サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェストスパムとは?サジェスト操作はペナルティがあるって本当?

投稿日:2019年6月20日 更新日:

検索窓に一つの言葉を入力すると、その候補となる言葉が表示されます。それをサジェストと言うのですが、それを意図的に操作するのがサジェストスパムになります。

この方法を利用すると開いてほしいページへ誘導することが簡単になります。しかし、サジェストスパムによって操作を行うと、運営会社によるペナルティが課されると言われています。

インデックスが削除されてしまうので、検索しても全く表示されなくなってしまいます。

サジェストスパムって何?

キーボードと地図

サジェストスパムとは、検索エンジンで表示されるサジェストに風評被害に関係する内容を表示させることを意味しています。

例えば、特定の企業の業績を低下させたいために、あえて企業にとって損になってしまう内容を掲載しておくことでサジェストスパムを行うのです。

こうすることによって、企業の損になる内容を書いたブログやサイトを見てもらい、PVを稼いで広告収入を得ると同時に、株式売買で利益を得やすくしています。

サジェストスパムには他にも種類があり、単にその企業に恨みや反感を覚えているユーザーが行うものもあるのです。このように、サジェストの汚染が広がっていくと、自動的にその組織や個人の風評被害が拡大していくようになります。

複数のドメインを使用して、同時に同じ内容を掲載していけばいいだけなので簡単ですし、TwitterなどのSNSを使用してしまえば更にサジェストの上位に表示されてしまうこともあるでしょう。

結果的にサジェストのスパム行為を行った人が得をするようになっています。

もちろん、そういった人たちに対して具体的に法的手続きによって風評被害拡大しないように対策を行うことも可能ですが、場合によっては多額のお金が掛かってしまいます。

サジェストスパムは悪質?

サジェストスパムは複数のドメインを使用して、特定のキーワードを検索結果に表示させようとする行為のひとつで、悪質であるとされています。

例えば、特定の企業名を検索して企業に対する悪評を掲載するブログを乱立させてしまった場合、サジェストスパムになってしまうだけでなく、名誉毀損に該当してしまう恐れもあるのです。

更に、サジェストスパムを行うと、数日後に検索結果から非表示になってしまう恐れがあります。

GoogleやYahooなどの検索エンジンの大手サイトはこのようなスパム行為を厳しく取り締まっており、名誉毀損などの違法行為を野放しにしないためにも、検索結果から表示させないなどの対策を徹底しています。

サジェストに自分のサイトを表示させたいのであれば、スパム行為に該当しない範囲で運営していくほうが有効です。

例えば、Googleキーワードプランナーを活用して、自社サイトのキーワードを特定することでその分野に関連した内容に特化していくと良いでしょう。

こうすることによって継続的にPVと収益を確保できるようになるだけでなく、サジェストスパムをするよりもペナルティを課せられることもないので、SEOにも効果的です。

サジェスト操作は簡単に行える?

サジェスト操作は初心者でも簡単に行うことが出来ます。方法としては、複数のドメインを取得して、静的サイトに同様の内容のページを乱立させ、SNSで炎上させることです。

こうすることによってGoogleの検索エンジンにサジェストとして表示され、サイトのPVが増加して収益を簡単に手に入れることができるでしょう。

ただし、この方法はGoogleによってサジェストスパムであると判定され、何らかのペナルティを課せられてしまう可能性は否定できません。

特にサジェスト操作を安易に行っていくと、このように風評被害に発展してしまう恐れもあるので利用には十分注意します。サジェスト操作を安全に行いたいのであれば、Googleキーワードプランナーを活用していく方法が良いでしょう。

例えば、Googleキーワードプランナーであれば、自社サイトの強みや検索エンジンの最適化に一役買うことが出来ますし、強みのあるコンテンツを集中的に展開していくことでPVと収益の確保を両立させることができるようになります。

ただし、スパムと思われない程度に過剰な対策を行うことがないように十分注意して利用していくことが重要です。安易に大量のドメインを取得して操作しないようにしましょう。

サジェスト操作を行うとペナルティはある?

サジェスト操作を行ったとして、具体的なペナルティが発生した前例はまだ報告されていません。

ただし、サジェストのスパム行為を立て続けに行った場合は、関連するサイトすべてが一律にペナルティを課せられる可能性も否定できないことを覚えておいたほうが無難です。

例えば、特定の企業に対するマイナス評価の記事を乱立させて、企業の株価を下げようとした場合、企業側からそのサイトすべてを検索結果に表示されないように対策を講じる可能性があります。

その因果関係がペナルティに該当するかどうかはGoogleの管理人でなければわかりませんが、少なくとも悪評ばかりを掲載するコンテンツであれば何らかのペナルティを課せられてもおかしくはありません。

特にこのような企業の評判を上げたり下げたりする行為は風説の流布に該当するので、安易にサジェスト操作を行うと、訴えられる可能性もあるので避けたほうが無難です。

以上の点から、サジェスト操作を意図的に行った場合、何らかのペナルティが課せられる可能性は否定できませんが、少なくとも訴訟に発展する可能性があります。

そのため、不適切なサイトを安易に掲載してサジェスト操作を行わないように注意しましょう。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Yahooのサジェストの仕組みは?サジェスト対策は簡単に行える?

Yahooのサジェストの仕組みは、使用されているブラウザのクッキー履歴を読み取るだけなのでとても単純な仕組みであるといえます。このサジェストは設定を変更しない限り、勝手にクッキー情報をYahooに送信しているのでこれまで閲覧してきたWebキーワードに見合った広告を表示させます。対策をおこなう方法は簡単で、Yahooトップページの下部にある「プライバシー」をクリックして、サジェストの無効にすると選択すると以降は情報取得の信号が送られてきません。

サジェストとはどういった機能?選ばれる基準は誰が判断している?

サジェストとは、検索サイトで導入される機能です。キーワードを一つ入れると、その語句に関連した用語が自動的に表示されます。選ばれる基準ですが、いわゆるロボットが自動的に判断して決定しているのです。大手検索サイトのスタッフが人為的にキーワードを抽出しているわけではなく、一般ユーザーが頻繁に検索した語句が選ばれる基準となっています。一種の流行語のようなものであり、機械的に統計的に集計されたものなのでサジェストの結果は、なかなか信頼性が高いのです。

崩れるドミノ

サジェスト対策をする事によって考えられるデメリットは何がある?

Googleを使用してキーワード検索する際、入力途中で候補の一覧が表示されます。これをサジェストと言います。この表示はアルゴリズムで自動的に行い、内容は世間で注目を浴びている事柄に左右されます。本来検索したい人の意思とは違った内容が表示されることもあり、少なからず悪影響も懸念されます。また企業の場合はこのサジェスト機能で悪いイメージの言葉が緋も付くと、それが拡散されて後々問題になり兼ねません。そこでサジェスト対策としてデータ削除などの対策が必要になりますが、費用がかかるという問題もあります。しかし誹謗中傷や機会損失を考えると、デメリットよりもメリットの方が大きいので対応をしておくのが懸命です。

サジェストは怖い機能?自分が風評被害の当事者になる可能性もある?

検索エンジンを使って検索をかけると、何気なく下の方にサジェストとして関連キーワードが出現します。ユーザーが多く検索した言葉が表示される仕組みになっています。例えば、個人名で検索した場合、犯罪者と同じ名前だったりする方は風評被害が怖いものです。検索した人の勘違いにより、事件の当事者だと思われる可能性もあるのです。企業名の場合でもそのような被害があるようです。私たちは、情報を適切に読み取る力を身につけなくてはいけません。

サジェスト削除は申請しないと出来ない?何処に申請を出せばいいの?

検索エンジンやネットモールの検索欄に、検索キーワードを入力したときにサジェストとして表示される関連キーワードがネガティブな言葉であったとき、検索エンジンやネットモールの運営会社に申請をすることで削除してもらうことができます。自分でも申請はできますが、サジェスト削除をするにあたって、正当な理由でなければ対応してもらえない可能性があります。法的な根拠も交えて申請手続きするときには、弁護士に依頼して代わりに手続きをしてもらう方法もあります。専門の業者に任せるという方法もありますが、どれだけの効果があるかははっきりしません。なかには料金だけ取って逃げてしまう業者もいるので気をつけましょう。