サジェスト対策総本部

Just another WordPress site

other

サジェスト対策はブランディングの確立に最適って本当?

投稿日:2019年6月21日 更新日:

サジェスト対策はブランディングの確率が最適というのは本当です。サジェスト機能を使うと、クライアントが表示したい候補キーワードを検索エンジンの検索窓に現れるのでブランディングや認知拡大に期待が持てます。

サジェスト対策をする場合、キーワードは最大で16文字で構成されることになります。ネガティブキーワードを削除することも可能なので、企業イメージを悪くしている言葉であっても約1週間で削除することも可能です。

ブランディングの確立には打って付けの方法です。

ブランディングの確立とはどういった意味?

グーサインをする男性のイラスト

ブランディングとは平たく言うと、商品やサービスにブランド力を持たせ、市場において確固たるポジションを築くマーケティング戦略のことです。

ブランド力といっても高級品のことを指すのではなく、使い勝手の良さやその会社の商品だけの特徴、その商品だけが持つメリットなど、高級さよりも商品の中身による評価のことを指します。

ブランディングの確立は「この商品と言えばこの会社」、「このサービスならここの会社の方が良い」というプラスのイメージをユーザー間に持たせます。

そうすることで、リピーターを増やし、企業と商品の認知度を世間に広めて商品やサービスに確かなブランド力を持たせることを言います。

ブランディングは確立させることができれば、商品や提供するサービスの価値を上げるだけではなく、同じテーマの商品を扱う他の会社との差別化やユーザーからの信頼も得られるため起業する上では欠かせないとも言われています。

では、どのように確立させるのかと言うと、「商品のコンセプトは何か」「どの層をターゲットにしているのか」などをしっかりと決めることがポイントです。

また、GoogleやYahoo!などの検索サイトにヒットするようサジェスト対策を取ることもブランディングの確立に繋がります。

サジェスト対策はブランディングの確立に最適?

サジェスト対策を行うことによって得られる恩恵は、PVの確保や収益の向上だけに留まりません。特に企業や物販系のサイトであれば必要不可欠なブランディングの確立にも最適であると言えるでしょう。

例えば、特定のキーワードに特化したサイトを作ることができれば、その分野の専門家がサイトを運営しているとYahooやGoogleなどの検索エンジンに権威づけができるようになります。

結果的にその分野にエキスパートとして活動できるようになり、固定客の確保も簡単になるのです。このようにしてサジェスト対策によってブランディング化も可能になります。

具体的な対策は、ブランディングしたいキーワードを中心としてサイトを運営していく方法が良いでしょう。

こうすることによってサイトのコンテンツが充実していき、結果的に良質なサイトとしてブランディングできるだけでなく、サジェスト対策によりPVの確保にも貢献できます。

注意することは、露骨なサジェスト対策をやりすぎてしまうことです。

例えば自分のサイトを他のサイトにリンクしてPVを稼いだり、コンテンツが少ないにも関わらずサジェストをやりすぎてしまうとペナルティを与えられてしまうことがあります。

サジェスト対策はどんなキーワードでも出来る?

サジェスト対策を行うと、検索エンジンで一人のユーザーが検索にかけたいキーワードを打ち込むと自動的に関連キーワードを表示してくれます。

検索エンジンで自動的に補助的に提案するかのように導き出し表示してくれるので、ユーザーにとっても手間をかけずに自分の知りたい情報を検索することが可能です。

当然に多くのユーザーがその言葉で検索を行っていると認識しているため、その検索をかけたユーザーも同じように注目され検索されやすくなります。

驚異的なクリック率を誇る点があり、一つのキーワードのユーザーの検索傾向を知ることもできます。つまりブランディングにも活用することができ、サジェスト対策による広告を40%のクライアントが行っているほどです。

実際にサジェスト対策を行う上では、どんなキーワードでも可能ですが、多くの検索エンジンユーザーに検索されていることが前提条件になります。

例えばあまり検索されることがないキーワードを対策することは、ブランディングの効果があるかに関しては微妙なことも多いです。

もっともキーワードにサジェスト対策を行った場合でも、検索時の位置情報や端末により変化することもあります。瞬間的な時事ネタに類するキーワードや過去に入力したキーワードが表示されるケースも存在します。

サジェスト対策を行うにはどれくらいの時間が掛かる?

サジェスト対策は、一つのキーワードに関連キーワードを表示させる対策で、現在は多くの方が探したい情報を検索エンジンで入力して検索されることが多いことから注目されています。

従来のSEO対策は、キーワードによる検索結果の表示順位を上位に持っていくことを目的に行われるのが主流となっています。

しかしそれは無理なSEO対策を行った場合には、検索エンジンからのペナルティを得る可能性もあり、それ以外にも検索順位の上位に表示されるまでには時間がかかってしまうデメリットが存在します。

そのため商用のブランディングには数ヵ月ほどの時間がかかることもあり、即座にユーザーに認識してもらうのが難しいのが実態です。

ところがサジェスト対策はキーワードを入力したら、その関連キーワードを複数提案する形で行われますが対策を行うと早ければ1週間以内で表示されます。

しかも検索エンジンのペナルティにかかる心配もないため、それを駆使することでブランディングにも活用しやすいのが魅力的です。

近年の流行は一瞬のうちに発生する流れが多いので、数ヵ月も待っていれば下火になってしまいます。

サジェスト対策を行うことで、こうした瞬間的な流行を活用したブランディングを行うことができるようになる点でも、メリットとしても大きいです。

-other

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サジェスト削除は申請しないと出来ない?何処に申請を出せばいいの?

検索エンジンやネットモールの検索欄に、検索キーワードを入力したときにサジェストとして表示される関連キーワードがネガティブな言葉であったとき、検索エンジンやネットモールの運営会社に申請をすることで削除してもらうことができます。自分でも申請はできますが、サジェスト削除をするにあたって、正当な理由でなければ対応してもらえない可能性があります。法的な根拠も交えて申請手続きするときには、弁護士に依頼して代わりに手続きをしてもらう方法もあります。専門の業者に任せるという方法もありますが、どれだけの効果があるかははっきりしません。なかには料金だけ取って逃げてしまう業者もいるので気をつけましょう。

Googleのサジェストは地域と言語で表示内容が異なる仕組み?

Googleのサジェストは、ユーザーが利用している端末の場所や設定されている言語ロケールにより地域と言語が設定され表示が異なる仕組みです。例えばアメリカに居る時に「カフェ」で検索しようとすると、サジェストに「カフェカイラ」や「カフェモーリーズ」などアメリカで人気のお店が表示され、日本で同じく検索すれば「カフェホワイト」や「カフェブルー」などよく使われているお店の名称が表示されます。スマートフォンやタブレットなどGPSを内蔵している場合は位置情報が取得され、光ファイバーなどの固定回線を利用している場合はIPアドレスから地域を取得するほか、言語は利用しているOSの言語ロケールが自動検出されます。

サジェスト対策で誹謗中傷は防げる?依頼するなら業者?弁護士?

大手検索サイトのサジェストに、自社に関するデマや事実無根の誹謗中傷が掲載されていたら一大事です。ネガティブな情報が表示されたら、サジェスト対策を検討しましょう。メディアエクシードは費用が安いサジェスト対策サービスです。業者に頼む方が費用的に良いですし、確実にネガティブな情報を一般消費者の目から消せるので効果的です。最近の一般消費者はネット検索で商品やサービスの情報を検索します。そこに変な情報やデマが掲載されていたら、大きな風評被害となります。

サジェストで自分の名前があった場合の対策法は?簡単に削除できる?

サジェストに自分の名前があった場合は、個人で削除するのは困難な場合もあります。サジェスト削除申請から申請し明らかにポリシーに違反している場合は対応してもらうことも可能ですが、ポリシーに抵触していなかった場合には申請理由について詳しく説明できなければ大半のケースで却下されるだけではなく、1度却下されると再申請しても既に回答している旨の返答しかされなくなってしまいます。そんな中で最も簡単で確実な対策法は、専門知識を持った弁護士に相談することです。法的根拠に基づいて削除申請を行ったり代行をしてもらうことも可能で、弁護士が介在することで真摯な対応をしてもらえるのも大きなメリットです。

サジェストを消す方法は高度な対策が必要?資格が無くても出来る?

サジェストを消す方法として、資格は必要ありませんが高度な対策をしなければなりません。拒否されたときに再申請に応じる可能性は低いので、1回目で成功させるのが重要です。まず、事実に反している内容で名誉棄損などになる場合、法的な根拠を明確にして申請すれば削除されることがあります。これは法律の知識があった方が良いので、弁護士などに相談しましょう。サジェストの仕組みを理解して、他のワードの検索結果が上位になるように対策して非表示にすることも可能です。また、検索結果が表示されても問題のない記事が表示されるようにする対策もあります。