サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェスト対策で意図したキーワードを表示させる事は可能?

投稿日:2019年6月20日 更新日:

サジェストとは、検索したワードに関連が高いキーワードを自動で予測し、表示する機能のことです。この機能で表示されることにより、多くのユーザーが検索する可能性が高まります。

サジェストで抽出されるにはいくつかの条件があります。しかし、意図したキーワードを表示させることは簡単ではありません。

そこで、サジェスト対策のサービスを利用し、意図したキーワードを表示させることができます。このような表示が操作できるとは驚きのサービスだと思いませんか?

サジェスト対策は意図したキーワードを表示出来る?

陳列した文字

サジェスト対策によって意図したキーワードを表示させることは、初心者にはやや難しくはありますがウェブマーケティングの専門家やその分野におけるエキスパートであれば容易です。

具体的な方法は簡単で、そのキーワードについて詳しく説明することと、情報の権威性を高めることにあります。

例えば、医療系の情報を掲載するサイトであれば、病院などの医療機関から公開されている情報であれば、その信頼性は高いと言えます。

一方で医療機関に所属したわけでもない一般人が、医療情報を公開したとしても、その権威性に何ら価値は認められません。一般人が提供する医療情報は二次情報以外の何物でもなく、病院は専門集団なので情報の信頼性は非常に高いからです。

そのため、キーワードについて詳しく説明するだけでなく、権威性を高めるためにも実在する機関が発行したものであることをアピールしていくことが良いでしょう。

特に特定の分野についてのコンテンツが多ければ多いほど、情報の権威性は確実に向上していきますし、サジェスト対策によって意図したキーワードを表示させることもできるようになります。

重要なことはキーワードについて専門的な知識があることをアピールして、信頼されることです。

サジェスト対策で意図したキーワードを表示させるメリットは?

サジェスト対策を依頼して意図したキーワードを表示させるメリットとしては、事件や事故にまつわる関係者の名前など個人にとって不利益となる情報元への、アクセス数を減らせるというのがまずあります。

例えば過去に犯罪行為を犯してしまい、罪を償って再スタートを計ろうとしても、インターネット上で過去の事件の情報が氏名付きでまとめられているようなら就職や転職での足かせになります。

そこでサジェスト対策を行い、事件そのものを消すことはできなくてもまとめ記事などへアクセスしづらい状況を作ることで、事件や事故の風化を狙うことが可能となるのです。

サジェスト対策は企業にとっても重要で、同じ名前の会社が何らかの重大な事件を起こした場合に同名の会社まで勘違いで槍玉に挙げられることがあります。

風評被害や勘違いから自社の利益を守るために、サジェスト対策を行い自社のホームページを検索結果の下位にするような対策が望ましいとされているのです。

サジェスト対策で意図したキーワードを表示されるメリットは個人だけでなく企業や団体にもありますので、サジェスト対策の依頼を出すのは法人であることも珍しくありません。

この傾向はネット社会が続く今後も維持されることが予想されております。

サジェスト対策で意図したキーワードを表示させるデメリットは?

サジェスト対策で意図したキーワードを表示させるデメリットですが、先行投資が必要な点です。

これはネットマーケティング全般に言える事ですが、先に費用を投じる必要があり、その後、徐々に意図したキーワードによるPR効果が実感できます。

リアルタイムで即効性がある手法ではなく、イベント当日やセール当日に依頼すれば即、効果が実感できるマーケティング手法ではありません。

サジェスト対策の効力は実際に行われてから約1週間程度で出るものです。これは数あるネットマーケティング手法の中でも随一のレスポンスの良さです。

しかし、場合によっては2週間から一か月程度、サジェスト対策の効果がズレて現れる事もあります。

先行投資の費用は無駄になりませんが、依頼した側が意図したキーワードと店舗のキャンペーンやセールの時期が、微妙にズレてしまうのがデメリットです。

サジェスト対策は非常に効果が高く、わずかな投資で大きな宣伝効果が得られる手法ですが、受け付ける専門業者によって品質はピンキリなのもデメリットといえます。

実績が豊富な専門業者であれば、確かな技術で意図したキーワードを確実にサジェスト候補に加えてくれますが、まだ実績が少なく技術が浅い企業に依頼すると、想定よりも小さいリアクションしか得られない、というデメリットが生じます。

サジェスト対策を依頼する人は年々増加傾向にある?

自身がインターネット検索で何らかの情報を調べたいときには、サジェストシステムは非常に便利だと言えます。

一方で自身がサジェストによる風評被害や誹謗中傷といった被害を被っている場合には、炎上の原因を取り除くための努力に合わせてサジェスト対策も施すことが好ましいとされております。

ネット上の情報は一生残る確率が高いので、インターネット検索でのヒット率を下げるなどの対処が望ましいからです。

サジェスト対策で意図したキーワードが出てこなくするといった対策を希望する方は、パソコンやスマートフォンなどインターネット接続ツールの一般普及に伴い年々増加傾向にあることで知られています。

老若男女の誰しもがインターネットを利用するのが当たり前の時代になったことに伴い、必然的に個人を対象にした炎上事件や同姓同名の人物による犯罪行為などのまとめ記事が増えています。

サジェスト対策をしなければ生活にまで影響が及ぶといった状況が作り出されるケースも増えているからです。犯罪行為やネット炎上事件のまとめ記事やブログでの書き込みを完全に根絶するのは難しいです。

しかし、サジェスト対策をすることで人々で個人にとって不利益となる情報に触れる頻度は減りますので、今後もサジェスト対策への依頼数は増えることが予想されています。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

後ろを向いた男性

サジェストがもたらす風評被害とは?ネットを甘く見るとヤバい?

特定の個人名や企業名を入れると関連するサジェストのキーワードが自然と並びます。大手ネット検索サイトのサジェストは非常に精度が高く、商品やサービスを検索するユーザーはそれを大いに信頼します。自社や自分の名前をネット検索したところ、サジェスト結果に心当たりがないネガティブな噂や根も葉もないデマの用語が表示されたら大変です。風評被害を放置すると、その結果がいつの間にかネットの世界で「真実」になりかねません。大手サイトは信用力があり、対策を放置すると一般ユーザーの間で、デマや噂が真実の情報として解釈され、自社を避ける動きやSNSでバッシングする運動が起き始めます。

サジェスト対策はブランディングの確立に最適って本当?

サジェスト対策はブランディングの確率が最適というのは本当です。サジェスト機能を使うと、クライアントが表示したい候補キーワードを検索エンジンの検索窓に現れるのでブランディングや認知拡大に期待が持てます。サジェスト対策をする場合、キーワードは最大で16文字で構成されることになります。ネガティブキーワードを削除することも可能なので、企業イメージを悪くしている言葉であっても約1週間で削除することも可能です。ブランディングの確立には打って付けの方法です。

Googleのサジェストの仕組みは?サジェスト対策は簡単に行える?

Googleのサジェストの仕組みは、一般ユーザーが検索時に入力した用語が登録されていくものです。特定の用語が検索された回数と頻度によってサジェストは決まります。対策は比較的簡単であり、一定期間の間に関連付けたいキーワードやフレーズを高頻度、検索すればOKです。ただしGoogleは露骨なサジェスト対策は弾く仕様になっているようで、素人が大量に一定期間、ネット検索をしても迷惑行為とみなされる恐れがあります。専門家でなければGoogleの対策は難しいのが実態です。

サジェスト削除は弁護士に依頼した方が確実に削除できるし安心?

サジェストの削除は個人で申請することもできますが、アルゴリズムに基づいたもので問題がないと回答して拒否される場合もあります。しかし、事実と異なり名誉棄損になるなど、法的な根拠があればそれを理由にして削除させることができます。ただし、法的な根拠を明確にしていないと該当していても応じない場合があり、法律の素人が的確に申請するのは難しいです。また、一度拒否されると再申請しても通らないことが多く、最初の対応が重要です。そのため、専門家である弁護士に相談して依頼するのが安心と言えます。

サジェストの順位はどんな基準で上位になる?上位に居続ける方法は?

検索されたキーワードの数が多くなれば、それだけサジェストで上位になります。また地域によっても異なり、その地域で多くのキーワードが検索されることで順位も変わってきます。基準は検索履歴で変わると考えてください。上位に居続ける方法は、どれだけユーザーから関心を持たれ、検索されているのかで変化していきます。この基準はその時の流行やユーザーの支持によって変わってきますので、なかなか恣意的に調整するのは難しいです。