サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェストの順位はどんな基準で上位になる?上位に居続ける方法は?

投稿日:2019年6月20日 更新日:

検索されたキーワードの数が多くなれば、それだけサジェストで上位になります。また地域によっても異なり、その地域で多くのキーワードが検索されることで順位も変わってきます。

基準は検索履歴で変わると考えてください。上位に居続ける方法は、どれだけユーザーから関心を持たれ、検索されているのかで変化していきます。

この基準はその時の流行やユーザーの支持によって変わってきますので、なかなか恣意的に調整するのは難しいです。

サジェストの順位は誰が決めている?

3台のパソコン

サジェストの順位は一体誰が決定しているのか、この疑問を持ったことがある人々は多いかもしれません。サジェストの順位は検索サイトによって微妙に異なります。

特定の人物や組織が決めている、といったうわさもありますが、実際は検索サイトのプログラムが機械的に統計的にサジェストの順位を決定しています。

検索サイトによって利用されるプログラムやシステムに違いがあるため、実際のサジェストの結果には微妙な差異が現れるのです。

運営するIT企業の社長が毎朝決めている、運営母体の株主が組織的に順位を決めているなど、これらの噂は完全に根も葉もないデマに過ぎません。

統計的に機械的に、不特定多数のネットユーザーが普段から検索サイトで調べている語彙やフレーズがサジェストの結果と順位へと純粋に反映される仕組みです。

そこに特定人物や企業、政治家などへの忖度はなく、平等に世間の人々がよく調べている語彙や物事が映し出されています。

ただ検索サイトによっては、差別的な言葉やただの誹謗中傷や放送禁止用語のようなネガティブなフレーズが、システム側でフィルタリングされており、多数のユーザーが頻繁に検索しても、順位に反映されない事が多いです。

サジェストの順位の基準は?

サジェストの順位の基準は何で決まるのかというといくつかポイントがあります。まず検索数の多さです。

ある特定の言葉が沢山検索される事で、検索エンジンは「この言葉は沢山調べられているから上の方にしておこう」と順位を上げて検索する人が調べやすくしてくれます。

それでは1人があるキーワードの順位を作為的に上げようとして、検索しまくったら上位になるかというとそうはなりません。

何故なら1人が数千回数万回検索したとしても、効果はなく、あちこちの地域で検索される事で始めて順位が上がるという仕組みになっているからです。

その為不正行為は出来ないです。つまり検索をしたユーザーの数や位置情報も順位には大きく影響しているという事がよく分かります。

またキーワードやフレーズについて、似たようなワードを検索していたり調べたりしている事も順位の基準になっています。

その為ある言葉が検索されても、ウェブ上でその言葉に対して話題にしたり調べたりしている人がいなければ、おかしいと判断されて上位に来る事はないです。

例えば大きなニュースがあり、ある人物が報道されたが一般的にはまだ知られていない為、そのニュースを見た人が一斉に人物の名前を検索したりすると順位は一気に上位へと上がります。

サジェストで上位に居続ける方法は?

サジェストで上位に居続ける方法は、ユーザーの検索体験を満足させることにあります。例えば、検索して上位に表示されるサイトがどこにでも書いてあるような定番な内容であれば、すぐにユーザーは離脱してしまう可能性があるでしょう。

それだけでなく、そのサイトに悪い評判が立つようになります。結果的にサジェストの順位を下げられてしまい、広告収入が減少してしまう可能性もあるのです。

このような問題を防ぐためには、何よりもユーザーの検索体験をより良くしていくことが重要になります。例えば、ユーザーがすぐに離脱しないようにするために、ページの内容を濃密にすることが良いでしょう。

書かれてあることが詳しいものであり、なおかつ画像などと一緒に掲載されていれば、ユーザーは長期間ページに滞在しますし、結果的に広告収入を手に入れることが出来ます。

収益が増えれば更に内容の優れた記事を量産することができるので、サジェストの順位が上位にキープできることは極めて重要な意味をなしています。

他にも、SNSからPVを集めてサジェストの上位をキープする方法も良いでしょう。この方法は、検索エンジンで表示されないサイトがサジェストの上位に居続けるには最適な方法です。

サジェストの順位は日によって異なる?

サジェストに表示される順位は、日によって大きく変化します。一時的に検索のトップに表示されたとしても、ユーザーの離脱率が高い場合は順位が下がってしまう可能性もあるのです。

そのため、サジェストで風評被害に関わる単語が同時に表示される場合であっても、時間が経てば消えてしまう可能性もあるのです。サジェストを意識して作ったブログやサイトなどは長続きしないことが多いと言えるでしょう。

例えば、サジェストでPVを稼いでいるサイトは中身が少なく、顧客の離脱率が非常に高いので、場合によっては検索エンジンからペナルティを与えられてしまう可能性があるのです。

そのため、サジェストに何らかの悪口や風評被害などが掲載されてしまうようなことがあったとしても、実際に経済的被害を与えてしまう可能性は低く、一過性のものに過ぎないことが多いのです。

逆にサジェストを狙った商売を行うことは避けたほうが無難でしょう。このようなやり方であれば安定した収入を手に入れることは難しいだけでなく、状況によってはサイトが閉鎖してしまう可能性もあるのです。

以上の点からサジェストの順位は日によって大きく変化することに注意しましょう。風評被害が表示されたとしても、一過性のものもあるのです。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サジェストとはどういった機能?選ばれる基準は誰が判断している?

サジェストとは、検索サイトで導入される機能です。キーワードを一つ入れると、その語句に関連した用語が自動的に表示されます。選ばれる基準ですが、いわゆるロボットが自動的に判断して決定しているのです。大手検索サイトのスタッフが人為的にキーワードを抽出しているわけではなく、一般ユーザーが頻繁に検索した語句が選ばれる基準となっています。一種の流行語のようなものであり、機械的に統計的に集計されたものなのでサジェストの結果は、なかなか信頼性が高いのです。

サジェストは怖い機能?自分が風評被害の当事者になる可能性もある?

検索エンジンを使って検索をかけると、何気なく下の方にサジェストとして関連キーワードが出現します。ユーザーが多く検索した言葉が表示される仕組みになっています。例えば、個人名で検索した場合、犯罪者と同じ名前だったりする方は風評被害が怖いものです。検索した人の勘違いにより、事件の当事者だと思われる可能性もあるのです。企業名の場合でもそのような被害があるようです。私たちは、情報を適切に読み取る力を身につけなくてはいけません。

サジェスト対策をする事によって考えられるメリットは何がある?

サジェスト対策によって得られるメリットですが、自社や自分の店舗が頻繁に一般ユーザーの目に触れるようになります。大手ネット検索のサジェスト結果に、頻繁に表示されれば比例して自分のECサイトやオフィシャルサイトが見られる回数が増加します。他の方法に比べて自然体で集客が出来るのも利点であり、他のマーケティング術よりも費用対効果が高いのもメリットです。一般的な検索用語からサジェスト対策で表示させれば、今までは違った層を集客させられます。

SEOの積み木

サジェストマーケティングって何?SEO対策に関係している?

サジェストマーケティング活動とは、文字通りネット検索サイトのサジェスト表示を活用した宣伝活動の事です。一般的なキーワードをユーザーが入力したところ、自社に関係するフレーズや語句が出るようになれば、それだけでSEO対策と同じようなアクセス数のアップ効果が得られます。関係するキーワードが自然と出るように操作するのがポイントです。サジェストマーケティング活動の利点は宣伝に見えないところであり、ユーザーの方が無意識的にアクセスしてくれます。

サジェスト対策で誹謗中傷は防げる?依頼するなら業者?弁護士?

大手検索サイトのサジェストに、自社に関するデマや事実無根の誹謗中傷が掲載されていたら一大事です。ネガティブな情報が表示されたら、サジェスト対策を検討しましょう。メディアエクシードは費用が安いサジェスト対策サービスです。業者に頼む方が費用的に良いですし、確実にネガティブな情報を一般消費者の目から消せるので効果的です。最近の一般消費者はネット検索で商品やサービスの情報を検索します。そこに変な情報やデマが掲載されていたら、大きな風評被害となります。