サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェスト対策の仕組みとは?サジェスト対策ってそもそも何?

投稿日:2019年6月21日 更新日:

サジェストとはグーグル等検索機能で、あるキーワードを入力した時表示される候補一覧ですが、これが特定の人物にとって不利益を被るものである場合があります。

過去の事件等で不起訴になったにもかかわらず、いつまでもインターネット上での検索に表示される等で心身共に苦しい状況におかれる等です。

良からぬ風評が独り歩きをすることで社会生活に影響が生じる等看過できない問題もあり、サジェスト対策はこのような被害をなくすため、本人の希望等によりそのようなキーワードを削除する等の方法をとることをいい、その仕組みは、本人の希望の他、社会に大きな影響があると認められた場合には管理者の権限で削除することもあります。

サジェスト対策って何?

迷路と道しるべ

サジェストは検索エンジンにキーワードを入力した場合に、関連キーワードが一覧形式で表示される機能です。

実際にユーザーにはキーワード入力を行った段階でサジェストされるため、それを選択するだけで詳細なキーワードの情報を把握することが簡単になります。

サジェスト対策には関連キーワードにネガティブワードが表示されないようにする対策の他に、その仕組みを活用して商用に利用する対策を行うことも可能です。

検索結果の上位表示されるようにするSEO対策よりも、よりクリック率も高く効果も明らかなため注目されています。

実際にサジェスト対策はユーザーの70%の方が、自動的に関連キーワードが表示されているのを見て、それを検索したことがあるので、かなりの確率で集客に利用することも可能です。

サジェスト対策の仕組みがキーワードセットになるワードとなるため、この対策をしっかり行うことで商用ではブランディング効果を得ることができ、価値の高まりにも貢献します。

費用対効果も従来のSEO対策よりも安く導入することができる点もあり、近年はこちらの活用もメインになっています。

ただSEO対策を行い、サジェスト対策も行うことでより相乗効果が高まるため、サジェスト対策だけを行っていれば安心とするのは早計です。

サジェスト対策ってどんな仕組み?

サジェスト対策とは、検索エンジンに表示されるサジェストを表示させないようにする事を意味しています。

例えば特定の店舗の名前で検索した時に、その店舗に関する風評被害が掲載されていた場合は店舗の売上にも影響を及ぼしてしまう恐れがあります。

その内容が事実であったとしても、店舗の存続に大きく影響を及ぼしてしまう恐れがあるので、サジェスト対策は重要になるのです。具体的なサジェスト対策の仕組みは、YahooやGoogleなどの検索大手サイトに申請するやり方があります。

この方法であれば、風評被害を被ってしまうサジェストを直ちに削除してくれるので、すぐに対策を施したい方にはおすすめできるでしょう。

ただし、この問題はGoogleなどに直接申請するので、法律問題になっている場合を除いて申請が受理される可能性は低いです。そこで、弁護士を経由してサジェスト対策を行う方法の他に、風評被害対策会社を経由して依頼する方法などがあります。

いずれもお金がかかってしまうので、サジェスト対策に時間がかかってしまう問題を解決したい場合には有効であると言えるでしょう。とはいえ、サジェスト対策を行ったからと言って必ずしも売上の向上にはつながるとは言えないのです。

サジェスト対策を依頼する人はどんな人が多い?

サジェスト対策は二つの側面があり、一つは関連ワードにネガティブなワードが表示されるのを防ぐ対策です。もう一つにはポジティブなワードを増やして、多くのユーザーに広告宣伝するブランディング化を育てる対策となります。

サジェスト機能の仕組みには、例えば会社の名前をそのまま検索エンジンに入力を行うとその関連キーワードが表示されるのを目にすることができます。

もっとも検索エンジンでは、多くのユーザーがSEOキーワードにどんな関連キーワードを含めて検索を行ったかで判断し、それが多ければ多いほどサジェストする仕組みにもなっています。

こうしたサジェスト対策を依頼する方の多くは、やはり商用では評判が重要な要素になりますので、企業からの依頼が多いのが特徴的です。

もっともサジェストではネガティブなワードが表示されることもありますが、なかには事実無根の誹謗中傷的に行われることもあります。

そういった事情があればサジェスト対策を行うことで、そのネガティブのワードを表示されないようにでき、評判を落とすことを防ぐことも可能です。こうしたネガティブなワードの場合は、個人からの依頼もたまに存在します。

一方ではサジェスト対策を行えば、ブランディング化を図ることもできるので、商用目的では企業からの依頼が多いです。

サジェスト対策はどのくらい効果が持続する?

サジェスト対策が効果を発揮する持続時間は、外的要因によって大きく変化します。極端な話をすればインターネットに対して誰もが一切の関与を行わなければ、サジェスト対策の効果は永続します。

しかしこの仮定は現実的ではありません。なぜならユーザーが検索を行うたびにサジェスト機能はその影響を受け、また検索エンジンなどを提供している企業は常にサジェストの仕組みに改良を加えているからです。

だからサジェスト対策を行った直後にグーグルなどがサジェストの優先順位に関する仕組みなどを根本的に変更した場合、サジェスト対策が無効化されてしまうこともあります。

とはいえこれは不幸な偶然が重なった場合にのみ起こることで、多くの場合サジェスト対策を適切に行えば最低でも1週間から1ヶ月はその効果が持続すると言われています。

ただしインターネット上の大規模な炎上事件などに巻き込まれた時は例外です。

このことから分かるのはサジェスト対策は短期的に集中して取り組む施策ではなく、機械のメンテナンスのように長期的に何度も行う取り組みであるということです。

面倒にも感じますがサジェストを企業にとって良質な状態に保つことは、投資した費用に見合う十分な結果をもたらしてくれます。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

崩れるドミノ

サジェスト対策をする事によって考えられるデメリットは何がある?

Googleを使用してキーワード検索する際、入力途中で候補の一覧が表示されます。これをサジェストと言います。この表示はアルゴリズムで自動的に行い、内容は世間で注目を浴びている事柄に左右されます。本来検索したい人の意思とは違った内容が表示されることもあり、少なからず悪影響も懸念されます。また企業の場合はこのサジェスト機能で悪いイメージの言葉が緋も付くと、それが拡散されて後々問題になり兼ねません。そこでサジェスト対策としてデータ削除などの対策が必要になりますが、費用がかかるという問題もあります。しかし誹謗中傷や機会損失を考えると、デメリットよりもメリットの方が大きいので対応をしておくのが懸命です。

サジェスト対策をする事によって考えられるメリットは何がある?

サジェスト対策によって得られるメリットですが、自社や自分の店舗が頻繁に一般ユーザーの目に触れるようになります。大手ネット検索のサジェスト結果に、頻繁に表示されれば比例して自分のECサイトやオフィシャルサイトが見られる回数が増加します。他の方法に比べて自然体で集客が出来るのも利点であり、他のマーケティング術よりも費用対効果が高いのもメリットです。一般的な検索用語からサジェスト対策で表示させれば、今までは違った層を集客させられます。

パソコンを触る人

サジェストが表示されない時の対処法は何かある?高度な知識が必要?

バージョン7.11.1になってから、サジェストが正常に表示されない不具合が相次いでいます。この表示されない時の対処法には、高度な知識は一切必要がないのでどなたでも対処することが可能です。その方法とは、LINEのクッキーを削除することで簡単に表示させられます。クッキーの削除はスマートフォンの設定項目にあるアプリを選択します。その中からLINEを選ぶと、「クッキーの削除」というメニューがあるのでタップをするだけで完了です。

サジェスト汚染とは?汚染するとどんな被害にあう可能性がある?

サジェストとは、特定の単語を検索エンジンで検索したときにその単語と関連性の高い言葉が表示される仕組みのことをいいます。例えば、サプリメントと言う単語を検索したときに関連するキーワードとしてネットワークビジネスと言う言葉が出てくるようなものです。このような関連する単語がたくさんでてきますが中にはその単語を汚染するような人もいます。これをサジェスト汚染といいます。サジェスト汚染は、被害に遭う可能性もありますので弁護士などに相談して十分な対策を立てておく必要があるでしょう。

Googleのサジェストは地域と言語で表示内容が異なる仕組み?

Googleのサジェストは、ユーザーが利用している端末の場所や設定されている言語ロケールにより地域と言語が設定され表示が異なる仕組みです。例えばアメリカに居る時に「カフェ」で検索しようとすると、サジェストに「カフェカイラ」や「カフェモーリーズ」などアメリカで人気のお店が表示され、日本で同じく検索すれば「カフェホワイト」や「カフェブルー」などよく使われているお店の名称が表示されます。スマートフォンやタブレットなどGPSを内蔵している場合は位置情報が取得され、光ファイバーなどの固定回線を利用している場合はIPアドレスから地域を取得するほか、言語は利用しているOSの言語ロケールが自動検出されます。