サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェストで自分の名前があった場合の対策法は?簡単に削除できる?

投稿日:2019年6月21日 更新日:

サジェストに自分の名前があった場合は、個人で削除するのは困難な場合もあります。

サジェスト削除申請から申請し明らかにポリシーに違反している場合は対応してもらうことも可能ですが、ポリシーに抵触していなかった場合には申請理由について詳しく説明できなければ大半のケースで却下されるだけではなく、1度却下されると再申請しても既に回答している旨の返答しかされなくなってしまいます。

そんな中で最も簡単で確実な対策法は、専門知識を持った弁護士に相談することです。

法的根拠に基づいて削除申請を行ったり代行をしてもらうことも可能で、弁護士が介在することで真摯な対応をしてもらえるのも大きなメリットです。

サジェストで自分の名前があった時の対処法は何?

頭をおさえる顔のない人

サジェストで自分の名前が表示されてしまっている状態は、どこかのサイトによって何らかの悪評が掲載されている可能性があります。この場合は、そのサイトを特定して具体的な対策を行うことが重要です。

例えば、弁護士事務所を利用して法的手続きに基づいて自分の名前が表示されているサイトを削除申請することが良いでしょう。

ただし、自分の名前が表示されているからと言って、必ずしも自分を意味しているとは限らない点に注意したほうが良いです。自分の名前が表示されていたとしても、それが同姓同名の別の人を意味している場合もあるからです。

そのため、安易に法的手段によってサイトを閉鎖に追い込もうとするのではなく、そのサイトが本当に自分を意味しているのかを考えた上で削除申請をしていく方法が良いでしょう。

またそのようなサジェスト検索で自分の名前が表示されたとしても、一時的なもので数日後には自動的に消されている可能性もあります。

そのため、あえて事を荒立てるようなことはせずに、見過ごしておくという方法も選択肢のひとつとして選ぶことも良いでしょう。

以上の点から、主な対処法としては明確に自分の事を意味している内容であれば法的手段でサイトを閉鎖することと、黙認することの二種類があります。

サジェストで自分の名前があった場合削除は可能?

会社名等を検索している時自分の名前が一緒に表示されて驚くことがあります。これは、サジェスト機能によって生じたもので、その上体のままにしておくと、それが拡大し定着してしまう恐れがあります。

グーグルの場合は着地サイトや関連するサイトがなければ表示されませんが、ヤフーの場合は検索ボリュームが一定量に達すると着地するサイトがなくても表示されることがあり、まして着地サイトがあると自分の名前を削除するのは困難なことが多いです。

それは個人名が表示されているということだけではプライバシー侵害とは認められないことがあるということです。

削除は自分でも申請出来ます。各検索エンジンごとに削除申請フォームが準備されているので、それによって申請することが出来ます。

しかし、確実に削除してもらうには確かな理由等要件を満たす必要があるので専門家に依頼する方が安心です。グーグルの場合はその可否の返事がきますが、ヤフーは返事はないので、一週間ほどたっても削除されない場合は次の手段に出ます。

通常、会社名と共に個人名が表示される状態のままに長期間おくと拡大、定着して再発のリスクも高くなるので早急に対策に着手した方が良く、その方法は、他のワードの方関連が強いという認識を検索エンジンに持ってもらい、他のワードが出易くすることです。

その上で着地するサイトを可能な限り削除します。

サジェストの削除は簡単だから専門知識は要らない?

サジェストの優れた点は、検索するキーワードを入力すると自動的・機械的にそれに関連するワードを表示してくれることです。

この関連ワードを表示することは、その検索するキーワードではどのように多く検索されているかを知ることができるメリットがあります。

ただこうしたメリットは実は自分の名前を検索した場合に、サジェスト機能で関連ワードが表示され、ネガティブワードになると困るケースも存在します。

大抵は自分の名前と同姓同名の方が事件を起こしたなどをした場合に表示されることも多いですが、たまにSNS炎上問題に付随して起こるケースもあります。

そういった場合に自分の名前によるサジェストの削除を行うことができるかに関しては、簡単に行うことができる場合もあるため、特に専門知識を必要としません。

ただ実効性を担保するためには、弁護士などの専門家に依頼する方法の方が適切である場合も存在します。

検索エンジンとして利用されることが多いGoogleでは、オートコンプリートポリシーが定まっており、それに違反した場合には申請を行うことで受付をしてくれます。

実際には専用のフォームが存在するため、そこに必要事項を入力して送信を行うだけで済みます。実際にサジェストの削除されるかは、オートコンプリートポリシーに基づいたGoogle社の判断に委ねられることになります。

サジェストで自分の名前が上がらないようにする対策はある?

Googleのサジェストは、そのポリシーに反しているような場合は申請をすれば削除対応してもらえます。例えば自分の名前があがったり、露骨に性的な表現が表示されたり、暴力的な表現、差別的な表現がされているような場合です。

そのような時には申請フォームがあるので、そこから申請することができます。しかし削除申請を一度断られたら2回目は「すでに一度回答しました」という返信がくるようになり、不可能になってしまう面があります。

自分でやるのが少し心配ならば弁護士などによる削除申請を直接依頼するのも、おすすめです。

どのようなことが権利侵害にあたるのか、という知識が弁護士はしっかり持っているので、専門家の判断を仰ぎどのように法律に照らして権利が侵害されているのかということを適切に申請をすることができます。

なので、特に弁護士の中にはインターネット問題に強い人がいますので、そのような人に直接相談して削除依頼をするという手があります。そして弁護士で問題になった場合などはサジェスト削除サービス業者などもあります。

こうしたサービスを利用することも検討してみることによって、より確実性が高くサジェストの削除を行うことができるようになります。

最近は検索氷と向上するために実装されましたが、名誉毀損やプライバシー侵害などでサービス裁判となっているようなケースもありますので、プロフェッショナルだ専門家に頼むと良いでしょう。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サジェスト対策で知名度拡大やアクセスアップに繋がるって本当?

何か情報を探す時に検索エンジンを利用されるという方が殆どでしょうが、その際に文字を途中まで打つと、候補を表示してくれる機能が働きます。これをサジェストと言います。皆が検索をしていると感じたら、とりあえずクリックを押してしまう人が多いのです。このサジェスト対策を行う事で、知名度拡大やアクセスアップに繋がるのです。集客力をアップさせたいと考えておられる方にはメリットばかりの対策なのではないでしょうか。

サジェスト対策で誹謗中傷は防げる?依頼するなら業者?弁護士?

大手検索サイトのサジェストに、自社に関するデマや事実無根の誹謗中傷が掲載されていたら一大事です。ネガティブな情報が表示されたら、サジェスト対策を検討しましょう。メディアエクシードは費用が安いサジェスト対策サービスです。業者に頼む方が費用的に良いですし、確実にネガティブな情報を一般消費者の目から消せるので効果的です。最近の一般消費者はネット検索で商品やサービスの情報を検索します。そこに変な情報やデマが掲載されていたら、大きな風評被害となります。

SEOの積み木

サジェストマーケティングって何?SEO対策に関係している?

サジェストマーケティング活動とは、文字通りネット検索サイトのサジェスト表示を活用した宣伝活動の事です。一般的なキーワードをユーザーが入力したところ、自社に関係するフレーズや語句が出るようになれば、それだけでSEO対策と同じようなアクセス数のアップ効果が得られます。関係するキーワードが自然と出るように操作するのがポイントです。サジェストマーケティング活動の利点は宣伝に見えないところであり、ユーザーの方が無意識的にアクセスしてくれます。

後ろを向いた男性

サジェストがもたらす風評被害とは?ネットを甘く見るとヤバい?

特定の個人名や企業名を入れると関連するサジェストのキーワードが自然と並びます。大手ネット検索サイトのサジェストは非常に精度が高く、商品やサービスを検索するユーザーはそれを大いに信頼します。自社や自分の名前をネット検索したところ、サジェスト結果に心当たりがないネガティブな噂や根も葉もないデマの用語が表示されたら大変です。風評被害を放置すると、その結果がいつの間にかネットの世界で「真実」になりかねません。大手サイトは信用力があり、対策を放置すると一般ユーザーの間で、デマや噂が真実の情報として解釈され、自社を避ける動きやSNSでバッシングする運動が起き始めます。

サジェストは怖い機能?自分が風評被害の当事者になる可能性もある?

検索エンジンを使って検索をかけると、何気なく下の方にサジェストとして関連キーワードが出現します。ユーザーが多く検索した言葉が表示される仕組みになっています。例えば、個人名で検索した場合、犯罪者と同じ名前だったりする方は風評被害が怖いものです。検索した人の勘違いにより、事件の当事者だと思われる可能性もあるのです。企業名の場合でもそのような被害があるようです。私たちは、情報を適切に読み取る力を身につけなくてはいけません。