サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェスト対策で意図したキーワードを表示させる事は可能?

投稿日:2019年6月20日 更新日:

サジェストとは、検索したワードに関連が高いキーワードを自動で予測し、表示する機能のことです。この機能で表示されることにより、多くのユーザーが検索する可能性が高まります。

サジェストで抽出されるにはいくつかの条件があります。しかし、意図したキーワードを表示させることは簡単ではありません。

そこで、サジェスト対策のサービスを利用し、意図したキーワードを表示させることができます。このような表示が操作できるとは驚きのサービスだと思いませんか?

サジェスト対策は意図したキーワードを表示出来る?

陳列した文字

サジェスト対策によって意図したキーワードを表示させることは、初心者にはやや難しくはありますがウェブマーケティングの専門家やその分野におけるエキスパートであれば容易です。

具体的な方法は簡単で、そのキーワードについて詳しく説明することと、情報の権威性を高めることにあります。

例えば、医療系の情報を掲載するサイトであれば、病院などの医療機関から公開されている情報であれば、その信頼性は高いと言えます。

一方で医療機関に所属したわけでもない一般人が、医療情報を公開したとしても、その権威性に何ら価値は認められません。一般人が提供する医療情報は二次情報以外の何物でもなく、病院は専門集団なので情報の信頼性は非常に高いからです。

そのため、キーワードについて詳しく説明するだけでなく、権威性を高めるためにも実在する機関が発行したものであることをアピールしていくことが良いでしょう。

特に特定の分野についてのコンテンツが多ければ多いほど、情報の権威性は確実に向上していきますし、サジェスト対策によって意図したキーワードを表示させることもできるようになります。

重要なことはキーワードについて専門的な知識があることをアピールして、信頼されることです。

サジェスト対策で意図したキーワードを表示させるメリットは?

サジェスト対策を依頼して意図したキーワードを表示させるメリットとしては、事件や事故にまつわる関係者の名前など個人にとって不利益となる情報元への、アクセス数を減らせるというのがまずあります。

例えば過去に犯罪行為を犯してしまい、罪を償って再スタートを計ろうとしても、インターネット上で過去の事件の情報が氏名付きでまとめられているようなら就職や転職での足かせになります。

そこでサジェスト対策を行い、事件そのものを消すことはできなくてもまとめ記事などへアクセスしづらい状況を作ることで、事件や事故の風化を狙うことが可能となるのです。

サジェスト対策は企業にとっても重要で、同じ名前の会社が何らかの重大な事件を起こした場合に同名の会社まで勘違いで槍玉に挙げられることがあります。

風評被害や勘違いから自社の利益を守るために、サジェスト対策を行い自社のホームページを検索結果の下位にするような対策が望ましいとされているのです。

サジェスト対策で意図したキーワードを表示されるメリットは個人だけでなく企業や団体にもありますので、サジェスト対策の依頼を出すのは法人であることも珍しくありません。

この傾向はネット社会が続く今後も維持されることが予想されております。

サジェスト対策で意図したキーワードを表示させるデメリットは?

サジェスト対策で意図したキーワードを表示させるデメリットですが、先行投資が必要な点です。

これはネットマーケティング全般に言える事ですが、先に費用を投じる必要があり、その後、徐々に意図したキーワードによるPR効果が実感できます。

リアルタイムで即効性がある手法ではなく、イベント当日やセール当日に依頼すれば即、効果が実感できるマーケティング手法ではありません。

サジェスト対策の効力は実際に行われてから約1週間程度で出るものです。これは数あるネットマーケティング手法の中でも随一のレスポンスの良さです。

しかし、場合によっては2週間から一か月程度、サジェスト対策の効果がズレて現れる事もあります。

先行投資の費用は無駄になりませんが、依頼した側が意図したキーワードと店舗のキャンペーンやセールの時期が、微妙にズレてしまうのがデメリットです。

サジェスト対策は非常に効果が高く、わずかな投資で大きな宣伝効果が得られる手法ですが、受け付ける専門業者によって品質はピンキリなのもデメリットといえます。

実績が豊富な専門業者であれば、確かな技術で意図したキーワードを確実にサジェスト候補に加えてくれますが、まだ実績が少なく技術が浅い企業に依頼すると、想定よりも小さいリアクションしか得られない、というデメリットが生じます。

サジェスト対策を依頼する人は年々増加傾向にある?

自身がインターネット検索で何らかの情報を調べたいときには、サジェストシステムは非常に便利だと言えます。

一方で自身がサジェストによる風評被害や誹謗中傷といった被害を被っている場合には、炎上の原因を取り除くための努力に合わせてサジェスト対策も施すことが好ましいとされております。

ネット上の情報は一生残る確率が高いので、インターネット検索でのヒット率を下げるなどの対処が望ましいからです。

サジェスト対策で意図したキーワードが出てこなくするといった対策を希望する方は、パソコンやスマートフォンなどインターネット接続ツールの一般普及に伴い年々増加傾向にあることで知られています。

老若男女の誰しもがインターネットを利用するのが当たり前の時代になったことに伴い、必然的に個人を対象にした炎上事件や同姓同名の人物による犯罪行為などのまとめ記事が増えています。

サジェスト対策をしなければ生活にまで影響が及ぶといった状況が作り出されるケースも増えているからです。犯罪行為やネット炎上事件のまとめ記事やブログでの書き込みを完全に根絶するのは難しいです。

しかし、サジェスト対策をすることで人々で個人にとって不利益となる情報に触れる頻度は減りますので、今後もサジェスト対策への依頼数は増えることが予想されています。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サジェストは削除出来るって本当?自分で削除する方法は何がある?

人を誹謗中傷する記事を投稿してしまったことが原因で後々訴訟を起こされたり、損害賠償の責めを負う羽目になったりすることがあります。このような事態にならないためには早急にサジェスト削除をしなければなりません。自分でこれを行うには検索機能の仕組みと共に、法的な知識も必要で難しいですが方法はあります。例えばグーグルのサジェスト削除申請用のフォームを使用します。削除の明確な理由や関連ワードのどの部分が法律に抵触するかなど、事前に良く調べた上で、一発で承認されるようにするべきです。複数回申請すると一度回答していると返信があり対応してもらえないので、最初の申請を完璧にしなければなりません。

SEOの積み木

サジェストマーケティングって何?SEO対策に関係している?

サジェストマーケティング活動とは、文字通りネット検索サイトのサジェスト表示を活用した宣伝活動の事です。一般的なキーワードをユーザーが入力したところ、自社に関係するフレーズや語句が出るようになれば、それだけでSEO対策と同じようなアクセス数のアップ効果が得られます。関係するキーワードが自然と出るように操作するのがポイントです。サジェストマーケティング活動の利点は宣伝に見えないところであり、ユーザーの方が無意識的にアクセスしてくれます。

サジェスト対策の仕組みとは?サジェスト対策ってそもそも何?

サジェストとはグーグル等検索機能で、あるキーワードを入力した時表示される候補一覧ですが、これが特定の人物にとって不利益を被るものである場合があります。過去の事件等で不起訴になったにもかかわらず、いつまでもインターネット上での検索に表示される等で心身共に苦しい状況におかれる等です。良からぬ風評が独り歩きをすることで社会生活に影響が生じる等看過できない問題もあり、サジェスト対策はこのような被害をなくすため、本人の希望等によりそのようなキーワードを削除する等の方法をとることをいい、その仕組みは、本人の希望の他、社会に大きな影響があると認められた場合には管理者の権限で削除することもあります。

パソコンと世界

サジェストを出す方法はアルゴリズムとキーワードが大事な鍵?

検索したいワードに関連した検索候補であるサジェストは、ユーザーにとってとても便利なものです。サジェストとして表示されるキーワードを出す方法はアルゴリズムにより決まります。アルゴリズムでは、実際に検索されたキーワードや検索履歴などが利用されます。また、話題や人気があるものも選ばれるようになっています。サジェストに表示されるキーワードが意図したものになるかどうかは、いかにアルゴリズムが上位と判断する条件を満たすことが鍵になります。

Googleのサジェストは地域と言語で表示内容が異なる仕組み?

Googleのサジェストは、ユーザーが利用している端末の場所や設定されている言語ロケールにより地域と言語が設定され表示が異なる仕組みです。例えばアメリカに居る時に「カフェ」で検索しようとすると、サジェストに「カフェカイラ」や「カフェモーリーズ」などアメリカで人気のお店が表示され、日本で同じく検索すれば「カフェホワイト」や「カフェブルー」などよく使われているお店の名称が表示されます。スマートフォンやタブレットなどGPSを内蔵している場合は位置情報が取得され、光ファイバーなどの固定回線を利用している場合はIPアドレスから地域を取得するほか、言語は利用しているOSの言語ロケールが自動検出されます。