サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェストを消す方法は高度な対策が必要?資格が無くても出来る?

投稿日:2019年6月18日 更新日:

サジェストを消す方法として、資格は必要ありませんが高度な対策をしなければなりません。拒否されたときに再申請に応じる可能性は低いので、1回目で成功させるのが重要です。

まず、事実に反している内容で名誉棄損などになる場合、法的な根拠を明確にして申請すれば削除されることがあります。これは法律の知識があった方が良いので、弁護士などに相談しましょう。

サジェストの仕組みを理解して、他のワードの検索結果が上位になるように対策して非表示にすることも可能です。また、検索結果が表示されても問題のない記事が表示されるようにする対策もあります。

サジェストは良い効果をもたらすだけじゃない?

掃除道具

サジェストは、検索を行う際に入力したキーワードに付随した候補を表示させることで、知りたい情報をよりスムーズに探し出すサポートをしてくれる便利な機能です。多くの方が実際にその恩恵を日々受けていることでしょう。

しかし、ユーザーの検索をサポートしてくれる素晴らしい機能ではありますが、良い効果だけをもたらす存在ではない点には注意が必要です。

これは、サジェストとして表示されるキーワードにネガティブな言葉が含まれる可能性がある点に由来します。このようなイメージの悪い言葉でサジェストが埋め尽くされてしまうことを「サジェスト汚染」と呼びます。

そしてその被害にあってしまったキーワードは、当然ブランディングが損なわれます。なお、その被害は企業だけでなく個人が対象となった事例も多く存在します。

そして、検索者がその企業や個人について何も知らなかった場合その汚染されたサジェストの内容を真実と信じてしまう危険性があります。そのため、サジェストは削除申請を行える仕様に基本的になっています。

消す方法は個人で行えるものもあるので、もし所属企業やご自身のサジェストが汚染されたときにはしかるべき処置を行うことをおすすめします。

サジェストを削除するには高度な対策が必要?

情報収集のため、毎日ネット検索を活用する人々がこの頃、とても増えてきました。サジェストはネット検索サイトを使うと自然と目に入るもので、調べ物をする際、大勢の利用者がその補助を受けてリサーチしています。

本来は検索作業をアシストし、ユーザーの情報収集をスピードアップさせる機能です。

しかし、サジェストは機械的なアルゴリズムによって処理される仕様になっており、いわゆる新聞記事やテレビのニュースとは違い、人間が事実確認をしてから登録されるものではありません。

そのためサジェストに全く事実ではない単語が出たり、特定の組織や個人を誹謗中傷する語句が突然表示される事が頻繁に発生します。

サジェストを消す方法ですが、運営元に相談し、削除してもらえるのが理想的な流れです。ただ検索サイトはサジェスト削除に応じない事も多く、その場合は弁護士やIT関連の専門会社に相談しなければなりません。

現実問題としてサジェスト削除には高度な対策が必要であり、ネットの事情に詳しい弁護士やサジェスト対策を専門に請け負うIT企業に、消す方法を問い合わせた方がスムーズに、ネガティブな情報を削除できます。

費用は掛かりますが、ネガティブな情報は風評被害を誘発する危険なものなので、リスクマネジメントの一環として一刻も早く対応した方が、結果的に得です。

サジェストの削除は何か資格がいる?

サジェストの削除には別に特別な資格が必要なわけではありませんが、ユーザーの立場で直接消す方法は普通はありません。

あくまでも検索エンジンを運営しているサイトに依頼を出して削除してもらうことになります。

どうしてサジェストを消したいと思うようなことがあるのか気になるかもしれませんが、これはいわれのない悪評がたっていると思われる際の手段の一つです。

例えば、真っ当な仕事をしている会社があったとします。

その会社の名前を検索ウインドウに入力すると、なぜかサジェストとしてブラック、パワハラ、下請けいじめなどといったマイナスの意味を持つ候補ばかりが表示されるということがあったとしましょう。

もちろん心当たりがあればそれは仕方のないことですが、何の根拠もないところから突然風評が広まりかねないのがネットの世界ですから、こういう事例も現実にあります。

こんな場合、別にやましいことがないのであれば正々堂々としていれば良いではないか、サジェストに罪はないだろうと言うのは簡単ですが、実際問題として受ける風評被害は決して無視できないことがあります。

ですから、サジェストを消したいと思うのは当然で、検索エンジンを運営しているサイトに申し出ることができるようになっています。

サジェストは簡単に出せる?

サジェストは、誰でも簡単に出すことができます。特定のキーワードについて詳しく説明していくだけで、サジェストの上位に表示されるのです。

例えば、人名に関するデータが必要であれば、その人名について詳しく説明した内容を掲載していけばいいのです。こうすることによってサジェストの上位に表示されるようになり、PVが向上していきます。

そのため、誰でもこの機能を悪用して個人の悪評を広めることが簡単にできてしまうのです。

サジェストを消す方法は、難しく、法的手段によって解決するか、あるいは検索エンジンの管理会社に連絡して手続きを行うか、業者に依頼する方法の3つがあります。

この方法の中でも一番確実な方法は、弁護士事務所を利用して法的手段に基づいて、検索エンジンの管理会社に問い合わせを行うことです。

特に個人の名誉に関わる内容であれば、具体的な実害が出ていれば確実にサジェストを削除することが可能です。業者に依頼する方法は、一時的ではありますが風評被害を低減できます。

サジェストは簡単に出せる反面、このようなデメリットなども抱えているので、安易に検索エンジンの最適化を行ったりサジェスト対策を行ったりしないようにしましょう。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Googleのサジェストの仕組みは?サジェスト対策は簡単に行える?

Googleのサジェストの仕組みは、一般ユーザーが検索時に入力した用語が登録されていくものです。特定の用語が検索された回数と頻度によってサジェストは決まります。対策は比較的簡単であり、一定期間の間に関連付けたいキーワードやフレーズを高頻度、検索すればOKです。ただしGoogleは露骨なサジェスト対策は弾く仕様になっているようで、素人が大量に一定期間、ネット検索をしても迷惑行為とみなされる恐れがあります。専門家でなければGoogleの対策は難しいのが実態です。

Googleのサジェストは地域と言語で表示内容が異なる仕組み?

Googleのサジェストは、ユーザーが利用している端末の場所や設定されている言語ロケールにより地域と言語が設定され表示が異なる仕組みです。例えばアメリカに居る時に「カフェ」で検索しようとすると、サジェストに「カフェカイラ」や「カフェモーリーズ」などアメリカで人気のお店が表示され、日本で同じく検索すれば「カフェホワイト」や「カフェブルー」などよく使われているお店の名称が表示されます。スマートフォンやタブレットなどGPSを内蔵している場合は位置情報が取得され、光ファイバーなどの固定回線を利用している場合はIPアドレスから地域を取得するほか、言語は利用しているOSの言語ロケールが自動検出されます。

Yahooのサジェストの仕組みは?サジェスト対策は簡単に行える?

Yahooのサジェストの仕組みは、使用されているブラウザのクッキー履歴を読み取るだけなのでとても単純な仕組みであるといえます。このサジェストは設定を変更しない限り、勝手にクッキー情報をYahooに送信しているのでこれまで閲覧してきたWebキーワードに見合った広告を表示させます。対策をおこなう方法は簡単で、Yahooトップページの下部にある「プライバシー」をクリックして、サジェストの無効にすると選択すると以降は情報取得の信号が送られてきません。

サジェストとはどういった機能?選ばれる基準は誰が判断している?

サジェストとは、検索サイトで導入される機能です。キーワードを一つ入れると、その語句に関連した用語が自動的に表示されます。選ばれる基準ですが、いわゆるロボットが自動的に判断して決定しているのです。大手検索サイトのスタッフが人為的にキーワードを抽出しているわけではなく、一般ユーザーが頻繁に検索した語句が選ばれる基準となっています。一種の流行語のようなものであり、機械的に統計的に集計されたものなのでサジェストの結果は、なかなか信頼性が高いのです。

サジェスト対策の仕組みとは?サジェスト対策ってそもそも何?

サジェストとはグーグル等検索機能で、あるキーワードを入力した時表示される候補一覧ですが、これが特定の人物にとって不利益を被るものである場合があります。過去の事件等で不起訴になったにもかかわらず、いつまでもインターネット上での検索に表示される等で心身共に苦しい状況におかれる等です。良からぬ風評が独り歩きをすることで社会生活に影響が生じる等看過できない問題もあり、サジェスト対策はこのような被害をなくすため、本人の希望等によりそのようなキーワードを削除する等の方法をとることをいい、その仕組みは、本人の希望の他、社会に大きな影響があると認められた場合には管理者の権限で削除することもあります。