サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェスト洗浄とはどういった意味?誰が何の目的で対策をする?

投稿日:2019年6月20日 更新日:

サジェスト洗浄とは、検索エンジンを運営している会社がサジェスト機能を正常な状態に戻すことを目的として、迷惑な検索候補を削除するという意味です。

検索エンジンでキーワードを入力すると、関連する検索候補がいくつか表示されます。

その検索候補のことをサジェストというのですが、キーワードに対して誹謗中傷や宣伝目的の言葉ばかりが並んでしまうと、本当に調べたいことが見つかりにくくなります。

そのような状態を汚染されているというのですが、そのまま放置していると検索エンジンの品質にも影響してきます。ですから対策として洗浄をしなければいけないのです。

サジェスト洗浄の意味とは?

落ちる水

サジェスト結果は数多くのネット利用者の目に、毎日触れるものです。そこにネガティブなフレーズが毎回表示されると、自然とユーザーからの評価が悪くなります。

有名検索サイトの検索結果は、非常に精度が高いです。自分の知りたい情報が毎日キッチリと表示されるため、一般消費者からの信頼度は極めて厚く同時にサジェスト結果もまた絶大な信頼を得ているのが実態です。

自社が販売する主力製品やサービス名を入れた後に風評被害を誘発する語句が沢山表示されたら、要注意です。

それを見たネット利用者は、その結果を受けて製品の買い控えをしたり、予約をキャンセルしたりサービス契約を先送りします。

企業や店舗にとって、非常に頭の痛いトラブルが起きるので、サジェスト汚染を見かけた時点で、専門会社に相談してサジェストの洗浄を依頼しなければなりません。

洗浄をする意味は風評被害を未然に防ぐ事です。ネガティブなフレーズが毎回、自社の製品やサービスとセットで表示されたら、SNSやネット掲示板や個人のブログにも悪い噂やデマが伝播していきます。

有名検索サイトのサジェスト結果はそれ自体が一つのニュースのような影響力を持っており、ネット世界に拡散される前に洗浄をして、デマの伝播を防ぐ事がリスクマネジメントとして大事です。

サジェスト洗浄は誰が行う?

サジェストというのは検索欄にキーワードを載せると、そのキーワードのヒット率を高めるために関連するキーワードを付けることです。

サジェスト自体は問題はないのですが、ただこの機能を悪用して他人を陥れる誹謗中傷被害が増えています。

その方法はサジェストに攻撃したい相手のキーワードがあると、その後ろの欄に誹謗中傷となるキーワードを打ち込んで登録します。

登録が完了すれば、あとは別の誰かが同じキーワードを打ち込めば登録した誹謗中傷のキーワードも一緒に出るので急速に広まっていくのです。

実際にサジェストによる誹謗中傷によって、個人のプライバシーや企業イメージが攻撃されることで社会に生きていくのが難しくなくなるのが起きています。

実際にサジェストの問題を受けた時には、焦らずに洗浄ができるように仕向ける必要があるのです。サジェスト洗浄は誰が行うというと、それは検索会社です。

検索会社に誹謗中傷だから注視してほしいと要望を立てても、知る権利によって阻害されてしまいます。

そこで弁護士やネットワーク関連会社に連絡をして、誹謗中傷が根も葉もないうわさということを証拠として集めるのです。

次に検索素を特定するために、逆SEOを掛けて発進した相手に連絡を取り誹謗中傷をやめさせます。その上で誹謗中傷が事実無根だったことを、検索サイトに伝えるときれいに消してくれます。

サジェスト洗浄を行う目的は?

サジェスト洗浄を行う目的は、風評被害のリスクマネジメントです。自社や自店舗へのデマや誹謗中傷、こういったものを放置すると、深刻な風評被害が発生します。

事実に基づいた商品へのクレーム、サービスへの正当な批判は率直に、経営者は受け止めなければいけません。一方で完全に真実とはかけ離れたデマや誹謗中傷については毅然とした態度が必要です。

自分の経営する店舗や会社の名前を、大手検索サイトに入れたところ、自動的にサジェスト機能で「詐欺」や「情報流出」や「ブラック」や「悪徳業者」などの用語が続けざまに表示されたら、それは大きなリスクとなりえます。

不特定多数の人々がそういったサジェスト結果を、リアルタイムで見る事となり、大手検索サイトの画面に出るものは、たとえ事実無根でも一般消費者には「事実」だと解釈されやすいのです。

サジェストの洗浄を行い、風評被害を誘発するキーワードやフレーズが結果から消えれば売り上げ低迷、店舗への問い合わせなどの危険を事前に回避出来ます。

元々サジェスト結果は信ぴょう性がとても高いものであり、ネットユーザーの多くがそれを参考にして情報収集を進めます。

しかし近年では関連のない用語が頻繁に出たり、ネガティブな情報が突然関連づけられる等のトラブルが頻発しており、洗浄をするメリットが高まって来ました。

サジェスト洗浄の仕組みとは?

サジェストがネガティブなキーワードで埋め尽くされている場合、汚染されたというニュアンスで言われることがあります。

実際にネガティブワードで覆われるのは、その汚染される原因が存在し、多くのユーザーたちがそのキーワードと関連ワードで検索したことによる結果だとすることも多いです。

しかし近年は検索エンジン側でも対策を施していることもあり、露骨な表現のネガティブワードがサジェストで登場することも稀になっています。そのため以前ほど、神経質にならなくて済む事情も存在します。

なおサジェスト洗浄を行う仕組みには、そのネガティブワードを一掃するために大々的な広告宣伝を行い、時の話題になるほどの勢いで行うことでネガティブなキーワードを一掃することが可能です。

つまりサジェスト洗浄は、ネガティブに検索されたユーザーの視点を変更させるぐらいの宣伝企画を打ち出すことで、対応することができます。

他にも炎上などでは、ある程度の期間が過ぎれば下火になる可能性も高くなり、他の注目されるキーワードが出た場合にはシフトしやすいのも大衆心理となります。

仮にサジェスト洗浄を行う上では、資金力のある企業であれば徹底的に広告宣伝などのキャンペーンを企画し、それが受け入れられることで結果として自ずと検索キーワードの洗浄が行えます。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カラフルな円

サジェストの検索ボリュームの順位を上げる方法や下げる方法は?

サジェストは検索ワードに関連するキーワードを表示してくれる、ユーザーにとっては非常に便利な機能です。表示されるキーワードの順位を上げることができれば、意図した検索をしてもらえる可能性が高くなります。サジェストの検索ボリュームの順位を上げる方法としては、サジェスト対策サービスを利用する方法があります。反対に下げる方法としても同様のサービスを利用すれば良いのです。検索ボリュームの順位を下げるメリットは、ネガティブなキーワードを目立たなくさせる効果があります。

Yahooのサジェストの仕組みは?サジェスト対策は簡単に行える?

Yahooのサジェストの仕組みは、使用されているブラウザのクッキー履歴を読み取るだけなのでとても単純な仕組みであるといえます。このサジェストは設定を変更しない限り、勝手にクッキー情報をYahooに送信しているのでこれまで閲覧してきたWebキーワードに見合った広告を表示させます。対策をおこなう方法は簡単で、Yahooトップページの下部にある「プライバシー」をクリックして、サジェストの無効にすると選択すると以降は情報取得の信号が送られてきません。

サジェスト対策はブランディングの確立に最適って本当?

サジェスト対策はブランディングの確率が最適というのは本当です。サジェスト機能を使うと、クライアントが表示したい候補キーワードを検索エンジンの検索窓に現れるのでブランディングや認知拡大に期待が持てます。サジェスト対策をする場合、キーワードは最大で16文字で構成されることになります。ネガティブキーワードを削除することも可能なので、企業イメージを悪くしている言葉であっても約1週間で削除することも可能です。ブランディングの確立には打って付けの方法です。

サジェスト対策の仕組みとは?サジェスト対策ってそもそも何?

サジェストとはグーグル等検索機能で、あるキーワードを入力した時表示される候補一覧ですが、これが特定の人物にとって不利益を被るものである場合があります。過去の事件等で不起訴になったにもかかわらず、いつまでもインターネット上での検索に表示される等で心身共に苦しい状況におかれる等です。良からぬ風評が独り歩きをすることで社会生活に影響が生じる等看過できない問題もあり、サジェスト対策はこのような被害をなくすため、本人の希望等によりそのようなキーワードを削除する等の方法をとることをいい、その仕組みは、本人の希望の他、社会に大きな影響があると認められた場合には管理者の権限で削除することもあります。

サジェストを消す方法は高度な対策が必要?資格が無くても出来る?

サジェストを消す方法として、資格は必要ありませんが高度な対策をしなければなりません。拒否されたときに再申請に応じる可能性は低いので、1回目で成功させるのが重要です。まず、事実に反している内容で名誉棄損などになる場合、法的な根拠を明確にして申請すれば削除されることがあります。これは法律の知識があった方が良いので、弁護士などに相談しましょう。サジェストの仕組みを理解して、他のワードの検索結果が上位になるように対策して非表示にすることも可能です。また、検索結果が表示されても問題のない記事が表示されるようにする対策もあります。