サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェスト削除は弁護士に依頼した方が確実に削除できるし安心?

投稿日:2019年6月19日 更新日:

サジェストの削除は個人で申請することもできますが、アルゴリズムに基づいたもので問題がないと回答して拒否される場合もあります。

しかし、事実と異なり名誉棄損になるなど、法的な根拠があればそれを理由にして削除させることができます。

ただし、法的な根拠を明確にしていないと該当していても応じない場合があり、法律の素人が的確に申請するのは難しいです。

また、一度拒否されると再申請しても通らないことが多く、最初の対応が重要です。そのため、専門家である弁護士に相談して依頼するのが安心と言えます。

サジェスト削除は弁護士に依頼出来る?

スーツを着た女性

サジェストによる検索結果の表示から、誹謗中傷や風評被害を受けているような場合には、弁護士に相談することでサジェストの削除依頼ができるようになっています。

サジェスト削除を専門的に請け負っているような会社や業者も存在していますが、具体的に実生活面での被害を被っているようなら弁護士に相談してから適切なタイミングでサジェストの削除を実施するのが望ましいです。

単純に自身の名前や事件をネットから出来る限り消したい場合には会社や業者に頼むべきですが、損害賠償請求度や名誉毀損など法的に訴訟することなども検討しているなら、弁護士まで相談に行くのがベストだと言われているのです。

弁護士を介さずともサジェストの削除は専門的な会社や業者にお願いすれば可能ですが、刑事事件や民事裁判など法律が少しでも絡むようなら弁護士の助言を得てから、サジェストの削除を実行するのが正しい判断だとも言えます。

ただし、全ての弁護士がインターネット上でのトラブルに強いわけではありません。

離婚問題や障害などの刑事事件には強くても、ネット上の問題は専門外だという弁護士の先生は一定の数がいるからです。相談する弁護士が誰でもいいというわけではないことも覚えておくべきだと言えます。

弁護士にサジェスト削除を依頼すると確実?

サジェスト削除をしたいと考えた時にいくつか消す方法がありますが、一番は弁護士へ依頼することが確実です。

検索エンジン側へ交渉をしてもあまり期待することが出来ず、削除を頼んでいてもエンジン側の規定に当てはまっていないため消してくれない場合があります。

エンジン側がダメならば専門業者にと依頼をしてもイタチごっこの状態に陥るケースも少なくありません。イタチごっことは消えたはずだけどまた少し時間が経つと表示されていて、その繰り返しでいつまで経っても終わらないことです。

その点弁護士ならば法律に準じて削除申請をしてもらうことが出来るため確実な方法で消すことが可能です。専門業者と違い消えたのにまた表示されることもありません。

従来では検索エンジンへの対策が出来ていませんでいた。従来は検索エンジンは機械的・自動的に情報を表示させているだけなので、エンジン側への責任は原則として削除義務はありません。

現在は検索エンジン側にも法的な処置を取ることが可能です。他のサイトと同じ扱いで削除義務を負うと裁判所が認めています。弁護士の力を借りて法律に準じた削除手続きを行えば、サジェストや検索結果からの削除をしてもらうことが出来ます。

弁護士に依頼をすると費用はそれなりに掛かってしまいますが、サジェストを綺麗さっぱり消すことが出来る方法なので弁護士に頼むことが一番良いです。

弁護士にサジェスト削除を依頼した方が安心?

サジェスト削除を確実に行うためにはこの問題に詳しい弁護士に依頼する方がよいです。

削除については、グーグル等のサジェスト削除申請専用のフォームが用意されているので、それを利用して自分で申請をして削除してもらう方法がありますが、この場合は一度で問題が解決させるのは難しいです。

削除にはそれを必要とする明確な理由がなければいけませんが、どんな理由が認められるのか、あるいは、自分が望む結果を得るためにはどのキーワードが問題なのか等の判断が難しいからです。

また、同じ様な申請をすると二度目には、一度返答していますという答えが戻ってきて、対応してくれません。複数回申請すればいいかと言うとそうではなく、問題を解決するには最初の申請で認めてもらう必要があります。

また、自分が投稿したからと言っても自分で削除するのが難しい場合がありますし、自分が投稿した内容が故意であったかどうかは関係なく、他人から名誉毀損をされたと訴えられることがあります。

このような場合には、そのことに気付いたなら早急に対策をしなければ裁判などに訴えられることにもなりかねません。このようなことを考えると、サジェストの削除は弁護士に依頼するのが安心です。

弁護士にサジェスト削除を依頼したら費用は幾ら?

インターネット上では多くの情報を公開されることが多くなっていますが、一方ではそれに伴う風評被害が生じるケースも存在します。

風評被害では、ネガティブな書き込みが行われたことで信用を著しく失われたりすることも多く、顧客が存在する企業であれば売り上げ減少・来店客の減少・イメージダウンなどが起こることも想定されます。

そのネガティブワードによる被害額に関しては、本来なら収益を得ることができた金額とすれば莫大になる可能性もあります。

当然、インターネットの検索などの世界でもサジェストの機能ではネガティブワードが入力補助で出現することも存在し、それによって検索を行った方に容易に知りうる状態になることも存在します。

このような場合には、ネガティブワードのサジェストの削除を検索エンジン側に申し立てを行う形になりますが、なかなかその申し立てが通らないケースもあります。

そこで法律の専門家である弁護士にサジェストの削除依頼を検討する場合があり、それを行うことで速やかに削除を行うことができるケースも多いです。

実際にサジェストの削除依頼に関する費用には、風評被害による費用相場に準じることになり、10~60万円の範囲内で行われるのが一般的になります。

もっともサジェストの場合には、比較的に削除もしやすく難易度も低いため10万円前後を目安とします。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サジェスト対策や削除依頼を業者に頼んだら費用はどれくらい掛かる?

サジェストは検索候補を表示してくれる便利な機能です。しかし、この検索候補にネガティブなキーワードが表示されたら、検索されなくなるだけでなく、悪影響が及ぶ可能性も高くなります。このようなキーワードを削除するには、検索エンジンを提供している会社に削除申請を出す方法があります。ただ即効性は低い方法と言えますので、サジェスト対策や削除依頼を受け付けている業者に依頼する方法をおすすめします。数多くの業者がサービスを行っていますが、メディアエクシードなら1,500円くらいから依頼を受けてくれます。

サジェストで自分の名前があった場合の対策法は?簡単に削除できる?

サジェストに自分の名前があった場合は、個人で削除するのは困難な場合もあります。サジェスト削除申請から申請し明らかにポリシーに違反している場合は対応してもらうことも可能ですが、ポリシーに抵触していなかった場合には申請理由について詳しく説明できなければ大半のケースで却下されるだけではなく、1度却下されると再申請しても既に回答している旨の返答しかされなくなってしまいます。そんな中で最も簡単で確実な対策法は、専門知識を持った弁護士に相談することです。法的根拠に基づいて削除申請を行ったり代行をしてもらうことも可能で、弁護士が介在することで真摯な対応をしてもらえるのも大きなメリットです。

サジェスト削除は申請しないと出来ない?何処に申請を出せばいいの?

検索エンジンやネットモールの検索欄に、検索キーワードを入力したときにサジェストとして表示される関連キーワードがネガティブな言葉であったとき、検索エンジンやネットモールの運営会社に申請をすることで削除してもらうことができます。自分でも申請はできますが、サジェスト削除をするにあたって、正当な理由でなければ対応してもらえない可能性があります。法的な根拠も交えて申請手続きするときには、弁護士に依頼して代わりに手続きをしてもらう方法もあります。専門の業者に任せるという方法もありますが、どれだけの効果があるかははっきりしません。なかには料金だけ取って逃げてしまう業者もいるので気をつけましょう。

サジェスト対策で誹謗中傷は防げる?依頼するなら業者?弁護士?

大手検索サイトのサジェストに、自社に関するデマや事実無根の誹謗中傷が掲載されていたら一大事です。ネガティブな情報が表示されたら、サジェスト対策を検討しましょう。メディアエクシードは費用が安いサジェスト対策サービスです。業者に頼む方が費用的に良いですし、確実にネガティブな情報を一般消費者の目から消せるので効果的です。最近の一般消費者はネット検索で商品やサービスの情報を検索します。そこに変な情報やデマが掲載されていたら、大きな風評被害となります。

サジェストは削除出来るって本当?自分で削除する方法は何がある?

人を誹謗中傷する記事を投稿してしまったことが原因で後々訴訟を起こされたり、損害賠償の責めを負う羽目になったりすることがあります。このような事態にならないためには早急にサジェスト削除をしなければなりません。自分でこれを行うには検索機能の仕組みと共に、法的な知識も必要で難しいですが方法はあります。例えばグーグルのサジェスト削除申請用のフォームを使用します。削除の明確な理由や関連ワードのどの部分が法律に抵触するかなど、事前に良く調べた上で、一発で承認されるようにするべきです。複数回申請すると一度回答していると返信があり対応してもらえないので、最初の申請を完璧にしなければなりません。