サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェスト対策で誹謗中傷は防げる?依頼するなら業者?弁護士?

投稿日:2019年6月18日 更新日:

大手検索サイトのサジェストに、自社に関するデマや事実無根の誹謗中傷が掲載されていたら一大事です。

ネガティブな情報が表示されたら、サジェスト対策を検討しましょう。メディアエクシードは費用が安いサジェスト対策サービスです。

業者に頼む方が費用的に良いですし、確実にネガティブな情報を一般消費者の目から消せるので効果的です。最近の一般消費者はネット検索で商品やサービスの情報を検索します。

そこに変な情報やデマが掲載されていたら、大きな風評被害となります。

誹謗中傷とは具体的にどんな意味?

パソコンを触るを殴ろうとしている男性

誹謗中傷はしばしば耳にする四文字熟語です。実は正式な四文字熟語ではなく、誹謗と中傷という元々存在していた熟語がいつの間にか、組み合わせて表現されるようになったものです。

日本は民主主義国家であり、国民は表現の自由を自然と持っています。そのためテレビや新聞、そしてSNSでは権力や企業、特定の政治家に対しての「批判」が自由に行えます。

権力に忖度しない姿勢、それが民主主義国家の存続と発展には不可欠です。ただ批判と誹謗中傷はしばしば混同されますが、似て非なるものとなります。批判は事実に基づいた論理的な意見です。

一方で誹謗中傷は事実に基づかない、偏見から導き出されたデマや単なる悪口を指します。批判の自由は大事ですが、誹謗中傷を自由に行う権利はありません。

サジェスト結果に特定の個人や企業を、誹謗中傷する単語や語彙が時々表示され、近年はそれが深刻な名誉毀損や風評被害の原因となっているのです。

サジェスト対策はSEO対策のように、順位をあげて集客効果を狙うだけではありません。サジェスト対策によって名誉毀損や風評被害のリスクマネジメントが可能です。

今現在、大勢のネットユーザーが常日頃から、ネット検索でお店や個人の情報を集めており、自然と表示されるサジェスト結果は無意識的に不特定多数の人々にみられ、意思決定に影響を与えます。

サジェスト対策で誹謗中傷は防げれる?

サジェスト対策は企業や企業が扱っている商品やサービスのサジェスト結果を、ポジティブなものにすることで広告宣伝効果を得るものです。そのため直接的に誹謗中傷を防ぐことは出来ません。

ただインターネットの世界においてグーグルなどの検索エンジンに表示されないサイトは、直接サイトのアドレスを入力して移動する必要があるため、検索に表示されなければ存在しないも同然です。

インターネット上で発生するいわゆる炎上事件は、他人の誹謗中傷を見た人がそれに便乗することで拡大していきます。

サジェスト対策を行えばこうした火種となる誹謗中傷を、他の人が検索した際に見る可能性を減らせることができるので、間接的な形で誹謗中傷を防ぐことは可能です。

検索エンジンのサジェストで表示されるキーワードが、ポジティブな内容のものであるか、ネガティブな内容なものであるかは、企業のブランド価値や商品やサービスの売上に大きく影響します。

もし過去の炎上事件などで自社のサジェストがネガティブなものに汚染されていたら、可能な限りスピーディーにサジェスト対策を行い企業イメージの回復をはかることが大切です。

サジェスト対策は開始から早ければ1週間程度でその効果を得られます。

誹謗中傷のサジェスト対策を依頼するなら弁護士?

サジェスト対策を実施するには専門の業者に依頼するのが一番ですが、誹謗中傷の内容によっては弁護士や司法書士など法律の専門家に相談してから削除などの対策依頼を出すべきだとされています。

誹謗中傷の内容がまったく事実無根である場合や、誹謗中傷のせいで生活面や金銭面で不利益が生じるようなら、そのサジェストで提示されるブログやホームページへの記事削除までを含めて対策を講じなければいけないからです。

どこからどこまでが誹謗中傷に当たるのかは、素人が判断するのは難しいですしIPなどの情報開示をプロバイダに申請するにしても弁護士を介して申請を出したほうが、情報の保持などがスムーズにいく場合が多くなっています。

個人で対処できそうにないときには、まずは無料で相談に乗ってくれるような弁護士に話を聞いてもらうことから初めてみるといいでしょう。

逆に風評被害や誹謗中傷ではなく、自身が何らかの悪事やネット上で炎上するような行いをしてしまった場合でも、サジェスト対策やまとめブログ、動画投稿サイトへの削除依頼の仲介を弁護士にお願いすることが可能です。

炎上の原因になるような失敗をした際にも、弁護士に相談してみるといいでしょう。

誹謗中傷のサジェスト対策を依頼するなら業者?

ネット上で誹謗中傷の被害を受けるケースが、近年頻発しています。SNSのアカウントを取得していたり、動画サイトで作品を公開していたり、趣味のブログやホームページを開いていると誹謗中傷に見舞われる可能性があります。

特定の個人から誹謗中傷を繰り返し受けている場合は、その人物が利用するプロバイダに相談しましょう。

明らかに迷惑行為と認定されるレベルであれば、プロバイダが誹謗中傷を繰り返す人物に対して警告、ネット回線の利用停止などの重たいペナルティを課してくれます。

一方で大手検索サイトのサジェスト結果に誹謗中傷のフレーズやキーワードが出る場合は、サジェスト対策を専門に行う専門会社に相談した方が正解です。サジェスト結果は特定の個人や運営元の企業が、恣意的に出す情報ではありません。

そのため相談先が具体的になく、また問い合わせても積極的な改善策が講じられにくいのです。サジェスト対策の専門会社に相談すれば、誹謗中傷のフレーズやキーワードが表示されなくなります。

自分の名前や経営するECサイトや実際のお店名の後に「犯罪」「危険」や「詐欺」や「ブラック企業」などの誹謗中傷の語彙が毎日出れば、ビジネスに大きな悪影響が出るのは必至、迅速なサジェスト対策が求められます。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サジェストの順位はどんな基準で上位になる?上位に居続ける方法は?

検索されたキーワードの数が多くなれば、それだけサジェストで上位になります。また地域によっても異なり、その地域で多くのキーワードが検索されることで順位も変わってきます。基準は検索履歴で変わると考えてください。上位に居続ける方法は、どれだけユーザーから関心を持たれ、検索されているのかで変化していきます。この基準はその時の流行やユーザーの支持によって変わってきますので、なかなか恣意的に調整するのは難しいです。

サジェスト対策で知名度拡大やアクセスアップに繋がるって本当?

何か情報を探す時に検索エンジンを利用されるという方が殆どでしょうが、その際に文字を途中まで打つと、候補を表示してくれる機能が働きます。これをサジェストと言います。皆が検索をしていると感じたら、とりあえずクリックを押してしまう人が多いのです。このサジェスト対策を行う事で、知名度拡大やアクセスアップに繋がるのです。集客力をアップさせたいと考えておられる方にはメリットばかりの対策なのではないでしょうか。

Googleのサジェストは地域と言語で表示内容が異なる仕組み?

Googleのサジェストは、ユーザーが利用している端末の場所や設定されている言語ロケールにより地域と言語が設定され表示が異なる仕組みです。例えばアメリカに居る時に「カフェ」で検索しようとすると、サジェストに「カフェカイラ」や「カフェモーリーズ」などアメリカで人気のお店が表示され、日本で同じく検索すれば「カフェホワイト」や「カフェブルー」などよく使われているお店の名称が表示されます。スマートフォンやタブレットなどGPSを内蔵している場合は位置情報が取得され、光ファイバーなどの固定回線を利用している場合はIPアドレスから地域を取得するほか、言語は利用しているOSの言語ロケールが自動検出されます。

サジェスト対策を行って名誉毀損で訴えられることはあるの?

サジェスト対策が原因で、名誉毀損で訴えられるリスクはあるのでしょうか。結論としては名誉毀損で個人から裁判を起こされるリスクは充分考えられます。いわゆる一般的なキーワードをサジェスト対策で表示させるだけでは、リスクはありませんが特定の個人名に関連させて、誹謗中傷に繋がる語句を表示させたら危険性は大です。実際に自分の名前を打ったところ、検索サイトのサジェストに名誉毀損に繋がる語彙が表示された、と訴える行動を起こした方がいており、裁判の結果としては風評被害が認められました。

SEOの積み木

サジェストマーケティングって何?SEO対策に関係している?

サジェストマーケティング活動とは、文字通りネット検索サイトのサジェスト表示を活用した宣伝活動の事です。一般的なキーワードをユーザーが入力したところ、自社に関係するフレーズや語句が出るようになれば、それだけでSEO対策と同じようなアクセス数のアップ効果が得られます。関係するキーワードが自然と出るように操作するのがポイントです。サジェストマーケティング活動の利点は宣伝に見えないところであり、ユーザーの方が無意識的にアクセスしてくれます。