サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェストが表示されない時の対処法は何かある?高度な知識が必要?

投稿日:2019年6月18日 更新日:

バージョン7.11.1になってから、サジェストが正常に表示されない不具合が相次いでいます。この表示されない時の対処法には、高度な知識は一切必要がないのでどなたでも対処することが可能です。

その方法とは、LINEのクッキーを削除することで簡単に表示させられます。クッキーの削除はスマートフォンの設定項目にあるアプリを選択します。

その中からLINEを選ぶと、「クッキーの削除」というメニューがあるのでタップをするだけで完了です。

サジェストが表示されない時の対処法は?

検索窓

Googleなどの検索エンジンでサジェストが表示されない場合の対処法は、まずはSNSを活用してPVを集めることが重要になります。

ブログやサイト開発などは多数の運営者が存在しており、その影響で簡単にサジェストに表示されることが少なくなっているのです。この問題を早期に解決するためには、何よりもSNSを活用してPVを集めることにあります。

PVを集めることができればGoogleなどの検索エンジンのサジェストに表示されるようになり、結果的に更にPVを集めることができるようになるでしょう。

それから、サジェストに表示されるように、Googleキーワードプランナーを活用していく方法が有効です。

利用者が何を検索して自社サイトにアクセスしたのかを客観的に知ることができれば、収益の確保に貢献できるようになりますし、さらなるPVの確保も実現できるようになるでしょう。

グーグルトレンドを活用する方法も有効です。検索エンジンの利用者が検索しやすいキーワードを調べることによって、それらを中心としてブログやサイトを運営することができるようになります。

ただし、これらのツールの活用はGoogleの検索エンジンに基づいているので注意しましょう。

サジェストが表示されない時の対処法は高度な知識がいる?

サジェストが表示されない場合の対処法には、高度な知識は必要はありません。必要なのはサジェストボリュームや自分のサイトの検索順位になります。

まずはGoogleキーワードプランナーなどを使用して、自分のサイトを閲覧したユーザーが検索したキーワードを纏めてみることから始めてみましょう。

PV数の多い記事は特定のキーワードによって検索されていることが多く、そのキーワードについて悩んでいるユーザーが多いことを意味しています。

そこで、そのユーザーの悩みを解決できるようにするためにも、Googleキーワードプランナーに表示されているキーワードに特化したサイトを開発していけばいいのです。

それから、サジェストボリュームについても調べたほうが良いでしょう。特定のキーワードで検索しているユーザー数を知ることができるので、ボリュームが多いキーワードで上位に表示されれば、PVの向上は間違いないのです。

これらのサジェスト対策を徹底して、PVを向上していけば確実にサジェストが表示されるようになり、さらなるPVの向上や収益の拡大化、固定客の確保に回遊率の上昇などが期待できます。

サジェスト対策は特別な知識は不要で、ひたすらコンテンツの充実に専念することが重要です。

サジェストは誰が考えた?

サジェストはGoogleが考案した、検索エンジンを利用して効率よくユーザーが目的のページに到達できるように誘導するサービスの一つです。

サジェストがあるおかげで、Google検索を行う際に、本来であれば表示されるはずのないサイトが表示されやすくなります。

例えば、特定の商品の詳細が知りたい時に、単純にその商品に関連した別の商品だけでなく、開発や製造を行っている企業などもセットでサジェストで表示されるのです。

こうすることでユーザーが情報を調べやすくなるだけでなく、目的の情報を手に入れることができるようになります。ただし、サジェストは表示されないこともあります。

検索するユーザーが限られており、メジャーな単語ではない場合は、サジェストが表示されないこともあるのです。この場合は、積極的にビッグワードと組み合わせて検索でヒットしやすくすることが良いでしょう。

複数のビッグワードと組み合わせることができれば、サジェストに表示される可能性も高くなります。

ただし、サジェスト対策を行ったとしても、スパムであると検索エンジン側に判断された場合は、検索の順位を下げられてしまう可能性があるので、十分注意して行うことが重要です。

YahooとGoogleのサジェストの違いは?

YahooとGoogleのサジェストはよく似た機能に見えますが、実際には大きな違いがあります。

具体的な違いとしては、Yahooについては実際に検索エンジンで検索された実績に基づき関連したキーワードが表示される一方、Googleについては単なる入力候補が表示されているに過ぎません。

つまり、Googleのサジェストは検索ボリュームに基づいたキーワードが表示されないという大きな特徴があります。それゆえに、この2つはユーザーから見ると非常に似たサービスに見えるもののその意味合いは大きく異なっていると言えます。

なお、どちらのサジェストについても検索ツール利用時にネガティブな言葉が関連付けられてしまった場合、依頼を出せば削除してもらえることが多いです。

しかし、Yahooの方については実際にそのキーワードを関連付けて検索されていることが多いというとを意味します。

つまり、そのような状況に陥った時にはその検索結果を踏まえて匿名の掲示板などに到着する道筋がすでに存在している可能性が高い点には注意が必要です。

そのため、関連キーワードにあたるサジェストの削除依頼を出すだけでなく、逆SEOを行ったり掲示板やSNSなどに削除依頼を出すなどを合わせて行う必要があります。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SEOの積み木

サジェストマーケティングって何?SEO対策に関係している?

サジェストマーケティング活動とは、文字通りネット検索サイトのサジェスト表示を活用した宣伝活動の事です。一般的なキーワードをユーザーが入力したところ、自社に関係するフレーズや語句が出るようになれば、それだけでSEO対策と同じようなアクセス数のアップ効果が得られます。関係するキーワードが自然と出るように操作するのがポイントです。サジェストマーケティング活動の利点は宣伝に見えないところであり、ユーザーの方が無意識的にアクセスしてくれます。

崩れるドミノ

サジェスト対策をする事によって考えられるデメリットは何がある?

Googleを使用してキーワード検索する際、入力途中で候補の一覧が表示されます。これをサジェストと言います。この表示はアルゴリズムで自動的に行い、内容は世間で注目を浴びている事柄に左右されます。本来検索したい人の意思とは違った内容が表示されることもあり、少なからず悪影響も懸念されます。また企業の場合はこのサジェスト機能で悪いイメージの言葉が緋も付くと、それが拡散されて後々問題になり兼ねません。そこでサジェスト対策としてデータ削除などの対策が必要になりますが、費用がかかるという問題もあります。しかし誹謗中傷や機会損失を考えると、デメリットよりもメリットの方が大きいので対応をしておくのが懸命です。

サジェストを消す方法は高度な対策が必要?資格が無くても出来る?

サジェストを消す方法として、資格は必要ありませんが高度な対策をしなければなりません。拒否されたときに再申請に応じる可能性は低いので、1回目で成功させるのが重要です。まず、事実に反している内容で名誉棄損などになる場合、法的な根拠を明確にして申請すれば削除されることがあります。これは法律の知識があった方が良いので、弁護士などに相談しましょう。サジェストの仕組みを理解して、他のワードの検索結果が上位になるように対策して非表示にすることも可能です。また、検索結果が表示されても問題のない記事が表示されるようにする対策もあります。

サジェスト削除の申請は(株)メディアエクシードに依頼すると良い?

(株)メディアエクシードはWeb制作やSEO対策、誹謗中傷対策などを行う企業で、大手検索サイト上のサジェスト削除や押し下げに関する豊富な実績がある上に費用も安いことが魅力です。サジェスト対策をするとアクセスアップやブランディングの確立が得られることに加え、安心感やユーザーからの信頼感も得ることができますので、サジェスト汚染被害に悩んでいる場合は、(株)メディアエクシードに依頼した方が良いと言えるでしょう。

サジェストは怖い機能?自分が風評被害の当事者になる可能性もある?

検索エンジンを使って検索をかけると、何気なく下の方にサジェストとして関連キーワードが出現します。ユーザーが多く検索した言葉が表示される仕組みになっています。例えば、個人名で検索した場合、犯罪者と同じ名前だったりする方は風評被害が怖いものです。検索した人の勘違いにより、事件の当事者だと思われる可能性もあるのです。企業名の場合でもそのような被害があるようです。私たちは、情報を適切に読み取る力を身につけなくてはいけません。