サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェスト削除の申請は(株)メディアエクシードに依頼すると良い?

投稿日:2019年6月19日 更新日:

(株)メディアエクシードはWeb制作やSEO対策、誹謗中傷対策などを行う企業で、大手検索サイト上のサジェスト削除や押し下げに関する豊富な実績がある上に費用も安いことが魅力です。

サジェスト対策をするとアクセスアップやブランディングの確立が得られることに加え、安心感やユーザーからの信頼感も得ることができますので、サジェスト汚染被害に悩んでいる場合は、(株)メディアエクシードに依頼した方が良いと言えるでしょう。

サジェスト削除を行っているメディアエクシードとはどんな会社?

上から見たパソコン

メディアエクシードは、サジェストにより第三者にネガティブワードを関連付けられて悪い印象を着せられてしまった企業に対するサジェスト削除を行っています。

他にも、サジェストを利用して企業のイメージアップやより良い経営を行える方法をアドバイスしてくれるサジェストマーケティングも行っています。

そして、まとめサイトなどの無料サイトにクライアントに関する記事を書いて、企業のサイトへの誘導やアクセスアップを目的とするまとめサイトマーケティングも行っています。

SNSを利用することにより集客などを促進させることや、企業に関する記事などの様々なコンテンツの作成をメディアエクシードが代行して掲載し、販売を促進させるサービスも行っています。

また、メディアエクシードでは、ホームページ秘書というサービスも行っています。ホームページ秘書とは、企業のホームページをその企業の代わりに制作や更新を行います。

そのホームページの内容に関しては企業の依頼に基づき、制作や更新を行ってくれます。これらのサービスによって企業側は本来の目的である業務に集中することができます。

まとめると、メディアエクシードは、広告代理やメディア事業、ウェブマーケティングなどを行い、企業の経営に貢献する会社です。

サジェスト削除はメディアエクシードに依頼すると良い?

人名や会社名を検索エンジンやネットモールで入力した時に、誹謗中傷などネガティブな情報がサジェストとして出てくるとき、そのままにしておくと悪いイメージが人々の間で定着して取り返しがつかなくなります。

そこでサジェスト削除をしたいところですが、知識がない人だと何をすればいいのかがわかりません。ですから、サジェスト削除のノウハウを持っているメディアエクシードに依頼することは、効果を期待できるので良いことです。

そういった業者にサジェスト削除を依頼する時、頼んだという事実が漏れてしまうことが逆効果になることもあります。

このメディアエクシードでは個人情報については厳しい取扱をしており、決して外部に秘密が漏れませんからその点でも安心できます。

メディアエクシードでは、どのようにしてサジェスト削除を行うのかというと、運営元に削除依頼を出すやり方が基本です。

ただ、運営元によっては、簡単に削除ができないのでそのときにはメディアエクシードが弁護士を紹介するので、法的に対処ができます。

メディアエクシードにサジェスト削除を依頼するとよいのは、迅速に動いてくれるというところにもあります。

ネットの情報は時間が経つほど拡散されて、消すことができません。しかしメディアエクシードであれば即日対応もできますから、被害を最小限に留めることができます。

メディアエクシードはサジェスト削除で実績がある?

メディアエクシードが提供している誹謗中傷削除対策サービスには、掲示板やWeb、ブログなどを利用した誹謗中傷対策の他にもYahooサジェスト削除が含まれておりGoogleについても相談可能としています。

ネット上の誹謗中傷は時間が経過するほど拡散されてしまうため、できるだけ早い段階に対策をすることが大切です。

同サービスでは入金確認後、全国どこでも即日対応が可能で、サジェストのネガティブワードの削除は最短1日で完了します。

契約をする前には守秘義務厳守の無料相談と無料提案を行っており、安心して申し込むことができます。そんなメディアエクシードは2013年に設立された比較的新しい会社で、実績が気になる方も少なくありません。

サジェストによる問題はプライバシーに関わるセンシティブな内容を含んでいることから契約数や問題を解決した件数は公表されていません。

ですが、十数年もの実績のある老舗の誹謗中傷対策サービスを比較すれば取り扱い件数が少ないのは確かで、関係者も「まだまだ小さな会社です」とコメントしています。

しかし、取引先企業には大手銀行、証券会社、各種IT企業、メディア関連企業などがあり、着実に実績を伸ばし続けています。

これらの大手企業と厚い信頼関係で結ばれ、実績を積み重ねつつあるメディアエクシードが提供している誹謗中傷削除対策サービスのサジェスト削除ならば安心して任せることができます。

メディアエクシードのサジェスト削除の費用は安い?

メディアエクシードのサジェスト削除は、誹謗中傷対策によって業務を依頼することができます。費用の相場は1ワードに付き30000円程度で他の業者よりも安価に済ませることができるでしょう。

ブランドセキュリティプランは月額30000円程度で、自社の風評被害に関係する内容がサジェストに表示されていないかをチェックしてくれます。

チェックは常時行われており、問題のあるサジェストが表示された場合は、自動的にサジェスト削除を行ってくれるので安心です。30000円で風評被害の拡大を防いで、顧客から問い合わせを受ける時間的な損失を考慮すると非常に安価です。

メディアエクシードを利用するメリットは安価でサジェストの被害を低減させることができる点です。特にサジェストセキュリティプランは、常に風評被害問題について対策を行ってくれるので、安心して業務に専念することができます。

また、メディアエクシードではサジェスト削除だけでなく様々なSEO対策などのコンテンツマーケティングを行ってくれるので、相対的に風評被害を低減させることができるのです。

サジェスト削除と良質なコンテンツを前面に出すことによって、安価で効率的に風評被害問題を解決します。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サジェスト機能の効果的な使い道や気を付けないといけない使い方は?

サジェスト機能はサイト運営をしている人にとって、重要な役割をしています。効果的な使い道は、自分のサイトへの流入を狙うキーワードのサジェストワードを知り、サイトに組み込むことです。そうすることで、キーワードが検索された時に上位に表示させることが出来て、たくさんの人に自分のサイトを見てもらうことができます。気を付けることは、ニーズが高い言葉の組み合わせを調べることです。ただ、ニーズが高いということは競合する人が多いということなので、狙えるキーワードを調べるのは大事なことです。正しい使い方を知り、サイトへの流入を増加させるために賢く活用しましょう。

サジェスト対策をする事によって考えられるメリットは何がある?

サジェスト対策によって得られるメリットですが、自社や自分の店舗が頻繁に一般ユーザーの目に触れるようになります。大手ネット検索のサジェスト結果に、頻繁に表示されれば比例して自分のECサイトやオフィシャルサイトが見られる回数が増加します。他の方法に比べて自然体で集客が出来るのも利点であり、他のマーケティング術よりも費用対効果が高いのもメリットです。一般的な検索用語からサジェスト対策で表示させれば、今までは違った層を集客させられます。

Googleのサジェストの仕組みは?サジェスト対策は簡単に行える?

Googleのサジェストの仕組みは、一般ユーザーが検索時に入力した用語が登録されていくものです。特定の用語が検索された回数と頻度によってサジェストは決まります。対策は比較的簡単であり、一定期間の間に関連付けたいキーワードやフレーズを高頻度、検索すればOKです。ただしGoogleは露骨なサジェスト対策は弾く仕様になっているようで、素人が大量に一定期間、ネット検索をしても迷惑行為とみなされる恐れがあります。専門家でなければGoogleの対策は難しいのが実態です。

SEOの積み木

サジェストマーケティングって何?SEO対策に関係している?

サジェストマーケティング活動とは、文字通りネット検索サイトのサジェスト表示を活用した宣伝活動の事です。一般的なキーワードをユーザーが入力したところ、自社に関係するフレーズや語句が出るようになれば、それだけでSEO対策と同じようなアクセス数のアップ効果が得られます。関係するキーワードが自然と出るように操作するのがポイントです。サジェストマーケティング活動の利点は宣伝に見えないところであり、ユーザーの方が無意識的にアクセスしてくれます。

Googleのサジェストは地域と言語で表示内容が異なる仕組み?

Googleのサジェストは、ユーザーが利用している端末の場所や設定されている言語ロケールにより地域と言語が設定され表示が異なる仕組みです。例えばアメリカに居る時に「カフェ」で検索しようとすると、サジェストに「カフェカイラ」や「カフェモーリーズ」などアメリカで人気のお店が表示され、日本で同じく検索すれば「カフェホワイト」や「カフェブルー」などよく使われているお店の名称が表示されます。スマートフォンやタブレットなどGPSを内蔵している場合は位置情報が取得され、光ファイバーなどの固定回線を利用している場合はIPアドレスから地域を取得するほか、言語は利用しているOSの言語ロケールが自動検出されます。