サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェストを出す方法はアルゴリズムとキーワードが大事な鍵?

投稿日:2019年6月19日 更新日:

検索したいワードに関連した検索候補であるサジェストは、ユーザーにとってとても便利なものです。サジェストとして表示されるキーワードを出す方法はアルゴリズムにより決まります。

アルゴリズムでは、実際に検索されたキーワードや検索履歴などが利用されます。また、話題や人気があるものも選ばれるようになっています。

サジェストに表示されるキーワードが意図したものになるかどうかは、いかにアルゴリズムが上位と判断する条件を満たすことが鍵になります。

サジェストを出す方法は?

キーボードの上に鍵

サジェストを出す方法は、特定のキーワードの検索順位を向上させるか、あるいはSNSなどを活用して確実にPVを稼いでいくことが重要になります。

とりわけサジェストに自分のサイトを表示させたい場合は、PVの確保は特に重要になります。PVを確保するためには、自分のサイトのコンテンツを充実させることにあります。

長期間サイトを運用していくことができれば、サジェストに表示されやすくなるだけでなく、PVの増加によって更に出すことができるでしょう。

ただし、サジェスト対策を徹底したからと言って、確実にPVや収益を手に入れることは難しい点に注意しましょう。

特に最近では悪質なサジェスト対策が横行しており、同じようなやり方でサイトを運営した結果、検索エンジンの順位が転落してしまうこともあります。

サジェストを出す方法は他にもあり、複数のドメインを取得して、大量のサイトから特定のキーワードに関連する内容を掲載することです。

そうすることによって、複数のサイトが特定のキーワードを集中して取り上げていることになり、結果的にサジェストに表示されやすくなるのです。特定キーワードを認知してもらうためにも、SNSなどを活用する方法も重要でしょう。

サジェストを出す方法の鍵はアルゴリズム?

サジェストの正式名称は、サイトによって「オートコンプリート」「入力補助」などと呼ばれています。サジェスト機能は、予測キーワードを出すことでユーザーに利便性を与えています。

予測キーワードは人が関与することなく、アルゴリズムが生成します。アルゴリズムというコンピューターが、様々な方向からキーワードを導き出します。

つまり、他のユーザーが検索した回数などを客観的な視点から探り出し、web上で反映させていきます。あくまでユーザーの手間が省けるように補助する為で、キーワードの検索数や傾向、話題性により変化します。

話題性のものでは数日だけの表示であったりし、そのキーワードの内容で表示期間が変わるのも特徴の一つです。先に述べた様にサジェストを出す方法は、検索エンジンにキーワードを打ち込むことで表示されます。

そしてその機能の鍵となるのがアルゴリズムです。アルゴリズムが自らサジェストを出しているという事です。サジェストのキーワードを無料で抽出するツールもありますから、自社のサイトなどが表示されるかどうかを調べることができます。

人ではなくアルゴリズムというコンピューターの機能ですから、全てのユーザーが満足できるものではありません。

サジェストを出す方法の鍵はキーワード?

サジェストを出す方法は、キーワードに特化した記事を作成することです。例えば、特定のキーワードの解説に特化した内容であれば、検索結果の上位に表示されやすくなるだけでなく、サジェストからもPVを集めやすくなります。

それだけでなく、そのキーワードに関連するキーワードであってもサジェストに表示されやすくなり、更にPVがPVを増やしていくのです。こうすることによって効率的にサイトの収益を稼ぐことができるようになります。

具体的にキーワードに特化した記事を作成するには、その分野について精通した知識を積極的にアピールすることにあります。

他の誰も知らない知識を積極的に公開していくことにより、情報に対する権威性を向上させることが可能になり、結果的にそのキーワードに関して検索で上位に表示されやすくなる上に、サジェストを出すことができるのです。

以上の点から、サジェストを出す方法は、情報の権威性を高めて、特定のキーワードに特化したサイトを開発していくことになります。

もちろん、最初の家は検索の上位に表示されないことが多いので、コンテンツの充実を徹底するだけでなくSNSなどからPVを確実に集めていく方法も良いでしょう。

サジェストのアルゴリズムとキーワードの意味は?

サジェストは便利な機能で、検索することで関連した言葉を表示してくれます。多くの人が活用し、サジェスト機能に対応するサイトがあります。

このサジェスト機能の仕組みは、コンピューターによるアルゴリズムによって構築されます。アルゴリズムは手順や計算方法のことで、つまり方法という意味合いになります。

そしてアルゴリズムが生成した予測キーワードは、人の関与はありません。人の手では時間が掛かり過ぎるという理由がコンピューターの出現であり、そのお陰で時間の短縮が可能となりました。

サジェストに関しても、様々なユーザーの検索結果から必要であろうキーワードを自動で何種類か導き出します。

これはあくまでコンピューターによる補助であり、これをメリットと取るかデメリットと取るかはユーザーの判断で変わってきます。表示されるキーワードは、他のユーザーの検索した頻度などに関係してきます。

出す方法は、一つ検索ワードを打ち込むことで幾つか表示されます。それが必ずしもユーザーにとってメリットかデメリットかはユーザーしだいです。

しかし多くのワードを組み合さなくても、サジェスト機能によって素早く検索できるのは、メリットと言えるかもしれません。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サジェスト対策で知名度拡大やアクセスアップに繋がるって本当?

何か情報を探す時に検索エンジンを利用されるという方が殆どでしょうが、その際に文字を途中まで打つと、候補を表示してくれる機能が働きます。これをサジェストと言います。皆が検索をしていると感じたら、とりあえずクリックを押してしまう人が多いのです。このサジェスト対策を行う事で、知名度拡大やアクセスアップに繋がるのです。集客力をアップさせたいと考えておられる方にはメリットばかりの対策なのではないでしょうか。

サジェスト対策や削除依頼を業者に頼んだら費用はどれくらい掛かる?

サジェストは検索候補を表示してくれる便利な機能です。しかし、この検索候補にネガティブなキーワードが表示されたら、検索されなくなるだけでなく、悪影響が及ぶ可能性も高くなります。このようなキーワードを削除するには、検索エンジンを提供している会社に削除申請を出す方法があります。ただ即効性は低い方法と言えますので、サジェスト対策や削除依頼を受け付けている業者に依頼する方法をおすすめします。数多くの業者がサービスを行っていますが、メディアエクシードなら1,500円くらいから依頼を受けてくれます。

サジェスト削除は申請しないと出来ない?何処に申請を出せばいいの?

検索エンジンやネットモールの検索欄に、検索キーワードを入力したときにサジェストとして表示される関連キーワードがネガティブな言葉であったとき、検索エンジンやネットモールの運営会社に申請をすることで削除してもらうことができます。自分でも申請はできますが、サジェスト削除をするにあたって、正当な理由でなければ対応してもらえない可能性があります。法的な根拠も交えて申請手続きするときには、弁護士に依頼して代わりに手続きをしてもらう方法もあります。専門の業者に任せるという方法もありますが、どれだけの効果があるかははっきりしません。なかには料金だけ取って逃げてしまう業者もいるので気をつけましょう。

サジェストを消す方法は高度な対策が必要?資格が無くても出来る?

サジェストを消す方法として、資格は必要ありませんが高度な対策をしなければなりません。拒否されたときに再申請に応じる可能性は低いので、1回目で成功させるのが重要です。まず、事実に反している内容で名誉棄損などになる場合、法的な根拠を明確にして申請すれば削除されることがあります。これは法律の知識があった方が良いので、弁護士などに相談しましょう。サジェストの仕組みを理解して、他のワードの検索結果が上位になるように対策して非表示にすることも可能です。また、検索結果が表示されても問題のない記事が表示されるようにする対策もあります。

サジェストとはどういった機能?選ばれる基準は誰が判断している?

サジェストとは、検索サイトで導入される機能です。キーワードを一つ入れると、その語句に関連した用語が自動的に表示されます。選ばれる基準ですが、いわゆるロボットが自動的に判断して決定しているのです。大手検索サイトのスタッフが人為的にキーワードを抽出しているわけではなく、一般ユーザーが頻繁に検索した語句が選ばれる基準となっています。一種の流行語のようなものであり、機械的に統計的に集計されたものなのでサジェストの結果は、なかなか信頼性が高いのです。