サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェスト対策や削除依頼を業者に頼んだら費用はどれくらい掛かる?

投稿日:2019年6月19日 更新日:

サジェストは検索候補を表示してくれる便利な機能です。しかし、この検索候補にネガティブなキーワードが表示されたら、検索されなくなるだけでなく、悪影響が及ぶ可能性も高くなります。

このようなキーワードを削除するには、検索エンジンを提供している会社に削除申請を出す方法があります。

ただ即効性は低い方法と言えますので、サジェスト対策や削除依頼を受け付けている業者に依頼する方法をおすすめします。

数多くの業者がサービスを行っていますが、メディアエクシードなら1,500円くらいから依頼を受けてくれます。

サジェスト対策を業者に頼むと費用はどれくらい?

電卓

GoogleやYahoo!などの検索サイトに検索ワードでヒットするように、あるいは検索ワードに含まれないようにすることをサジェスト対策といいます。

SNSの普及でコミュニケーションの幅が広がりましたが、その分ネットでのトラブルも多くなりました。その弊害で、インターネットで検索するとマイナスなワードが含まれていることもよくあるのではないかと思われます。

事実無根の風評被害から、個人の名前で「犯罪者」や「前科」などが検索ワードに含まれていれば名誉棄損になりますし、企業名で「詐欺」や「倒産」というワードが候補に出れば大きな損害を生みます。

これらの風評被害を少しでも減らすためには、サジェスト対策として検索ワードの削除依頼を出すしか方法はありません。検索ワードの削除は個人でもできますが、弁護士を介して削除させることも専門の業者に依頼することも可能です。

削除依頼にかかる費用は、大体5万から8万円ほどです。業者によっては検索サイトによって費用が異なることもあります。弁護士を介する場合は削除依頼の費用だけではなく、弁護士を雇った分の費用も加算されますのでより高額とされます。

業者に削除依頼を申請する上で注意しなければならないのが、その会社が弁護士を通して削除依頼を申請るかどうかです。本人ではない第三者が本人に成りすまして削除の申請を出すのは違法とされています。

サジェスト削除依頼を業者に頼んだら費用はどれくらい?

誹謗中傷や風評被害などの恐れがあるのはサジェストの特徴的であり、検索キーワードから導き出される関連キーワードがネガティブワードである場合です。

内容が事実無根であったり、そのネガティブなイメージが定着されてしまう形になり、場合によっては該当する個人や団体が不利益を被る可能性もあります。

サジェスト対策を行う方法には、その削除を依頼する方法が存在しますが、個人が削除依頼を検索エンジンを提供している企業に申し立てを行う上では限界が存在します。

そこでサジェスト対策を専門的に扱う業者が存在するので、そこに削除依頼を代理して行ってもらう方法があります。実際にサジェスト対策では、その内容によりますが費用は2万円~となることが多いのが特徴的です。

もっとも業者の場合も検索エンジンを提供する企業に対して申し立てによる方法での解決を試みますが、他の方法を選択することもあります。

例えばサジェストの仕組みは多くのユーザーによるそのキーワードの検索が頻繁になされたことによるものであるため、それに代わるポジティブワードを表示させるように働きかけを行います。

サジェストのワードを選択するクローラーが2週間ほどで働くので、ネガティブワードを表示させないようにすることで実質的な解決に導く方法があります。

サジェスト対策や削除依頼をメディアエクシードに頼むと費用は幾ら?

サジェスト対策や風評被害に関係するサイトやページの削除依頼をメディアエクシードに頼めば、費用はおよそ30000円から100000円程度で済ませることができます。

例えば、企業や個人に対する風評被害の問題を解決したい場合は誹謗中傷対策プランを利用していくと良いでしょう。このプランであればひとつのワードに対して30000円で解決できます。

セキュリティプランも用意されており、ボットでサジェストに風評被害に関係するものが含まれていればそれらを削除するよう自動で行ってくれます。

企業であれば業務に集中できますし、個人であれば風評被害の拡大による二次被害を予防できるでしょう。他にもサジェスト対策はあり、PVを確保したいのであればサジェストマーケティングを利用すると良いです。

一日1500円で特定の単語をサジェストに表示させるようにすることができるので、自社製品や自サイトのコンテンツを有効に広告することができます。

記事制作やまとめサイトのマーケティング、SNSの拡散などサジェスト対策に有効なプランは大量に用意されているので、コンテンツの充実が行われているサイトであれば確実にPVを向上させることができます。

サジェスト対策や削除依頼の相場費用は?

サジェスト対策を行うためには、検索エンジンのサービスを提供している会社側に問い合わせを行う他に、弁護士や企業を経由して削除依頼を申請する方法があります。

しかし、その費用は業者によって様々です。弁護士を依頼して削除依頼を行う場合は、およそ5万円から10万円程度の予算が必要になることを覚えておいたほうが良いでしょう。

企業側に削除依頼をする場合は更に大きくなっており、高くて50万円から100万円程度になる可能性もあります。企業側に依頼する場合は、法律とは関係のない申請の方法になるので、効果は高いですが、お金がかかってしまうことがあります。

弁護士に依頼する場合は。内容が特に法律に触れていない状況であれば、安易にサジェストを削除することは難しい場合が多いです。基本的にサジェスト対策をする際には、法律に触れていなければ申請が却下されることが多いからです。

更に、名誉毀損の問題であっても、具体的な実害が無ければ法的拘束力は小さいものとなってしまうことがあります。結果的にサジェスト対策が出来ないこともあるのです。

そのため単純に費用を用意するだけでなくこれらの問題点も同様に削除依頼の際に利用することが重要になります。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サジェスト削除は申請しないと出来ない?何処に申請を出せばいいの?

検索エンジンやネットモールの検索欄に、検索キーワードを入力したときにサジェストとして表示される関連キーワードがネガティブな言葉であったとき、検索エンジンやネットモールの運営会社に申請をすることで削除してもらうことができます。自分でも申請はできますが、サジェスト削除をするにあたって、正当な理由でなければ対応してもらえない可能性があります。法的な根拠も交えて申請手続きするときには、弁護士に依頼して代わりに手続きをしてもらう方法もあります。専門の業者に任せるという方法もありますが、どれだけの効果があるかははっきりしません。なかには料金だけ取って逃げてしまう業者もいるので気をつけましょう。

サジェストを消す方法は高度な対策が必要?資格が無くても出来る?

サジェストを消す方法として、資格は必要ありませんが高度な対策をしなければなりません。拒否されたときに再申請に応じる可能性は低いので、1回目で成功させるのが重要です。まず、事実に反している内容で名誉棄損などになる場合、法的な根拠を明確にして申請すれば削除されることがあります。これは法律の知識があった方が良いので、弁護士などに相談しましょう。サジェストの仕組みを理解して、他のワードの検索結果が上位になるように対策して非表示にすることも可能です。また、検索結果が表示されても問題のない記事が表示されるようにする対策もあります。

サジェストは怖い機能?自分が風評被害の当事者になる可能性もある?

検索エンジンを使って検索をかけると、何気なく下の方にサジェストとして関連キーワードが出現します。ユーザーが多く検索した言葉が表示される仕組みになっています。例えば、個人名で検索した場合、犯罪者と同じ名前だったりする方は風評被害が怖いものです。検索した人の勘違いにより、事件の当事者だと思われる可能性もあるのです。企業名の場合でもそのような被害があるようです。私たちは、情報を適切に読み取る力を身につけなくてはいけません。

カラフルな円

サジェストの検索ボリュームの順位を上げる方法や下げる方法は?

サジェストは検索ワードに関連するキーワードを表示してくれる、ユーザーにとっては非常に便利な機能です。表示されるキーワードの順位を上げることができれば、意図した検索をしてもらえる可能性が高くなります。サジェストの検索ボリュームの順位を上げる方法としては、サジェスト対策サービスを利用する方法があります。反対に下げる方法としても同様のサービスを利用すれば良いのです。検索ボリュームの順位を下げるメリットは、ネガティブなキーワードを目立たなくさせる効果があります。

Googleのサジェストは地域と言語で表示内容が異なる仕組み?

Googleのサジェストは、ユーザーが利用している端末の場所や設定されている言語ロケールにより地域と言語が設定され表示が異なる仕組みです。例えばアメリカに居る時に「カフェ」で検索しようとすると、サジェストに「カフェカイラ」や「カフェモーリーズ」などアメリカで人気のお店が表示され、日本で同じく検索すれば「カフェホワイト」や「カフェブルー」などよく使われているお店の名称が表示されます。スマートフォンやタブレットなどGPSを内蔵している場合は位置情報が取得され、光ファイバーなどの固定回線を利用している場合はIPアドレスから地域を取得するほか、言語は利用しているOSの言語ロケールが自動検出されます。