サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェスト対策をする事によって考えられるデメリットは何がある?

投稿日:2019年6月18日 更新日:

Googleを使用してキーワード検索する際、入力途中で候補の一覧が表示されます。これをサジェストと言います。この表示はアルゴリズムで自動的に行い、内容は世間で注目を浴びている事柄に左右されます。

本来検索したい人の意思とは違った内容が表示されることもあり、少なからず悪影響も懸念されます。また企業の場合はこのサジェスト機能で悪いイメージの言葉が緋も付くと、それが拡散されて後々問題になり兼ねません。

そこでサジェスト対策としてデータ削除などの対策が必要になりますが、費用がかかるという問題もあります。

しかし誹謗中傷や機会損失を考えると、デメリットよりもメリットの方が大きいので対応をしておくのが懸命です。

サジェスト対策のデメリットはある?

キーボードをかじる男性

サジェスト対策はSEO対策を超えるマーケティング力があります。自社サイトへ効率的にユーザーを誘導出来ます。費用対効果が優れているのもサジェスト対策の利点で、対策を講じてから比較的スピーディに結果が出るのも特長です。

ネガティブな情報やデマや悪い噂をサジェスト対策でカットするのも大事な風評被害対策となります。一方でサジェスト対策には一定のデメリットがあります。

大手検索サイトでは、露骨なサジェスト対策を行う企業や個人に対して、ペナルティを課し始めているのです。巧みなネットマーケティング術と迷惑行為の境界線はあいまいであり、検索サイト側のさじ加減一つ、という実態があります。

そのため、対策を依頼する側は普通のネットマーケティング活動の一環と思っても、結果的にペナルティを突然一方的に受けるデメリットが潜んでいます。

またサジェスト対策を行う専門会社は近年増加傾向にあり、その多くが確かな集客対策を講じてくれますが、中にはあまり効果を実感出来ないサジェスト対策を行い、法外な費用を請求するサービスがあるのも事実です。

対策を初めて依頼する際は、そのデメリットを予め意識して実績豊富で、費用対効果が良い専門会社を割り出してから具体的な依頼をしましょう。

サジェスト対策でブランディングの確立をするとデメリットがある?

サジェスト対策でブランディングの確立をするデメリットは、特定のキーワードにのみ特化して知名度が高くなり、他の分野での知名度の確保が難しくなってしまう点があります。

例えば、特定の商品のサジェスト対策を徹底したとして、検索結果の上位に表示され、PVと収益を確保したとしても、その分野のブームが終焉を迎えてしまうと上位に表示された効果は低くなってしまうのです。

それだけでなく特定の分野に特化しすぎてしまうと、他の分野に参入しづらくなってしまうだけでなく、知名度が下がってしまうことがあるのです。

サジェスト対策をする際には、このような問題についても十分注意して行っていくことが重要になります。

他にも、サジェスト対策を企業や業者に依頼する場合は、効果が一時的でコンテンツの充実が行われていない状態なので、スパム行為を行ったと判断され検索順位の低下などのデメリットもあります。

安易にサジェスト対策を行った場合には、これらのデメリットによって損失が向上してしまう恐れがある点に注意しましょう。

スパムと判定されず、特定の分野に特化しすぎないようにするために、幅広いキーワードに対応させ確実にコンテンツの充実を考えていったほうが良いです。

サジェストに表示されることによってデメリットはある?

サジェストに表示されることによって起こりうるデメリットとしては、炎上事件や刑事事件などをまったく知らなかった方の目にまとめ記事やニュースサイトなどの情報が留まってしまうことです。

アニメのキャラクターやスポーツ選手などの名前を検索しようとしたときに、サジェストで実在する人物の名前が表示されて興味本位でクリックしたところ、個人が引き起こした炎上事件の詳細をたまたま知ってしまったなどという人物が現れるケースがあるのです。

珍しい苗字やニックネームを入力したところ、サジェストで記事やニュースをまとめられているほうからすると不利益な情報に、無関心な方が導かれてしまうといった重大なデメリットがあるということなのです。

サジェストに表示されることで何らかのデメリットを被っているようなら、サジェスト対策を検討すべきだと言えるでしょう。サジェスト対策を行えば個人名や炎上事件がまとめられたページへと、無関心の方が誘導される危険性が格段に減るからです。

サジェスト対策は依頼すればすぐに実行されるというものではありませんが、お金を支払えば基本的に誰でも依頼は出来るようになっていますので、依頼自体は簡単なのだとイメージしておいて構いません。

サジェスト対策を自分で行うと危険?

結論から言ってしまうと、サジェスト対策を自分で行うことによって逮捕されるといった意味での危険は、基本的に心配する必要はありません。

しかし十分な知識を持たない人がサジェスト対策を行うことに、まったくデメリットがないかといえばそれは違います。

サジェスト対策はインターネットが生活に密着したものとなった現代において、極めて大きな経済的利益を得られる広告宣伝戦略です。一方で消費者の視点から見ればサジェスト対策は必ずしもメリットだけを得られるわけではありません。

たとえば劣悪な商品やサービスを提供している企業のサジェストが、素晴らしい内容だと良質な商品やサービスを購入する機会を失う可能性があります。

こうした問題に対応するためグーグルなどは、サジェスト対策を行っていると思われるワードに対してペナルティを用意しています。

このペナルティはサジェスト対策に精通している専門の業者であれば、ペナルティの対象にとならない形でサジェスト対策を行えますが、十分な知識がないと逆にサジェスト結果が悪化してしまう危険性があるのです。

こうしたデメリットを避けたいのであれば、生半可な知識で自力対策しようとはせず、専門の業者に依頼した方がよいでしょう。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サジェストで自分の名前があった場合の対策法は?簡単に削除できる?

サジェストに自分の名前があった場合は、個人で削除するのは困難な場合もあります。サジェスト削除申請から申請し明らかにポリシーに違反している場合は対応してもらうことも可能ですが、ポリシーに抵触していなかった場合には申請理由について詳しく説明できなければ大半のケースで却下されるだけではなく、1度却下されると再申請しても既に回答している旨の返答しかされなくなってしまいます。そんな中で最も簡単で確実な対策法は、専門知識を持った弁護士に相談することです。法的根拠に基づいて削除申請を行ったり代行をしてもらうことも可能で、弁護士が介在することで真摯な対応をしてもらえるのも大きなメリットです。

キーワードの積み木

サジェスト対策で意図したキーワードを表示させる事は可能?

サジェストとは、検索したワードに関連が高いキーワードを自動で予測し、表示する機能のことです。この機能で表示されることにより、多くのユーザーが検索する可能性が高まります。サジェストで抽出されるにはいくつかの条件があります。しかし、意図したキーワードを表示させることは簡単ではありません。そこで、サジェスト対策のサービスを利用し、意図したキーワードを表示させることができます。このような表示が操作できるとは驚きのサービスだと思いませんか?

パソコンと世界

サジェストを出す方法はアルゴリズムとキーワードが大事な鍵?

検索したいワードに関連した検索候補であるサジェストは、ユーザーにとってとても便利なものです。サジェストとして表示されるキーワードを出す方法はアルゴリズムにより決まります。アルゴリズムでは、実際に検索されたキーワードや検索履歴などが利用されます。また、話題や人気があるものも選ばれるようになっています。サジェストに表示されるキーワードが意図したものになるかどうかは、いかにアルゴリズムが上位と判断する条件を満たすことが鍵になります。

後ろを向いた男性

サジェストがもたらす風評被害とは?ネットを甘く見るとヤバい?

特定の個人名や企業名を入れると関連するサジェストのキーワードが自然と並びます。大手ネット検索サイトのサジェストは非常に精度が高く、商品やサービスを検索するユーザーはそれを大いに信頼します。自社や自分の名前をネット検索したところ、サジェスト結果に心当たりがないネガティブな噂や根も葉もないデマの用語が表示されたら大変です。風評被害を放置すると、その結果がいつの間にかネットの世界で「真実」になりかねません。大手サイトは信用力があり、対策を放置すると一般ユーザーの間で、デマや噂が真実の情報として解釈され、自社を避ける動きやSNSでバッシングする運動が起き始めます。

SEOの積み木

サジェストマーケティングって何?SEO対策に関係している?

サジェストマーケティング活動とは、文字通りネット検索サイトのサジェスト表示を活用した宣伝活動の事です。一般的なキーワードをユーザーが入力したところ、自社に関係するフレーズや語句が出るようになれば、それだけでSEO対策と同じようなアクセス数のアップ効果が得られます。関係するキーワードが自然と出るように操作するのがポイントです。サジェストマーケティング活動の利点は宣伝に見えないところであり、ユーザーの方が無意識的にアクセスしてくれます。