所などの個人情報の漏洩等、企業の場合は「倒産」や「詐欺」など事実の有無に関わらず、企業の価値が落とされかねないネガティブなキーワードが挙げられます。

このことをサジェスト汚染といいますが、Yahooに申請することでサジェストの削除を依頼することも可能になっています。しかしながら、どんなネガティブなサジェストでも思い通りに削除してもらえるわけではありません。

基本的には個人情報の漏洩や名誉が著しく毀損されている場合など特殊なケースに限られます。GoogleやYahooは独自の削除基準を持っているため、こちらが削除申請しても削除に応じないケースは少なくありません。

しかし、ネガティブなサジェストを放置したままでいることにリスクを感じる場合は、積極的に削除申請した方が良いでしょう。

Yahooの場合は、Yahoo検索のヘルプページから「検索結果に関する情報提供フォーム」へアクセスし、必要事項を記入して送信することで削除申請手続きが完了します。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Googleのサジェストの仕組みは?サジェスト対策は簡単に行える?

Googleのサジェストの仕組みは、一般ユーザーが検索時に入力した用語が登録されていくものです。特定の用語が検索された回数と頻度によってサジェストは決まります。対策は比較的簡単であり、一定期間の間に関連付けたいキーワードやフレーズを高頻度、検索すればOKです。ただしGoogleは露骨なサジェスト対策は弾く仕様になっているようで、素人が大量に一定期間、ネット検索をしても迷惑行為とみなされる恐れがあります。専門家でなければGoogleの対策は難しいのが実態です。

サジェスト対策を行って名誉毀損で訴えられることはあるの?

サジェスト対策が原因で、名誉毀損で訴えられるリスクはあるのでしょうか。結論としては名誉毀損で個人から裁判を起こされるリスクは充分考えられます。いわゆる一般的なキーワードをサジェスト対策で表示させるだけでは、リスクはありませんが特定の個人名に関連させて、誹謗中傷に繋がる語句を表示させたら危険性は大です。実際に自分の名前を打ったところ、検索サイトのサジェストに名誉毀損に繋がる語彙が表示された、と訴える行動を起こした方がいており、裁判の結果としては風評被害が認められました。

後ろを向いた男性

サジェストがもたらす風評被害とは?ネットを甘く見るとヤバい?

特定の個人名や企業名を入れると関連するサジェストのキーワードが自然と並びます。大手ネット検索サイトのサジェストは非常に精度が高く、商品やサービスを検索するユーザーはそれを大いに信頼します。自社や自分の名前をネット検索したところ、サジェスト結果に心当たりがないネガティブな噂や根も葉もないデマの用語が表示されたら大変です。風評被害を放置すると、その結果がいつの間にかネットの世界で「真実」になりかねません。大手サイトは信用力があり、対策を放置すると一般ユーザーの間で、デマや噂が真実の情報として解釈され、自社を避ける動きやSNSでバッシングする運動が起き始めます。

サジェストとはどういった機能?選ばれる基準は誰が判断している?

サジェストとは、検索サイトで導入される機能です。キーワードを一つ入れると、その語句に関連した用語が自動的に表示されます。選ばれる基準ですが、いわゆるロボットが自動的に判断して決定しているのです。大手検索サイトのスタッフが人為的にキーワードを抽出しているわけではなく、一般ユーザーが頻繁に検索した語句が選ばれる基準となっています。一種の流行語のようなものであり、機械的に統計的に集計されたものなのでサジェストの結果は、なかなか信頼性が高いのです。

サジェスト削除は申請しないと出来ない?何処に申請を出せばいいの?

検索エンジンやネットモールの検索欄に、検索キーワードを入力したときにサジェストとして表示される関連キーワードがネガティブな言葉であったとき、検索エンジンやネットモールの運営会社に申請をすることで削除してもらうことができます。自分でも申請はできますが、サジェスト削除をするにあたって、正当な理由でなければ対応してもらえない可能性があります。法的な根拠も交えて申請手続きするときには、弁護士に依頼して代わりに手続きをしてもらう方法もあります。専門の業者に任せるという方法もありますが、どれだけの効果があるかははっきりしません。なかには料金だけ取って逃げてしまう業者もいるので気をつけましょう。