サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

Googleのサジェストは地域と言語で表示内容が異なる仕組み?

投稿日:2019年6月18日 更新日:

Googleのサジェストは、ユーザーが利用している端末の場所や設定されている言語ロケールにより地域と言語が設定され表示が異なる仕組みです。

例えばアメリカに居る時に「カフェ」で検索しようとすると、サジェストに「カフェカイラ」や「カフェモーリーズ」などアメリカで人気のお店が表示され、日本で同じく検索すれば「カフェホワイト」や「カフェブルー」などよく使われているお店の名称が表示されます。

スマートフォンやタブレットなどGPSを内蔵している場合は位置情報が取得され、光ファイバーなどの固定回線を利用している場合はIPアドレスから地域を取得するほか、言語は利用しているOSの言語ロケールが自動検出されます。

Googleのサジェストは地域で表示内容が変わる?

パソコンのイラスト

Googleの検索機能では、自分が今居る場所や住んでいる地域によって表示される検索候補つまりサジェストに違いがあります。

Googleの検索回数が多いものやキーワードと共に一緒に検索されることの多いキーワード、またはキーワードについて言及しているWebサイドがあります。

あるいは直前に調べられたことのあるキーワード等から、いくつかのキーワード等がサジェストとして表示されるようになっているからで、この時に地域によっても表示されるサジェストが変わってくるのです。

Googleの検索機能がいくつかのサジェストを表示することによって、ユーザーの検索を容易にしてくれる働きをもっていることに関連します。

Googleは個人の位置情報を把握しているとともに、これまでのその人の検索状況等から、年代、性別、趣味嗜好等を大量にデータとして把握しています。

それにより一つのキーワードから想定されるサジェストを表示するような仕組みになっています。さらに他の人が検索したものであても、その時に同じキーワードと共に一緒に検索したことがある内容について候補として表示します。

例えばCafeを探してみると地域内及び近隣のいくつものCafe関連のサジェストが出てきます。地域によってサジェストの表示内容が変わってきます。

Googleのサジェストは言語で表示内容が変わる?

Googleのサジェスト結果は検索用語の言語によって変わる方が、むしろ普通です。

同じ「リンゴ」という意味の「林檎」と「apple」でも実際にGoogleの検索フォームに入れてみると、サジェストで案内されるキーワードが違ってきます。

時期によってサジェストの内容は変わる方が普通です。ただ平均すると、リンゴの事例の場合、漢字で林檎と入れた場合は言葉の通り、果物に関する語句が表示されやすいです。

果実の産地やネットショッピングのサイト、リンゴの種類や時期、農業や植物自体に関するジャンルがサジェストに表示される傾向があります。

翻ってappleという英語表現であれば、それをシンボルマークにしたIT企業に関するサジェストが表示されやすいです。

スマートフォンやタブレット、そしてノートパソコンや音楽プレーヤーなどの製品名がサジェストで表示される傾向があります。

本質的には同じ言葉でも、入れる言語によって全く結果とその方向性が変わるのが、Googleのサジェスト結果の特徴です。

もちろん韓国語や中国語、ドイツ語やフランス語やポルトガル語などに検索用語を変えれば、やはり表示される結果は変わり、当然ですが、その言語の国々に関連した結果が出やすくなります。

Googleのサジェスト対策を行うとメリットがある?

Google検索にはサジェストと言って、入力したワードに関連する検索ワードの候補が表示される機能があります。このサジェストに出てくるワードへの対策を行う事にはメリットがあるのでしょうか?

結論から言うと、サジェスト対策には大きなメリットがあります。特に口コミや人気が重要視される個人や店舗の場合、その重要性は計り知れません。

なぜならば、インターネットを利用する人々は、そのサジェスト機能で表示されるワードで大まかな評価を知ろうとするからです。

例えばある飲食店について検索しようとした時に、その飲食店のサジェストに「まずい」や「高い」など、ネガティブなイメージのワードばかりが並んでいたら、それだけでその飲食店に対する評価が下がってしまいます。

その時点で興味を失い、検索すること自体をやめてしまう可能性もあるのです。

そのような事態を防ぐためにも、ネガティブワードが出てこないようにする、もしくはポジティブなワードが先に出てくるようにするサジェスト対策は大変重要であると言えます。

対策を行うことで、インターネットユーザーの第一印象を大幅に改善し、売上や知名度のアップにつなげることができるというメリットが生まれるのです。

Googleのサジェスト対策を行うとデメリットがある?

Googleでもキーワードを打ち込むと自動的にプルダウンメニューが登場し、そこに関連キーワードを表示してくれるサジェスト機能が存在します。

ただ関連キーワードの中には、ネガティブワードが存在したりすることもあり、多くの人に先入観を与えてしまわないためにも削除したいケースがあります。

この場合、サジェスト対策で削除依頼をしたい場合、Googleには専用の削除依頼フォームが存在するので、そこで申し立てを行うことで受付をしてくれます。

しかしオートコンプリートポリシーという規約が存在するので、それと照らし合わせを行うことで削除をするか、表示させておくかを判断します。

もちろん誰もが申し立てを行うことができるため、それを行ったからデメリットが存在することはありません。しかし一度、表示が決定されるとそれを覆すことが難しい点はあります。

しかも単に表示されたくない、異なる印象を持たれるからという漠然とした理由だけでは、削除も難しいです。

他に不正な方法でサジェストを表示させた場合には、それを取り消すなどのデメリット措置が行われることは当然あります。

もっともSEO対策の一環として、正規な方法でのサジェスト対策をしているケースでは認めていることもあり、デメリットを受けることは少ないです。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カラフルな円

サジェストの検索ボリュームの順位を上げる方法や下げる方法は?

サジェストは検索ワードに関連するキーワードを表示してくれる、ユーザーにとっては非常に便利な機能です。表示されるキーワードの順位を上げることができれば、意図した検索をしてもらえる可能性が高くなります。サジェストの検索ボリュームの順位を上げる方法としては、サジェスト対策サービスを利用する方法があります。反対に下げる方法としても同様のサービスを利用すれば良いのです。検索ボリュームの順位を下げるメリットは、ネガティブなキーワードを目立たなくさせる効果があります。

サジェスト洗浄とはどういった意味?誰が何の目的で対策をする?

サジェスト洗浄とは、検索エンジンを運営している会社がサジェスト機能を正常な状態に戻すことを目的として、迷惑な検索候補を削除するという意味です。検索エンジンでキーワードを入力すると、関連する検索候補がいくつか表示されます。その検索候補のことをサジェストというのですが、キーワードに対して誹謗中傷や宣伝目的の言葉ばかりが並んでしまうと、本当に調べたいことが見つかりにくくなります。そのような状態を汚染されているというのですが、そのまま放置していると検索エンジンの品質にも影響してきます。ですから対策として洗浄をしなければいけないのです。

サジェストとはどういった機能?選ばれる基準は誰が判断している?

サジェストとは、検索サイトで導入される機能です。キーワードを一つ入れると、その語句に関連した用語が自動的に表示されます。選ばれる基準ですが、いわゆるロボットが自動的に判断して決定しているのです。大手検索サイトのスタッフが人為的にキーワードを抽出しているわけではなく、一般ユーザーが頻繁に検索した語句が選ばれる基準となっています。一種の流行語のようなものであり、機械的に統計的に集計されたものなのでサジェストの結果は、なかなか信頼性が高いのです。

後ろを向いた男性

サジェストがもたらす風評被害とは?ネットを甘く見るとヤバい?

特定の個人名や企業名を入れると関連するサジェストのキーワードが自然と並びます。大手ネット検索サイトのサジェストは非常に精度が高く、商品やサービスを検索するユーザーはそれを大いに信頼します。自社や自分の名前をネット検索したところ、サジェスト結果に心当たりがないネガティブな噂や根も葉もないデマの用語が表示されたら大変です。風評被害を放置すると、その結果がいつの間にかネットの世界で「真実」になりかねません。大手サイトは信用力があり、対策を放置すると一般ユーザーの間で、デマや噂が真実の情報として解釈され、自社を避ける動きやSNSでバッシングする運動が起き始めます。

サジェストは怖い機能?自分が風評被害の当事者になる可能性もある?

検索エンジンを使って検索をかけると、何気なく下の方にサジェストとして関連キーワードが出現します。ユーザーが多く検索した言葉が表示される仕組みになっています。例えば、個人名で検索した場合、犯罪者と同じ名前だったりする方は風評被害が怖いものです。検索した人の勘違いにより、事件の当事者だと思われる可能性もあるのです。企業名の場合でもそのような被害があるようです。私たちは、情報を適切に読み取る力を身につけなくてはいけません。